CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« キャリアアップ研修会2年目:お知らせ(11年4月-12年6月) | Main | キャリアアップ研修会2年目:研修報告のグループワーク編(11年4月-12年6月) presents 日本財団»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
2年間のキャリアアップ研修を振り返って・・・ [2012年09月10日(Mon)]

 平成22年6月から平成24年6月までの2年間にわたる
「福祉キャリアアップ研修会」(全22回)について、
参加された方々のアンケートコメントをもとに振り返ってみます!

○今日2年間の内容を振り返ると、どれだけ細かく丁寧に指導を受けたかがわかりました。
 振り返り、自分たちのものにしたいと思います。
 心から感謝致します。ありがとうございました。

○このキャリアアップ研修は僕にとって、
 とても重要なウェイトを占めていたので終わってしまったことはとても残念ですが、
 この2年間を活かして、今後地域福祉に取り組んでいきたいと思います。

○まさに、自分自身の人生を変える研修会であった。
 学んだことを、障害のある人たちの人生を良い方向に変えられるように努めていきたい。

○(研修会が)参考になりました。
 また、皆さんとのつながりができたことで、相談しあえる関係ややっていく力になりそうです。

○1つ1つの研修が今の自分を考えさせてくれて、どこに自分がいるのか、痛感させられました。
 今後もこの研修会を大切にし、自分のミッションを果たしたいと思います。

○2年間で地域を作るところまで来ました。
 くやしいけど、学んだ2年の間に事業所としてのへんかはあまりないかも。
 でも、すすんでいる。という確認もできた。

○約2年間勉強して、全然活かしきれていないなあと思った。
 もう一度振り返り、基礎作りからしていきたいなと思う。

○2年間お疲れ様でした。
 毎回新しい気づきがある研修会でした。ありがとうございました。

○もう2年間、同じ研修を受けたい気分です。

○「合意形成」のコマがとても難しかった。
 3年前に購入した緑ブックをコツコツ活用した結果、また2年間を通じて他の事業所の人たちと勉強できたことが、とても大きな力になりました。
 緑ブックの厚みがこれまでの積み上げだと思いつつ、これからも活用していきたいです! 


 2年間・全22回で延311人もの方々が参加していいだだきました。

 さらに、当団体に助成いただきました、日本財団さま、富山県民ボランティア総合支援センターさま、両団体のご支援があってこそ、2年間研修を続けることができました。
 本当にありがとうございました。


さて、
 2年間で学んだことを活かせるように、これらからも富山の地域福祉づくりに取り組んでいきたいと思います!
H24年度6月キャリアアップ研修の報告。 [2012年08月29日(Wed)]

 キャリアアップ研修会の報告がとても遅くなってしまいましてすみません。m(__)m
  
 平成22年6月から、毎月1回ペースで開催してきました
「福祉キャリアアップ研修会」が第22回目を迎え、最終回となりました。
福ビジ24:12.6月写真データ(5)120624.JPG

 6月最終回のテーマは「ケアホームをつくる」

 富山県内では、障がい福祉のケアホームが大変少ない現状・・・。
 将来、ケアホームが増えていくために、どのような準備をすればよいのか勉強しました。

 まず、アイスブレイクにて、利用者が活用している社会資源を洗い出し。
福ビジ24:12.6月写真データ(1)120624.JPG

 次に、模造紙に利用者が活用する社会資源地図を書き出し。

福ビジ24:12.6月写真データ(4)120624.JPG
富山市内編

福ビジ24:12.6月写真データ(3)120624.JPG
氷見市内編

  → ただ単に地図を書くだけでなく、
    利用する「当事者の思い・動き」を考えることがポイント!
 さらに、同居する人たちのタイムスケジュール表を作成し。
 さいごに、支援者・場所・申請などをいつ・誰が・どのようにするか?について行動計画表を作成しました。

 半日間の研修時間でしたが、ケアホームを作るのに3〜5年も準備が必要だと実感しました。
 
 また、参加者の感想でも、
 ・地図を作成することで見えないことが改めてわかってきた。
 ・訪問系のサービスを組み合わせないと、ケアホームだけでは難しい。
 ・1人1人の利用者の生活リズムを整えるために、ケアホームのサービスを維持していくには、
 1人1人を尊重しなければならない。
 などなど、いろいろな感想がありました。
 
○さいごに
 2年間、毎月富山と高岡にお越しいただいた鈴木さん。
 ご多忙のところ、何度もお越しいただいた戸枝さん。
 本当にありがとうございました。
 
 2年間で学んだことを地域で生かせるよう頑張っていきます!
H24年度5月キャリアアップ研修の報告 [2012年06月23日(Sat)]

通算23回目の 5月キャリアアップ研修会 は、
平成24年5月27日(日)13:00〜18:00まで、高岡市ふれあい福祉センターでありました。

今回のテーマは、「訪問系をはじめる」でした。

          福ビジ研23:12.5月写真@120527.JPG

その前に…恒例のアイスブレイクは、エゴグラム自己診断を行いました。
50項目をチェックして、合計点数を計算して、CP・NP・A・FC・ACの表にグラフ化するもの。
参加者それぞれの特徴がでていました。

さて、本題の「訪問系をはじめる」のワークに。

1、訪問系のサービス選択
 チェックシートに現状の条件(スタッフや設備要件)をチェックして、選択できるかどうか調べる。
2、サービス利用者と人員配置
 シフト表のイメージで、利用見込みの対象者と時間ごとのサービス内容等を記入。
 スタッフの支援時間も記入。
3、立ち上げの行動計画表
 場所・人材などの項目ごとに具体的な行動+担当+時期を記入。

 今回の研修会を終えて。
 アイスブレイクでは自己分析をして、個人ワークでは利用者さんをイメージした訪問系のサービスを考えて。
 自己分析と他者分析がしっかりできて訪問系のサービスが展開できるのだと感じました。

 明日はいよいよ2年間の最終回。
 気合を入れぬば〜!
H24年度4月キャリアアップ研修会の報告(その2) [2012年04月23日(Mon)]

研修報告の続き。

前回、2月研修会では「事業の絞り込み」のために、
@利用者の特性、A地域の特性を基に仮説を立てて、職員の役割について考えました。

今回は、「日中活動の事業概要」、「日中活動の資金計画」、「日中活動立ち上げのための行動計画」について学びました。

まずは、グループに分かれて。
福ビジ22:12.4月:グループ分け(120422).JPG

グループごとに仮想の日中活動事業所についての「事業概要」、「資金調計画」などまとめました。
福ビジ22:12.4月グルワA(120422).JPG

福ビジ22:12.4月グルワ@(120422).JPG

 実際に取り組んでみて、大まかな事業概要はイメージできましたが、
資金計画になると備品にいくらかるのか?水道光熱費は?
など、ざくっとでもふくろ数字が浮かばなかったですあせあせ(飛び散る汗)

自分の所属先の収支決算を見てみなければ・・・と思った研修会でした。
H24年度4月キャリアアップ研修会の報告(その1) [2012年04月22日(Sun)]

やわやわ桜の季節も見納めの今日この頃・・・

本日、平成24年4月22日(日)13:00〜18:00まで
ビル 高岡市ふれあい福祉センターにて
ペン 新年度1回目(通算22回目)の「キャリアアップ研修会」がありました。

今回のテーマは「日中活動の立ち上げ」について。

ワークに取り組む前に・・・
恒例のアイスブレイクで「流行っているお店、流行ってないお店の理由」について情報交換しました。

ちなみに、参加者からはこんな意見が出ました。
ひらめき 目玉商品がある。価格が手ごろ。清潔感がある。

ひらめき 立地条件がよい。駐車スペースが広い。コンセプトがある。

ひらめき 安心感がある。スタッフの気配りが良い。コンセプトがある。


アイスブレイクを通じて、
お客さま目線ではいろいろなことが見えてくるのに、サービス提供側になるとなかなか見えなくなることを実感しました。

また、事業概要を考える時にも「お客様目線」を忘れずにしなければならなと感じました。
2012.2月キャリアアップ研修会 [2012年04月18日(Wed)]

昨年度の報告です。

 平成24年2月19日(日)9:20〜13:00まで
 高岡市ふれあい福祉センターにてありました。

 テーマは、「日中活動を始める」、「利用者の適性・仕事のマッチング」、「事業分野の絞り込み」について。

 日中活動を始めるにあたり、利用者さんの適性とできそうな仕事と地域特性の3つをシートに書き出しました。
 つぎに、そのために必要な職員配置をまとめました。
 それぞれの記入したものは参加者と意見交換して学び合いました。
福ビジ21:12.2月写真データA(120218).JPG
2012.1月研修会の報告(その3) [2012年02月17日(Fri)]

1月研修報告その3です。

今月のテーマは、合意形成に関する
 「関係者の関心分析」
 「関係者と参加方法(多人数で合意形成する場合)」
 「プロセスマップ(多人数で合意形成する場合)」

について。

 アイスブレイクで出し合った、困難なケースにならぬよう
利用者さん本人中心にサービス内容を変える時にどのような組織作りが必要か?
 つまり、「事業所が全員合意するためのプロセスを学ぶこと」がねらいでした。

 個人シートに書き込んで。

 みんなでまとめて。



 発表し合いました。


 今回の研修に参加した方々の感想を。

熱帯魚 「プロセスマップに書き込み、計画を立ててみると、どこがもれているかわかってきた。」

ヒヨコ 「前にあるプロセスが大切だと実感した。」

ウサギ 「仕事は段取り9分という理由がわかった。」
などなど。

 2か月かけて「合意形成」について学びましたが、ワークを通じて、
プロセスに対する合意の大切さを実感した研修会でした。
 
2012.1月研修会の報告(その1) [2012年01月22日(Sun)]

 太陽 1月なのに爽やかな1日。
 去年の大雪を思うと、ちょっぴり幸せな気分になるはずが・・・。

 昨日の「わつなぎ会」の二日酔いが醒めぬまま・・・

 今年始めてのキャリアアップ研修会がありました。


 本日のテーマは、先月に続いて「合意形成」
 
 今日はこんなこと勉強しました。

1、アイスブレイク「年越しした困難ケースの紹介」
2、関係者と参加方法
3、プロセスマップ
4、みんなで「元気だそうぜ!」の事業計画づくりのプロセスマップづくり


 今週からコツコツとアップしていきます!

 
11.12月研修報告(その2)〜合意形成編〜 [2012年01月19日(Thu)]

 12月研修報告の続き。
 「合意形成」について。
 
 まず、講義から。合意形成とは?から。
 

 ちなみに・・・
 合意形成とは、「すべての関係者が、満足、少なくとも納得できる結果を得ることを目指して行われる前向きな話し合いのプロセスを意味している。」(『創発事業所ワークブック』 NPO法人ふわりより)

 緑ブック 7−1 「合意形成の準備」シートの書き込みを。
 シートに、タイトル、目的、関係者、プロセスなど書き込みました。
 シートを書き終えるまで時間がかかったのですが、タイトル=合意形成したい事柄についてまとめることができました。

 その後、参加者同士小グループに分かれての発表し合いっこに。

 自分のまとめたことを他の人に伝えたことで、抜けていたことが見えましたし。
 他の人の発表を聞くことで、新たな発見が出てきました!

 合意形成ってとても難しい作業ですけれども、準備をしっかりとしなければならないと感じたワークでした。
 
 
11.11月研修報告(その3)〜事務員・介護職員・新規利用者獲得編〜 [2011年12月13日(Tue)]

11月研修報告のつづき。

1、「事務員の獲得」
2、「介護(支援)職員の獲得戦略策定」
3、「新規利用者獲得のための戦略策定」


の3つについて、それぞれの事業所に分かれて、シートに書き込みしました。

1の事務員は、
@職員の事務に関わる内容や時間数の洗い出し
A新たに生まれる時間の使い方
B事務員を雇う・雇わないコスト比較
について整理してみました。

2と3の介護職員・新規利用者は、
@ターゲット
A行動計画
を考えました。

ワークを終え、参加者のアンケートには、

猫 「人材獲得には、計画と戦略が必要だと思いました。」

鳥 「人材獲得について、戦略的に運んでいくことの重要さを理解できた。大事・大事だとはわかっていたのだが、その辺がどうしたらよいか漠然としていたので(ワークを行って)参考になった。」


など。今回のアンケートでは、人材確保の計画と戦略の重要さの記載が多かったです。
| 次へ