CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 権利擁護講演会(12年7月) presents 共同募金助成事業 | Main | 自閉症・発達障害者のアセスメント講座(12年10月-13年1月)»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座A」その4 [2012年11月20日(Tue)]

 「障がい福祉事業所の組織運営講座A」の研修報告4回目は、グループワークの様子を報告。

 12研修:組織マネ研A:グルワ121110.JPG

 5人1グループに分かれて、研修会最初の「今日の研修会に期待すること」について、各グループで1つに絞り、深めてみました。
 あるグループでは、「職員のモチベーションをどのように引き出し、どのように育てるか?」について。
 
○部下の思っていることを引き出すのは難しい・・・。
○これまでの研修会で学んだことを活用して、職員が職場で、地域で何をしなければならないのか提示している。トップとして、期待することを提示しているので、モチベーションアップにつながっているかも。
○昔、上司に「育てられた経験のない人が、部下を育てることは難しい」と聞いたことが印象的だった。

 などなど・・・。

 約50分間でしたが、どのグループももっと時間が欲しい雰囲気でした。
 参加者に組織のトップや管理職等が多かった今回の研修会では、それぞれ抱えている課題を共有し、情報交換できたことで、参加者一人一人のモチベーションが上がったのではないか?と感じました。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 23:11 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座A」その3 [2012年11月17日(Sat)]

 「障がい福祉事業所の組織運営講座A」の研修報告3回目は、「ガバナンス」について。

 今回、講師の鈴木さんから「ガバナンス」について約2時間の講義を聴きました。
 12研修:組織マネ研A:写真:講義(1)121110.JPG
 ちなみに、「ガバナンス」とは、「組織や社会に関与するメンバーが主体的に関与を行なう、意思決定、合意形成のシステム」のこと。(kotobank.jpより引用

 ペン 講義を受けた感想ですが。

○ガバナンスが福祉事業所にマッチするのか?疑問でしたが。
 講義を聴いて、ガバナンスのステップをきちんとすれば、マッチすることが可能だとわかった。
○適正業務を分析し、選択することが必要。
 → 人に仕事を引き渡すことができる。
○ポイントは、役割分担と情報共有。

⇒ アイスブレイクで学んだ、仕事を見える化し、相手の状態を把握することで、
 きちんと人に引き継げることが理解できました。

 地域で持続的に事業を展開するためには、ガバナンスをきちんと勉強せねばならないと感じた今日この頃です。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座A」その2 [2012年11月14日(Wed)]

 「障がい福祉事業所の組織運営講座A」の研修報告2回目は、
「アイスブレイクについて報告します。

 手順は、
 1)A4用紙1枚に「今日の研修に期待すること」を書く。
 12研修:組織マネ研A:写真:アイスブレイク121110 (1).JPG 12研修:組織マネ研A:写真:アイスブレイク121110 (2).JPG
 2)参加者全員で輪になる。
 3)参加者全員で、
  ・黒板消しを声かけせずに他参加者に投げる。
  ・ノートパソコンを反時計回りで、隣の人に渡す。
   しばらくして、
  ・赤ちゃん(がいると仮定して)を時計回りで、隣の人に大事に渡す。 
 
  3分間ほどすると、参加者から自然とわーい(嬉しい顔)笑顔と笑い声が・・・。

  感想では、
  ○アイコンタクトに気をつけた。
   相手が「受け取っても良い」と感じてから黒板消しを投げた。
  ○黒板消しを投げる時は、ノートパソコンとエア赤ちゃんがいないところに投げるようにした。
  ○パソコンとエア赤ちゃんが重なった時は、隣の隣の人に渡した。
  ○全体の動きに気をつけた。

  などなど、感想がありました。

 講師の鈴木さんからの振り返りを聞いて、今回のアイスブレイクを自分なりにまとめました。

 黒板消しやノートパソコン、エア赤ちゃんを「仕事」に置き換えると、
 ・黒板消し・・・放り投げても大丈夫なもの
         =相手に簡単にお願いできる仕事。
 ・ノートパソコン・・・両手で慎重に相手に渡さなければならないもの
           =形に見え、相手に丁寧にお願いする仕事。
 ・エア赤ちゃん・・・細心の注意を払いながら、お隣に渡さなければならないもの
          =目では見えず、細心の注意を払いながらお願いしなければならない仕事。

 
 仕事内容によっては、形が見えないものがあるため、
相手に仕事をお願いするときは仕事の内容と相手のことを考えてお願いしなければならないと。
 仕事には気遣いが大切だと。
 また、全体が見えると、他者に対して自然に配慮できるようになると。
 つまり、どのように配慮していくかがマネジメントで必要なこと、だそうです。
 ワークを通じて、身にしみました。
 

 4)他己紹介
  先ほど書いた「今日の研修会に期待すること」を読み上げる。
  紙に書いた人が補足説明しました。

 次回の研修報告Bは、11月17日(土)アップ予定です。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座A」その1 [2012年11月11日(Sun)]

12研修:組織マネ研A:写真:講義(3)121110.jpg
 曇り 曇り空の11月10日(土)13:00‐18:00 @富山福祉短期大学
『障がい福祉事業所の組織運営講座U』を開催しました。

 前回の第1回目(9月22日土曜日)からの続きになります。

 前回のブログでも説明しましたが。
 この研修会は富山県厚生部より『富山県福祉・介護人材緊急確保特別対策事業費補助金』を頂き、「組織づくり・人材育成・地域づくりのノウハウを学ぶキャリアアップ研修会」を実施することになりました。
 この事業の目的は、「地域の障がい福祉の底上げを目指すため、障がい福祉サービスを提供する事業従事者の人材育成に取り組む」ことです。


 今回の参加者は15名で、理事長や施設長、課長、サービス管理責任者など事業のトップや管理職だけでなく、現場の従事者、新規に起業予定者もご参加頂きました。

 2回目の研修スケジュールは以下のとおりです。
1、前回の研修の振り返り(前回の研修報告参照)
2、アイスブレイク(11月14日水曜日アップ予定)
3、講義「ガバナンス」について(11月17日土曜日アップ予定)
4、グループワーク(11月20日火曜日アップ予定)
5、まとめ(11月22日木曜日アップ予定)


 な、なんと、終了30分前に停電があったハプニングもありました!
 黄昏時から宵のうちだったため、参加者全員で携帯電話携帯電話でひらめき光を灯しながら、
聴講しました!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 20:37 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
障がい福祉事業所の組織運営講座2回目 受付開始! [2012年10月21日(Sun)]

組織マネジメントA研修チラシ121110.gif

 昨今の社会・経済状況を背景に、社会福祉事業も健全な経営が求められています。障がい福祉分野も例外ではありません。本年6月に成立した障害者総合支援法の基本理念である「共生社会の実現」には、各施設・事業所でも、事業安定化のために組織力・経営力を高めていかなければなりません。組織内でのガバナンスの確立・人材の育成についてなど基本的なことを学び、普段感じている悩みを解決しませんか。「経営者」「管理者」「現場のリーダー」の方の参加をお待ちしています。

○申し込みフォーム → こちらから
○チラシ・・・組織マネジメントA研修チラシ121110.pdf


 日時 : 平成24年11月10日(土)
      13:00〜18:00
 場所 : 富山福祉短期大学1号館3階301教室(富山県射水市三ケ 579)
 参加費 : 1,500円
 講師 : 鈴木 直也氏(NPO 法人起業支援ネット副代表理事)

  大学を卒業後、経営コンサルタント会社にて、社員教育企画、人事コンサルタント業務に従事。その後、特定非営利活動法人起業支援ネットの常務理事を務めNPO活動に携わる。福祉事業の知識は深く、新規事業の立上げや人事制度構築等のコンサルタントも行う。専門分野はワークショップを活用したコミュニティビジネスの育成支援。

○申し込みフォーム → こちらから
○チラシ・・・組織マネジメントA研修チラシ121110.pdf
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 23:20 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座」その4 [2012年10月03日(Wed)]

 障がい福祉事業所の組織運営講座の研修報告その4です。

 前回の報告で、
 参加者が「2回の研修で期待すること」を一人一人発表し合いましたが・・・
 その続きです。

 個人の研修目標をペアになって、話し合いました。
  12研修:組織マネ研@:ペアワーク(縮小)120915.JPG

 そのあと、3グループに分かれて、グループワークを。
 グループワークでは、PCA(パーソンセンタードアプローチ:Person-Centered Approach)の手法で行いました。
 その人を中心に考えることですね。

 グループワークの流れは、
 ・参加者の「研修で期待すること(課題)」を1つ決める。
 ・課題について、一人ずつ質問をしていく。

 ルールは、批判しないこと。

 実際に、グループワークしてみると、質問だけですが、あっという間に時間がたってしまいました。
 質問をし続けることで、課題を提示した人が質問を考えることになり、
自発的に問題解決の糸口を見つけた様子でした。
 
 どうしても、他社にはアドバイスと称して、「あ〜しろ」、「こ〜すれば」と言ってしまいがちなので、他者とのラポールを形成するためにも、現場で活用していきたいです。

 次回、第2回目の「障がい福祉事業所の組織運営講座」は、11月10日(土)です。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座」その3 [2012年09月30日(Sun)]

研修報告その3

今回の研修について、
参加者が「2回の研修で期待すること」をA4用紙1枚にまとめて、自己紹介も兼ねて発表しあいました。

12研修:組織マネ研@:ペアワーク発表120915.JPG


12研修:組織マネ研@:研修目的(2)120915.jpg


12研修:組織マネ研@:研修目的(1)120915.jpg


・組織づくり 9
・事業展開の仕方と人材育成  3
・人材採用時のポイント 1
・スタッフ間の意思確認の方法 4
・リーダーはどうあるべきか? 1
・職員のモチベーション 5
・職員の出産などの労働環境づくり 1
・事業所を超えた圏域内での連携 1

 など。

 参加者は、組織のトップもいらっしゃれば、現場でバリバリ活躍されていらっしゃる方など。
 同じ「人材育成」といっても、意味合いがそれぞれのお立場や個人の気持ちなど違うので、
同類のものでまとめきれないのですが・・・。
 今回の研修会の傾向がつかめれば、と思い分類してみました。

 次回は、個人の研修目標をペアで話し合い、グループで話し合うワークに取り組んだ報告をします。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 14:59 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座」その2 [2012年09月28日(Fri)]

研修報告の続きです。

最初に、「組織運営」の概論から。
12研修:組織マネ研@:講義(1)120915.JPG
講義を聞いてみて、ポイントをまとめると・・・
・持続可能な組織運営を目指すこと。
・社会福祉の公的予算が縮小する中、税金に頼らない「新しい共助の仕組み」を。
・目標は三方よしを目指す。
 @顧客・利用者満足。
 A従業員満足。
 B地域社会満足。


「運営」や「経営」と聞くと、つい「競争原理」と思ってしまうのですが、
ポイントは「資源の活用と分配」で、
福祉事業所の経営では、「理念を損なわないこと」+「持続可能なこと」が必要条件だとわかりました。

 さらに、人材育成について。
 福祉事業所はケア(支援)が重要なため、きちんとケアできる人材をきちんと育てることができるかがポイントだそうです。
 つまり、「人材」を「人財」にするために、スタート時点で採用試験と新人研修をきちんとすることが必要だと。
 
 個人的に、福祉事業所の人材育成では、ケアの「テクニカルスキル」がアップすればいいのではと思っていましたが・・・
「モチベーション」+「マネジメントスキル」(モノの管理→人の管理→お金の管理)の2つも必要なことがわかりました。

 当然ながら・・・事業規模によっても人材成長のポイントが違うので、
事業の成長に合わせた人材育成を計画的にすることが必要なんだとわかりました。

 次回の報告では、個別ワークとグループワークについて報告します!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 06:01 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:「障がい福祉事業所の組織運営講座が始まりました!」その1 [2012年09月25日(Tue)]

 116年ぶりに秋分の日が9月22日だった先日・・・。
 朝晩がちょっぴりひんやりして、過ごしやすい季節になりましたね。

 さて、さて・・・
 9月より、とやま地域福祉ネットワークの新たな研修事業がスタートしました。

 今回は、富山県厚生部より『富山県福祉・介護人材緊急確保特別対策事業費補助金』を頂き、「組織づくり・人材育成・地域づくりのノウハウを学ぶキャリアアップ研修会」を実施することになりました。
 この事業の目的は、「地域の障がい福祉の底上げを目指すため、障がい福祉サービスを提供する事業従事者の人材育成に取り組む」こと。
 対象は、障がい福祉従事者、障がい福祉事業所の新規開設の予定者等。

 と、いうわけで、
 9月15日(土)13:00〜18:00、@富山福祉短期大学
講師にNPO法人起業支援ネット 副代表理事 鈴木直也氏をお招きして、
「障がい者福祉事業所の組織運営講座1」を開催
しました。

12研修:組織マネ研@:講義(2)120915.JPG

 
 研修会では、福祉事業所の施設長から現場職員などなど、
25名のご参加を頂き、組織づくり・人材育成の関心の高さを改めて感じました!
 このことは、障がい福祉=ケア はもちろんですが、
これからは、障がい福祉=ケア+人材育成+組織作り+地域づくり・・・など
幅広い技術が現場職員にも必要だ
と、研修会を受けて思いました。

 研修内容は、これからコツコツと報告していきます!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 06:13 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)
『障がい福祉事業所の組織運営講座』受付開始! [2012年08月21日(Tue)]

『障がい福祉事業所の組織運営講座』受付スタート!
組織マネジメント研修チラシ120821.gif

 昨今の社会・経済状況を背景に、社会福祉事業も健全な経営が求められています。
 本年6月に成立した障害者総合支援法の基本理念である「共生社会の実現」には、各施設・事業所でも、事業安定化のために組織力・経営力を高めていかなければなりません。
 組織内でのガバナンスの確立・人材の育成についてなど基本的なことを学び、普段感じている悩みを解決しませんか。「経営者」「管理者」「現場のリーダー」の方の参加をお待ちしています。

○日 時:平成24年9月15日(土)
      13:00〜18:00 
○場 所:富山福祉短期大学1号館3階301教室
      (富山県射水市三ケ579)
○参加費:1,500円
○講 師:鈴木 直也氏(NPO法人起業支援ネット副代表理事)

○チラシPDF → 組織マネジメント研修チラシ120821.pdf

○申込メールフォーム ⇒ ここをクリック!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 16:07 | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月) | この記事のURL | コメント(0)