CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« お知らせ @NPO法人とやま地域福祉ネットワーク事務局(12年6月‐) | Main | 障がい福祉事業所の組織運営講座(12年9月-11月)»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
権利擁護研修会を開催しました! [2012年09月11日(Tue)]

三日月 9月になり、朝晩が過ごしやすい季節になってきました。

虐待防止講演会(1)120721.JPG


 さて、とやま地域福祉ネットワーク(特定非営利活動法人認証申請中)として、
記念すべき第1回目の公演会
『障がいのある人の権利を守るには‐権利擁護・虐待防止講演会‐』
去る7月21日(土)10:00〜@高岡ふれあい福祉センターでありました。
 講師には、野沢和弘氏(毎日新聞社論説委員・全日本手をつなぐ育成会 理事・権利擁護委員会 委員)をお招きしました。

 当日は、福祉事業所関係者・学生・その他など、76名のご参加を頂きました。

野沢さんの講演メモを。

・2030年に団塊の世代が75歳になり、人口と社会の仕組みが釣り合わない将来…。
・憲法25条 生存権(すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。)から憲法13条 幸福追求権へシフトし。
・課題は、選べない人はどうなるのか?
・障がい者虐待防止法(正式名称「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」)が、2011年6月成立、12年10月施行。通報が義務づけられた。
・とはいうものの、小さな芽を気づく感性と謙虚さが必要。
 プロとしての仕事は何なのかを把握しないといけない。自分の仕事を大切にしたいくことも。
・意思決定支援において、本人の気持ちがわからなくても共感する大切さが必要!
・いろいろな人がいて、希少な、マイノリティな人たちと混ざり合うことでイノベーションが起こりうる。


 社会の仕組みから虐待防止法、さらにはご自身の体験も含め、一つ一つの言葉に温かみがあり、重かったです。

 福祉事業所で働く一人として、自分の仕事に誇りを持っていきたいと感じた講演会でした。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 21:46 | 権利擁護講演会(12年7月) presents 共同募金助成事業 | この記事のURL | コメント(0)
権利擁護講演会のお知らせ! & 申し込み! [2012年06月24日(Sun)]

『障がいのある人の権利を守るには
‐ 権利擁護・虐待防止講演会 - 』開催!

野沢氏講演会7月21日(120602).png

講師 : 野沢 和弘氏
(毎日新聞社論説委員・全日本手をつなぐ育成会 理事・権利擁護委員会 委員)


日時 : 平成24年7月21日(土) 10:00〜12:00(開場9:45)

場所 : 高岡市ふれあい福祉センター 2階研修室
(高岡市博労本町4番1号)

参加費 : 500円(学生の方は無料です)

パンフレット → パンフ:虐待防止講演会(PDF)120721(120606更新).pdf

申し込みフォームはコチラをクリックしてください!
 → 
http://form1.fc2.com/form/?id=663067

 野沢氏は、新聞記者として、多くの社会問題、なかでも障がいのある人への虐待問題を長年取材し報道し続けてこられました。
 また、全日本手をつなぐ育成会の権利擁護委員長として、権利を守る取り組みを積極的に行っておられます。ご自身の活動や経験をとおしてのお話をしていただくなかで、障がいのある人に関わる私たちが、忘れてはならない視点に気づかされるはずです。
 関心のある方は、ぜひご参加ください。

申し込みフォームはコチラをクリックしてください!
 → 
http://form1.fc2.com/form/?id=663067
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 23:11 | 権利擁護講演会(12年7月) presents 共同募金助成事業 | この記事のURL | コメント(0)