CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
福祉フォーラム 開催のお知らせ!

第9回 地域福祉フォーラムinTOYAMA
 〜一人ひとりの生活を支える多様な取り組みと役割〜
・日時:平成31年3月2日(土)9:30〜16:50
・場所:高岡文化ホール 多目的小ホール
◎パンフレット
パンフ表:第9回 地域福祉フォーラム190302.pdf
・パンフ裏:第9回 地域福祉フォーラムinTOYAMA プログラム190302.pdf


お申し込みはコチラをクリックしてください。
実践講座も開催しました!「H30年度 発達障害児者支援者養成研修 実践講座 編」 [2019年01月28日(Mon)]

寒い寒い1月になってきました。
先週、平成31年1月26日(土)10:00〜16:00@高岡市ふれあい福祉センターにおいて、
「平成30年度 発達障害児者支援者養成研修 実践講座」を開催しました。

基礎編に続いて、講師に山口久美さん((有)SNOW DREAM)をお招きして、発達障がいの人の特性について、事例をもとに特性把握を学びました。
事例のエピソードについて、どの特性に当てはまるか?
個人ワークとグループワークで特性の理解を深めていきました。
実践編:発達障害児者支援者養成研修190126 (1).JPG
ワークのあとは、事例の当事者様に対して支援した結果を動画でみることができました。
実践編:発達障害児者支援者養成研修190126 (2).JPG
特性をきちんと把握することで、きちんと作業に取り組むことができる。
しっかりと、特性把握をしなければと改めて感じました。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 18:29 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
第9回 地域福祉フォーラム in TOYAMAをH31年3月2日(土)開催します! [2019年01月20日(Sun)]

第9回 地域福祉フォーラムin TOYAMA
〜一人ひとりの生活を支える多様な取り組みと役割〜を開催します。

パンフ表:第9回 地域福祉フォーラムinTOYAMA プログラム190302.jpg
日 時:平成31年3月2日(土) 9:00受付 9:30開演〜16:50終了
場 所:富山県高岡文化ホール小ホール(高岡市中川園町13−1)
参加費:4,000円 *学生は無料。


 今回のテーマは『一人ひとりの生活を支える多様な取り組みと役割』です。
 一人ひとりの想い・ニーズをくみ上げ、一人ひとりが安心できる暮らしへのアプローチの積み重ねが地域づくりになります。今回も各分野における先駆的な取り組みを学び、富山での地域課題解決のヒントにしたいと思います。ニーズが複雑化・多様化する中、包括的に課題に対応できる「我が事・丸ごと」の体制づくりを進めるために、皆さんのご参加を是非お待ちしています。

◎パンフレット
パンフ表:第9回 地域福祉フォーラム190302.pdf
・パンフ裏:第9回 地域福祉フォーラムinTOYAMA プログラム190302.pdf


お申し込みはコチラをクリックしてください。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 17:45 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
開催しました!「H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座 編」 [2018年11月23日(Fri)]

めっきり寒くなってきました富山県内。
今日は秋から冬のように寒い一日でした。

そんな中、富山福祉短期大学にて開催しました
「H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座 編」

今回も(有)SNOW DREAM代表の山口久美さんを講師にお招きしました。
基礎編の導入は「落語」から。
詳細は、霞ヶ関ナレッジスクエア みんなちがってすてきだね〜自閉症の理解 はじめの一歩〜をご覧ください。


基礎講座:発達障害児者支援者養成講座181123.JPG
その他にも、障害の特性を理解するために、自分の特性?を分析することや参加者で障害特性を考えるワークなど、盛りたくさんな研修会でした。
自閉症の理解と言っても、一言で尽くせないと思いますが、明日からの支援のエネルギーになりました。

ご参加頂きました方々の感想もアップします。
・「知的障がいと自閉症の違いをグラフで説明してもらい、わかりやすかったです」
・「発達障害が症候群のため、自分にも特性がありながら生活していて、特性の強さで困難さがでることがわかった」
・「脳の機能や(発達障がいのある人とそうでない人との)情報処理の違いがあることがわかった」
・「発達障がいのある人の苦手なところをリフレ−ミングし、ポジティブ変換することで、支援の手がかりがみえてきました」
・「11の特性のなかでも、強弱があり、どの部分の強みを活かしていけば良いのか?また、今後の生活上で困難になりそうな部分も考えながら支援する必要ことが大切だと感じました」
などなど・・・。

今回ご参加された方々は初めて参加された方がたくさんいらっしゃいました。また、何度か参加されている方々もいらっしゃいました。
発達障がいの難しさを感じている支援者が多いということは、発達障がいのある方がとても生きづらさを感じていると思いました。
少しでも、生きやすく、イキイキと暮らせるようになれればいいですね。

次回は、来年の平成31年1月26日(土)10:00〜15:50@高岡市ふれあい福祉センターです!

まだまだ参加申し込みOKです!

*参加申し込みは、コチラをクリックしてください。
パンフレット:H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座と実践講181122 190126.pdf
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 18:28 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座と実践講を開催します。 [2018年10月18日(Thu)]

毎年恒例「発達障害児者支援者養成研修」基礎講座&実践講を開催します。
パンフレット:H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座と実践講181122+190126.jpg
☆基礎講座☆
日 時 : 11月23日(金)10:00〜16:00
場 所 : 富山福祉短期大学 1号館401号室
参加費 : 1,500円(学生無料)

☆実践講座☆
日 時 : 1月26日(土)10:00〜15:50
場 所 : 高岡市ふれあい福祉センター2階集会室
参加費 : 3,500円(学生無料)

※実践講座については基礎講座を受講された方、又は以前に山口久美さんの研修を受講した方に限らせていただきます。詳細は事務局までお問い合わせください!

○参加申し込みは、コチラをクリックしてください。

パンフレット:H30年度 発達障害児者支援者養成研修 基礎講座と実践講181122 190126.pdf


【内容】
発達障害の特性を知ることで本人に合った適切な支援を一緒に学びませんか?
基礎講座では、霞が関ナレッジスクエアでも公開されている「山口さんの落語」で楽しくポジティブに発達障害について知り、どのような障害特性があるのかを学びます。初めて発達障害の方の支援に携わる方、もう一度基礎から学ぼうという方にもお勧めの研修です。
実践講座では、基礎講座で学んだ事を活かし、ワーク・事例を通し、具体的な支援方法について考え、話し合います。発達障害についてより詳しく知りたい方。日頃、発達障害の方と関わり、サポートしておられる方対象です。
皆さまのご参加をお待ちしています!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 23:02 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
人材育成研修会を開催しました。(報告) [2018年10月04日(Thu)]

10月になりましたね。

先月の9月23日(土)に高岡市ふれあい福祉センターにおいて、
「人材育成研修 モチベーションをアップする福祉の仕事術」のテーマで、
鈴木直也氏(特定非営利活動法人起業支援ネット 副代表理事)を講師に招いて研修会を開催しました。
18年度:パンフ:人材育成研修180923.png

18年度:人材育成研修(2)180923.JPG

今回は自分自身のモチベーションについて、概論、自分のモチベーション、グループでのディスカッションなど、いろいろと考えることができました。

写真はグループワークでの成果物です。
18年度:人材育成研修(5)180923.JPG
左側にモチベーションが下がるとき、右側にモチベーションが上がるとき
自分でどうしたらよいか、他者にどうして欲しいか
を考えてみました。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 14:20 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
平成30年度 研修案内 [2018年09月15日(Sat)]

研修のご案内です。

・平成30年9月23日(土)10:00〜17:00
「人材育成研修 モチベーションをアップする福祉の仕事術」
 @高岡市ふれあい福祉センター
 お申し込みはコチラをクリックしてください。

・平成30年11月23日(金・祝日)勤労感謝の日 10:00〜17:00
「発達障害児者支援者養成研修 @」
 @富山福祉短期大学1号館
 お申し込みはコチラをクリックしてください。

・平成31年1月19日26日(土)10:00〜17:00(*日程が26日に変更しました)
「発達障害児者支援者養成研修 A」高岡ふれあい福祉センター
 お申し込みはコチラをクリックしてください。

・平成31年3月2日(土)10:00〜17:00
「第9回地域福祉フォーラム」@富山県高岡文化ホール 小ホール
 お申し込みは、後日お知らせします。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 07:07 | 平成30年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
第8回 地域福祉フォーラム in TOYAMAを開催しました。 [2018年03月11日(Sun)]

平成30年3月3日(土)10:00〜17:00まで、
「第8回 地域福祉フォーラム in TOYAMA」を富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホールにて開催しました。

今回は「0歳から100歳までの、いきいきとした暮らしを支える「思い」と「知恵」と「腕」」をテーマにして、富山県内外の実践家・専門家をお招きしました。
H29年度17:フォーラムG:斎木課長:富山県の取り組み(1)180303.JPG

H29年度17:フォーラムG:シンポ:涌水・八木・矢嶋・戸枝180303.JPG
毎年のアンケートにも記入されますが・・・
今年も各コマ短い時間で、まだまだお話が尽きず、時間が足りませんでした。
しかしながら、たくさんの参加者の方々から、「フォーラムに参加して、明日へのエネルギーをもらった」という感想を頂きました。
本当にありがとうございました。

以下では、参加者の感想をご紹介します。
もっとたくさんご紹介したいのですが、申し訳ありません。

「「ダイバーシティ」という言葉は社会で広がりつつあるが、複雑化した事例がたくさんあり、より多くの人が密接に関わる必要性が増しているので、様々な立場の方からの話は、大変参考になりました。」

「めまぐるしく変わる制度についていくのは大変だ...何回も復習しなくては」

「医療的ケア児にも、やさしい県になってほしいなぁ(なりつつあるなぁ)と思った」

「今回で2回目の参加となります。学校現場で感じる、行き詰まり、限界を、このフォーラムでは払拭していただけます」

「視野を広げていただき、元気と勇気と安心をもらえます」

来年度も「第9回地域福祉フォーラム in TOYAMA」を開催する予定です。
今年度よりもより良いフォーラムになるよう、1年間かけてスタッフ一同で準備していきます!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 16:19 | 平成29年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
開催しました!「平成29年度 行動障がいのある方への理解と支援」実践編(レポート) [2017年12月22日(Fri)]

今年も残すところ、10日あまりとなりましたね。

平成29年12月16日(土)10:00〜16:00@高岡市ふれあい福祉センターにおいて、
(有)SNOW DREAM 取締役 山口久美さんを講師にお招きして、
「発達障害の理解と支援」講座(実践編)を開催しました。
H29年度:行動障がいのある方への理解と支援:実践編171216 (1).JPG

今回は11月の基礎編の続きでした。
自閉症スペクトラムの特性11項目の説明、発達障がいのある人の脳の情報処理の仕方など、復習した後、アセスメントに基づいた支援の方法など、丁寧に教えて頂きました。
また、実際にアセスメントを行った事例がビデオで確認できたことは、とてもわかりやすかったです。
来年もこのような研修会が開催できるようにがんばります!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 10:21 | 平成29年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
第8回 地域福祉フォーラムを開催します! [2017年12月01日(Fri)]

毎年恒例の「地域福祉フォーラム」を開催します!
今回も、赤い羽根共同募金助成を頂きまして開催します。

☆お申し込みは、コチラをクリックしてください。

・日時:平成30年3月3日(土) 10:00〜17:00(受付9:30〜)
・場所:富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホール(富山県高岡市中川園町13−1)
・参加費:4,000円(学生は無料)

H29年度:地域福祉フォーラム:パンフ(表)180303.JPG
おかげさまで、8回目の開催となります。

今回は、「0歳から100歳までの、いきいきとした暮らしを支える「思い」と「知恵」と「腕」」をテーマに富山県内の実践家だけでなく、県外の実践家・専門家をお招きします。
【内容】
10:10〜11:20
『平成30年4月報酬改定からみる国のねらい
 〜又村流、障害児者の生活に、この制度の活用しどころ〜』
 又村あおい氏(全日本手をつなぐ育成会連合会政策センター委員)
11:20〜11:50
『行政説明 富山県から』
 齊木志郎氏(富山県厚生部障害福祉課 課長)
11:50〜12:45
 昼食・休憩
 DVD上映(知多地域成年後見センターができるまで、その役割)
12:45〜13:45
『地域包括医療・地域包括ケアによる南砺市まちづくりの実践
 〜医療、福祉、行政、市民、子どもをつなぐしかけに障害児者を含めるには〜』
  南眞司 氏(南砺市民病院前院長)
13:55〜15:10
『制度のはざまに落ちた若者たちの支援を「住まい・就労・相談」の実践から考える』
 牟田光生氏(特定非営利活動法人宇奈月自立塾 理事長)
 根津敦氏(特定非営利活動法人愛和報恩会希望のとびら 相談支援専門員)
 コーディネーター:鈴木直也氏(特定非営利活動法人起業支援ネット 副代表理事)
15:20〜17:00
『医療的ケアの必要な子どもとその家族の今と未来を考える』
 矢嶋茂裕氏(矢嶋小児科小児循環器クリニック医院 岐阜県医師会常務理事)
 涌水理江氏(筑波大学大学院 人間総合科学研修科 小児看護学科 准教授)
 八木信一氏(八木小児科医院 富山市医師会理事 日本小児神経学会評議員)
 コーディネーター:戸枝陽基氏(社会福祉法人むそう 理事長)


詳細は、パンフレットをご覧下さい。
H29年度:地域福祉フォーラム:パンフ(表)180303.pdf
H29年度:地域福祉フォーラム:パンフ(裏)180303.pdf

☆お申し込みは、コチラをクリックしてください。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 平成29年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
開催しました!「平成29年度 行動障がいのある方への理解と支援」(レポート) [2017年11月27日(Mon)]

寒くなってきましたね。

先日平成29年11月19日(日)10:00〜16:00、富山福祉短期大学において、
(有)SNOW DREAM 取締役 山口久美さんを講師にお招きして、
「発達障害の理解」講座(基礎編)を開催しました。
IMG_1987.JPG
今回は基礎編ということで、自閉症スペクトラムの特性11項目の説明、発達障がいのある人の脳の情報処理の仕方など、丁寧に教えて頂きました。

参加者のアンケートには、

・個性が持っている特性やネガティブな思考・行動と思っていたことも、ポジティブな表現に置き換えることが大切だと思った。この気持ちで支援に努めたい。
・支援の方法に正解はなく、まずはやってみる。スキルを身につける。今後は利用者の身になって、生きづらさ感じて考えていきたい。ワークはとてもためになった。
・自閉症スペクトラムの特性を分析して、その人に合った支援をしていきたい。

などのご意見や感想を頂きました。
発達障がいの理解が深まりました。

次回は12月16日(土)です。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 10:17 | 平成29年度 赤い羽根共同募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ