CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
研修報告:第3回輪つなぎ対談会 in 入善 [2017年03月14日(Tue)]

3月も中旬になり、年度末の慌ただしい今日この頃・・・。

レポートが遅くなりましたが・・・
ちょうど1ヶ月前の2月14日(火)に開催しました、第3回 輪つなぎ対談会
「障がいを持つ人のノーマルな暮らしを考えてみませんか?」
〜ノーマルな暮らしは、みんなのはっぴぃにつながる!〜
を入善食堂で開催しました。
輪つなぎ会B170214.jpg
当日は平日の夜ながら多くの方々にご参加頂き本当にありがとうございました。
また、2月14日はバレンタインデーということで、入善食堂のご厚意もあり、バレンタインデーにふさわしいスイーツ&カフェでした。
輪つなぎ会B:ケーキバイキング170214.jpg

輪つなぎ会ではいろいろなお仕事、お立場の方々にご参加頂き、議論がつきませんでした。
輪つなぎ会Bの様子170214.jpg

輪つなぎ会B:ワークショップの様子170214.jpg
こんな素敵な会を企画したあっきーさんありがとうございました!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
第7回 地域福祉フォーラムを開催しました! [2017年03月05日(Sun)]

昨日、平成29年3月4日(土)に高岡文化ホールにて
第7回 地域福祉フォーラム in TOYAMA
を開催しました。

17H29:フォーラム:野沢さん講演 170304.jpg

事務局では約1年前から月2回程度の打ち合わせを行いながら、準備をさせて頂きました。
17H29:フォーラム:打ち合わせ2月の様子170304.jpg

17H29:フォーラム:パンフ170304.jpg

当日は県内外から多くの方々にご参加頂きました。
石川県はもとより、遠くは大阪、三重、愛知からもお越し頂きました!遠いところ、ようこそ富山へ。高岡へ。ありがとうございました。
17H29:フォーラム:受付&ワークショップ170304.jpg

また、当日は富山県議会議員四方 正治様、 高岡市長 高橋 正樹様、富山県厚生部 斉木課長よりご挨拶頂きました。本当にありがとうございます。

フォーラムでは全国でご活躍されていらっしゃる方々にご登壇頂き、「合理的配慮」をテーマにシンポジウムや講演などを行いました。

今回は、参加者が多い中でのワークショップなど、新たな取り組みを講師の先生方に取り組んで頂きました。
輪つなぎ会B:ワークショップの様子170214.jpg
毎年ですが、このフォーラムを通じて、富山の障がい福祉がより良いものになるきっかけになれたら・・・と思います。

ご参加頂いた方々、快くパンフレットの配布をして頂きました各種団体の皆様、他このフォーラムの準備から開催に至るまで関わって頂きました関係者の皆様など、多くの方々にご協力頂き盛大にフォーラムを開催することができました。
助成頂きました、赤い羽根共同募金様には重ねて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

明日からも頑張りましょう!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 14:54 | 平成28年度 赤い羽根共謀募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
研修会のお知らせ:教えてください!みんなに「やさしいまち」づくり!! [2017年01月19日(Thu)]

研修会のお知らせです。

教えてください!みんなに「やさしいまち」づくり!
 〜子どもも若者もお年寄りも、障がいのある人もない人も、
  女も男も安心して暮らせる地域へ〜

教えてください!みんなに「やさしいまち」づくり!!.jpg
日時:2017年1月21日(土)  13:00〜15:00
場所:高岡市ふれあい福祉センター 2階 集会室
(高岡市博労本町4−1)
参加費: 無料 (どなたでも参加できます)


講師 黒岩秩子さん
1940年名古屋生まれ。教師、保育士として勤務、参議院議員も経験。7人の子どもを
出産。現在理事長を務める社会福祉法人桐鈴会(新潟県南魚沼市)は「共に育つ会」の住民の活動から生まれた。利用者が最後まで安心して暮らせる体制を作りたいという思いで平成15年にヘルパーステーション、平成16年にはグループホームと地域交流伝承館をつくり、以降も障がい者のGH・日中活動の場「工房とんとん」を整備する等、地域に根ざした社会福祉事業を展開している。医療法人社団萌気会の理事長である黒岩卓夫さんと共に、夫妻で医療と介護を連携させた在宅療養支援診療所の運営も行っている。

お問い合わせ  NPO法人くるみ(高岡市木津991‐4) 担当 坂下
お申し込み先 (TEL)0766−54−0463
     (FAX)0766−54−0465
     (E‐mail)kurumi963_0416@yahoo.co.jp

内容:
子育て・介護・障がい者支援・男女平等・被災地支援など、様々な課題に真正面から向き合い、行動に移してきた黒岩さんに、今までどのような思いで「まちづくり」に取り組んでこられたのかをお聞きしたいと思います。
私たちの「まちづくり」。一緒に考えてみませんか。 

主催 NPO法人 くるみ
   NPO法人 Nプロジェクトひと・みち・まち
後援 NPO法人 とやま地域福祉ネットワーク
訂正のご案内です。第7回福祉フォーラムのファックス番号の訂正。 [2017年01月17日(Tue)]

フォーラムパンフ(表)H28 B.jpg

第7回地域フォーラムinTOYAMA
お申し込みのファックス番号が間違っておりました。


正しくは、

0766−54−0465

です。
大変ご迷惑をおかけしました。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 10:29 | 平成28年度 赤い羽根共謀募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
第3回 輪つなぎ対談会「障がいを持つ人のノーマルな暮らしを考えてみませんか?」 [2017年01月11日(Wed)]

今日は1月11日で、トリプル1の日ですね。

新年はじめのお知らせは、輪つなぎ対談@入善です。

第3回 輪つなぎ対談会
「障がいを持つ人のノーマルな暮らしを考えてみませんか?」
〜ノーマルな暮らしは、みんなのはっぴぃにつながる!〜 

第3回輪つなぎ対談@入善170214.jpg

日 時:平成29年2月14日(火) 19:30〜21:00
場 所:入善食堂「太陽と月のとおりみち」
    下新川郡入善町青木945−2 
参加費:1000円 (学生無料)
つなぎテーター
 岡本 久子 氏(NPO法人 くるみ)
 島田 佳尚 氏(社会福祉法人 野の草会 こもれびの里)
 柿本 尚子 氏(社会福祉法人 魚津市社会福祉協議会)
 西島 亜希 氏(NPO法人 工房あおの丘)

○パンフレット…第3回輪つなぎ対談@入善170214.pdf

○お申し込みはコチラをクリックしてください。

今回は、初の新川地区開催となりました。

まずは、福祉支援者、地域で活動されている様々な分野の皆さんとのつながりを深めるためのきっかけづくりを仕掛けてみました。
障がい者の皆さんに対する支援を提供していくうえで、大切な視点は「ノーマル」な暮らしを築くこと。そんな暮らしに必要な要素である、「住まい」「移動手段」「食事」「お金」の4つのキーワードをとりあげて、その分野のプロフェッショナルに地域での活動実践や目指すところの思いをお話していただきます。

そこからは、つなぎテーターのコーディネートにおまかせあれっ。
今回は入善食堂からスイーツ&カフェのご提供あり。
バレンタインデーに、おいしいドリンクとスイーツでほっこりつながりませんか。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 19:23 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
今年も開催します!「第7回 地域福祉フォーラムinTOYAMA」 [2016年11月21日(Mon)]

ご案内です。
フォーラムパンフ(表)H28 B.jpg
第7回地域フォーラムinTOYAMA
〜障害者差別解消法・合理的配慮!福祉の転換期に知りたいこと〜


お申し込みはコチラをクリックしてください。

○日時:平成29年3月4日(土) 
  開 場  9:00
       9:30〜17:10
  交流会 17:35〜18:50
  夜の部 19:00〜21:30

○参加費:4,000円(夜の部のみの参加は1,500円) 
 ※学生は無料です。
○交流会費:1,500円(高岡文化ホール内にて)

○内容
 平成28年4月に障害者差別解消法が施行され「合理的配慮」の言葉を耳にする機会が増えてきました。言葉だけがひとり歩きするようなことがないよう、私たちにどのようなアプローチができるのか、どのような「しくみ」が必要なのかについて様々な視点から考えたいと思います。夜の部には映画の上映も予定していますので、是非皆様の参加をお待ちしております。

○パンフレット
フォーラムパンフ(表)H28 B.pdf
フォーラムパンフ(裏)H28B´pdf.pdf

(以下、1月17日付けの追記です!)
お申し込みのファックス番号が間違っておりました。
正しくは、
0766-54-0465
です。
大変ご迷惑をおかけしました。
続きを読む・・・
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 22:04 | 平成28年度 赤い羽根共謀募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:『行動障害がある人の支援(実践編)』を開催しました。 [2016年11月20日(Sun)]

11月19日(土)に『行動障害がある人の支援(実践編)』を開催しました。予定を上回る方に参加して頂きました。
今回は午後からは個人ワーク、グループワークが中心でエピソードから11の特性を考え、こんなことに困っている、苦手なことから「○○さんはこんな人」とイメージし、更にネガポジ変換をして、氷山モデルを作るかなりハードな内容でした。
講師の山口さんの分かりやすい説明もあり、参加された方々の理解力はとても高かった印象です。最後に実際に支援した時に映像を見て、とても○○ができない、○○が苦手な人には見えない姿に参加者の方は驚きでした。
ここからがスタート!学んだことを是非、実践して共に考えていきたいですね!

講義の様子。
IMG_0682.JPG

グループワークの様子。
15078808_1161913740530036_5286655115238839580_n.jpg
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 平成28年度 赤い羽根共謀募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
研修報告!H28年度 障がい福祉事業所における人材組織育成講座 [2016年11月18日(Fri)]

人材から人財へ。

先月の平成28年10月9日(日)10:00〜@高岡市ふれあい福祉センター

現場で活かせる人材・組織運営をテーマにした
「障がい福祉事業所における人材・組織育成講座」を開催しました。
H28年度:障がい福祉事業所における人材組織育成講座 161009 - コピー.JPG

今回も福祉事業所の管理者、管理職だけでなく、現場職員の方々もご参加頂きました。
日本全体が働き手不足の中、障がい福祉分野でもどのように担い手を確保するか?
また、一緒に働く人材をどのように育成するか?
テーマの人材から人財へのヒントが鈴木さんの講座の中にたくさんありましたね。

これからも「障がい福祉をしたい」人材を人財にできるよう、それぞれの現場でがんばりましょう!
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 平成28年度 赤い羽根共謀募金助成 | この記事のURL | コメント(0)
研修報告:第2回 輪つなぎ対談会「行動障害がある人の外出に必要な配慮について考えませんか?〜失敗の数だけ楽しみは1UP強くなる!〜」 [2016年11月17日(Thu)]

晩秋の今日この頃・・・
めっきり寒くなりましたね。

さて、研修報告です。
平成28年9月30日(金)19:00〜@高岡市ふれあい福祉センター
第2回 輪つなぎ対談会「行動障害がある人の外出に必要な配慮について考えませんか?〜失敗の数だけ楽しみは1UP強くなる!〜」を開催しました。

当日は週末の金曜日ですが、行動障がいのある人について熱く情報交換ができました。
第2回対談:外出支援160930 (1).JPG
また、このような機会を設けていきたいと思います!

ご参加頂きました、皆さま。遅くまで本当にありがとうございました。
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 18:36 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
第2回 輪つなぎ対談会「行動障害がある人の外出に必要な配慮について考えませんか?〜失敗の数だけ楽しみは1UP強くなる!〜」 [2016年08月30日(Tue)]

第2回 輪つなぎ対談会
『行動障害がある人の外出に必要な配慮について考えませんか?〜失敗の数だけ楽しみは1UP強くなる!〜』を開催します。
第2回対談:外出支援160930.JPG
お申し込みはコチラをクリックしてください。
○パンフレット・・・第2回対談:外出支援160930.pdf


日 時:平成28年9月30日(金) 19:00〜20:30
場 所:高岡市ふれあい福祉センター1階介護研修室(高岡市博労本町4-1)
参加費:500円(学生無料)
講 師:坂下嘉之さん(NPO法人くるみ )
    島田佳尚さん(社福こもれびの里 )
    石川真一さん(NPO法人ロシナンテ 代表)


 行動障害があることで外出の機会を作る事が出来なかったり、いざ外出してみても上手くいかずに落ち込んで帰ってきて、もう行きたくないなって思った経験はありませんか?
 今回は行動障害がある方が地域へ外出する時に『どんな配慮が必要か』について高岡市で行動援護事業の実績を勢いよく増やしているNPO法人くるみの坂下さん、氷見市で行動援護事業を開始して2年目となる(社福)こもれびの里の島田さん、同じく氷見市で行動障害のある方の外出支援を自主事業で実施しているNPO法人ロシナンテの石川さんの実践を聞きなながら外出支援のコツを失敗談も踏まえて考えてみたいと思います。今よりも1UP目指しませんか?
Posted by NPO法人とやま地域福祉ネットワーク at 00:00 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ