CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
NHKの放送のあり方に問題はないのでしょうか[2019年02月21日(Thu)]
 朝日新聞2019年1月12日付け「「不正確」発言放送は妥当か」から、アメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を巡って安倍晋三首相が「土砂投入にあたりサンゴは移設している」と述べ、不正確な説明をしたと批判されている問題で、発言を放送したNHKの姿勢も問題視する声が出ている。安倍首相の発言があったのは6日午前放送の「日曜討論」。事前収録で、首相はNHKの解説副委員長と差し向かいで30分程質問に答えた。この際、アメリカ軍普天間飛行場の辺野古への移設計画で「沖縄県民の理解をどのようにして得ていますか」と問われると、安倍首相は「(辺野古沿岸部へ)土砂を投入していくにあたって、あそこのサンゴは移している」などと述べた。翌7日、沖縄県の玉城デニー知事は「現実はそうなっておりません」とツイッターで反論。県は移植対象のサンゴをすべて移してから着工することを政府に求めているのに対し、政府はごく1部を移植しただけで工事を進めていると反発を強める県は、不正確な発言だと主張している。地元紙の琉球新報は9日付けの社説で「事前収録インタビューであるにもかかわらず、間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流された。いったん放送されると訂正や取り消しをしても影響は残る。放送前に事実を確認し適切に対応すべきだったのではないか」などと書き、発言を放送したNHKにも批判の矛先を向けた。「番組内で聞き役を務めた解説副委員長が、即座に首相に対し『どこのサンゴをどこに移したのか』などと問いただし、首相の発言の真意をさらに掘り下げるべきだった」017.JPG

 公正公平に事実を伝えることが公共放送に求められているのではないでしょうか。たとえ政権の首相であっても、事実関係に疑念がある場合は、国民にわかりやすく真相を究明するような報道のあり方が求められるのではないでしょうか。今回の報道に関しては首相の発言と県の発表では事実関係に違いがあったようなので、事前収録された内容を放送することを考えても放送内容が吟味される必要があったのではないでしょうか。本来公正公平であるべきNHK側が政権寄りになっていると捉えられても仕方ないかもしれません。NHKは視聴料金を徴収していることを考えても、国民目線で国民のための放送をしなければならないのではないでしょうか。独立性が担保されていないとすれば大きな問題になるかもしれません。国民も関心を持って厳しい目で見なければならないのではないでしょうか。011.JPG
日本の外交は苦難が続くのでしょうか[2019年02月20日(Wed)]
 日本の外交は難しい局面になっているのでしょうか。アメリカとは順調に推移しているように見えますが、2国間で交渉することになりそうな貿易に関してどうなるのでしょうか。中国とは比較的良い関係になってきているようですが、尖閣諸島の領土問題をはじめ南シナ海の覇権争いがどうなるのでしょうか。アメリカと中国の貿易争いの影響を受け日本経済への影響も懸念されます。韓国との問題は相互理解が進まず、相当困難な状況になっているのではないでしょうか。北朝鮮とは核兵器ばかりでなく拉致家族の問題が一向に進展しません。ロシアとは北方4島の領土問題は難題です。捕鯨問題で世界中の多くの国々から信頼を失っているのも負担になりそうです。日本を取り巻く国々と懸案事項が多く大変ではないでしょうか。近隣諸国と仲良くすることが賢明なのではないでしょうか。029.JPG

 内政でも文書改ざんや組織的で意図的と思われても仕方ないような勤労統計不適切調査など信頼を失墜させるようなことが増えています。さらに2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致に絡み、汚職に関わった疑いがあるとして、フランス裁判所の捜査対象になった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の問題は対外的に信頼を失うことになるかもしれません。困難を極めつつある内政と難題だらけの外交で舵取りが大変なのではないでしょうか。安定的な外交関係を構築することを考えれば、日本とアメリカとの安保関係のように強固な関係ではなく多くの国々と平和的な関係を構築することの方が中長期的な視点ではよいのではないでしょうか。自国主義の国々が増えてくるようになれば、強い主張が横行する可能性があります。しかし、世界平和を考えればお互いに理解して協力し合う関係性を構築することが望ましいのではないでしょうか。争うよりも助け合うことが大事なのではないでしょうか。経済的に苦しんでいるならば、豊かな国が支援の手を差し伸べ、自立していくことができるようにノウハウを教えることも考えられるのではないでしょうか。日本からの協力で苦しんでいる人たちが幸せになるのなら最高なのではないでしょうか。そのような努力を積み重ねることが求められているのではないでしょうか。019.JPG
夢のある若者が村からはじまり世界を変えるのでは[2019年02月19日(Tue)]
 朝日新聞2019年1月9日付け「「消えゆくムラ」で野菜の自然栽培に挑む」田中 陽可さんから、荒れた畑を「宝の山」と言う。高齢化で「消えゆくムラ」とされる群馬県南牧村に移り、3年半。耕作放棄地4カ所を復活させ、50種以上の野菜を育てる。3つの転機があった。19歳。東京・渋谷駅から徒歩10分の実家を離れ、アメリカに留学した。国連難民高等弁務官だった緒方貞子さんに憧れた、20歳。そのアメリカで腸がねじれる病気になった。「誰にもこんな思いをさせちゃダメだ」。飢餓問題の解決を人生のテーマに据えた。24歳。南牧村が地域おこし協力隊を募っていると知る。留学中に「日本で最も高齢化が進む自治体」と聞き、覚えていた。また、渋谷の家を飛び出した。80代の師匠4人に、農薬も肥料も使わない自然栽培を学んだ。村は山と川に囲まれ、「土に力がある」。耕作放棄地を村民からタダで借り、その恩は野菜で返す。世界の9人に1人が栄養不足。その3割が集中するアフリカに先進国の食品工場が並び、先進国が輸入する。「不条理でしょう」。自然農法を世界に広めようと、周囲の村民を説得し、農業体験の外国人も40人ほど受け入れてきた。村から世界を変える。変えられる。そう信じる。「楽天家なだけかもしれないですけど」。まもなく、新たに耕作放棄地を借りる。村の特産品だったインゲン豆を育てる。002.JPG

 高齢化で「消えゆくムラ」とされる群馬県南牧村で耕作放棄地を活用して野菜を育てるきっかけが、飢餓の問題の解決だった。日本で最も高齢化が進む自治体であることがわかって、あえて挑む勇気が素晴らしいです。80台になる師匠に教わって農薬も肥料も使わない自然栽培にこだわることは大変でしょうが、農地を貸してくれている人たちのその貴重な野菜で返すという発想も感心します。自然農法を世界に広めるのは簡単ではありませんが、村から世界を変える。変えられる。そう信じることが次につながるような気がします。これからも新たな耕作放棄地を借りて挑みつけていくのでしょうが、世界から仲間が駆けつけてくるようになるのではないでしょうか。挑戦し続ける中から何かが生まれてくるような予感がします。032.JPG
海外から疑念の目が注がれる日本の刑事司法の手法が問われているのでは[2019年02月18日(Mon)]
 秋田さきがけ「社説」2019年1月9日付け「ゴーン前会長出廷」から、海外では、否認すれば拘留が長引く「人質司法」や、弁護士が不在の中での取り調べに対して批判が高まっている。日本の刑事司法手続きについて、いま1度考える時期に来ているのではないか。004.JPG

 日本の検察は自白を貴重な証拠としていますが、それでいいのでしょうか。自白を証拠とするために無実を訴え検察の取り調べに対しても異を唱えて抵抗する人を自白するまで追い込んでしまうことが多いのではないでしょうか。自白ではなくしっかりとした証拠に基づいて取り調べを行うことが求められるのではないでしょうか。取り調べの可視化は少しずつ改善されてきていますが、まだ十分だとは言えないのではないでしょうか。弁護士不在の中での取り調べに関しても世界標準から考えても問題が大きいのではないでしょうか。世界一般で認められているようなルールに則り検察制度が確立されることが望ましいのではないでしょうか。国民も関心を持って見守る必要があるでしょう。003.JPG
世界の目が注がれる沖縄県辺野古基地問題[2019年02月17日(Sun)]
 朝日新聞2019年1月8日付け「辺野古反対 メイさんも」から、イギリスのロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさんが、アメリカン軍普天間飛行場の名護市辺野古への移転工事を巡り、埋め立て用の土砂の海への投入を止める署名活動に参加するように、ツイッターやインスタグラムなどでファンに呼びかけた。メイさんは「緊急!!!緊急!!!この嘆願書に署名して、アメリカ軍基地の拡張により脅かされている美しいサンゴの海と、かけがいのない生態系を守ろう」とツイッターに投稿。アメリカホワイトハウスへの嘆願書を紹介し、7日が締め切りの移設工事を止めるよう求める嘆願書に署名するように協力を求めた。ハワイ在住の作曲家が先月8日に提案した嘆願書は、トランプ大統領に対し、辺野古埋め立ての賛否を問う2月の沖縄県民投票まで、埋め立てを止めるよう求めている。国内でもタレントのローラさんや作家の平野啓一朗さんらが賛同を表明している。006.JPG

 埋め立てのために土砂が投入される映像を見ると貴重な自然が破壊されていくのだと実感する人が多かったのではないでしょうか。海や自然はいったん開発という名目でも破壊されれば再生することは難しいでしょう。過去にもそのような事態に陥ったケースを目に来ているのに教訓にならないのでしょうか。日本で起きていることでも瞬時に世界に発信される世の中になってきました。アメリカ軍基地の拡張により脅かされている美しいサンゴの海と、かけがいのない生態系を守ろうという訴えは世界中に拡散しているのではないでしょうか。日米安保のために犠牲になってもいいということはないでしょう。民主主義に欠かせない対話、議論が不足しているのではないでしょうか。アメリカに追随するだけでいいのでしょうか。はっきりダメなことはダメという意思表示をする必要があるのではないでしょうか。アメリカの言いなりになって高額な武器を購入することがどれだけ国民にとってためになるのでしょうか。国民はじっくり考える必要があるのではないでしょうか。沖縄県の置かれている問題を沖縄県民にだけ解決させようとするのではなく、自分事と考える必要があるのではないでしょうか。005.JPG
民主主義について真剣に考えるべきでは[2019年02月16日(Sat)]
 朝日新聞2019年1月8日付け「民主主義 生かすために」から、民主主義とは、スイッチを押すだけで自動で動く機会ではないのです。どんなに優れた憲法や仕組みがあったとしても、不断の努力が求められ、常にエネルギーを注ぎ込まなければならない。人々がしっかり政治について考え、語り合い、意見を表明することがまず大事です。何年かに1度だけ、選挙に行けばそれで済む、のではないのです。そうした努力によって人々の不満や怒りをしっかりと政治の場に反映させることができ、変化し続けることができるのです。日本では安倍晋三政権のもと、そうした議論の前提になる公文書の改ざんや隠蔽、政策決定における官僚の忖度といったことが大きな問題になっています。それは警告を発しているといえるでしょう。一般論になりますが、本来、公務員政治権力から一定の距離を保ち、公平でなければなりませんし、そうでなければ健全な民主主義を守ることも難しくなります。不可欠な前提が揺らぐことで、民主主義の空洞化は、少しずつ、ゆっくりと、目に見えない形で進むのです。016.JPG

 国民一人ひとりの不断の努力が求められ、常にエネルギーを注ぎ込まなければならないのではないでしょうか。日本では多くの国民が政治には関心を持つことが悪いとでも考えているのか、持っていないのではないでしょうか。普段からしっかり政治について考え、語り合い、意見を表明することが大事なのではないでしょうか。政治家に任せておけば済むというものではないでしょう。公文書の改ざんや隠蔽が公然と行われ、国政の中心にいるはずの官僚が国民のための全体の奉仕者ではなく、政権の中枢のことを考え忖度するようになってしまったのはどうしてか国民全体で考える必要があるでしょう。政治家に任せるのではなく、あくまでも国民がダメなことはダメという意思表示をすることが大事なのではないでしょうか。民主主義が成立するかどうかは国民にかかっているのではないでしょうか。015.JPG
対話が大事なことを認識すべきでは[2019年02月15日(Fri)]
 朝日新聞2019年1月8日付け「対話重ね よりよい未来へ」中島岳志東京工業大学教授から、安倍政権は「決められる政治」を掲げます。でも、政策の決定に至る根拠がなかったり、理屈が通らなかったりすることも多い。だから、議会でも採択強行を繰り返すのです。国会は時間をかけて議論し、対策を考える場なのに、対話の責務を放棄しています。対話によって合意を得るには、人間は不完全な存在だという認識が大切です。自分は間違っているかもしれない。まずは相手の言い分に耳を傾ける。相手に理があれば自分の考え方を修正する。徐々に合意点を探るのです。常に微調整を続け、少しずつ改革する大切さに目を向ける必要があります。まずは、様々な人とのつながりを生む時間と空間を大事にする。町内会や習い事、仕事以外の飲み会といった機会に人と出会い、対話する。歴史や伝統、異なる意見に気を配りながら、少しずつ改革を進めてこそ築ける。拙速さは混乱をもたらします。020.JPG

 安倍政権は数の力で重要法案をどんどん強行採決という手段まで行使してそれによって実績を積み上げる手法を取っているのかもしれませんが、時間をかけた対話の重要性をここで真剣に考えて見なければならないのではないでしょうか。中島さんが指摘する通りで、対話によって合意を得るには、人間は不完全な存在だという認識が大切です。自分は間違っているかもしれない。まずは相手の言い分に耳を傾ける。相手に理があれば自分の考え方を修正する。徐々に合意点を探るのです。常に微調整を続け、少しずつ改革する大切さに目を向ける必要があります。たとえ少数であっても、考えが異なる、意見が違う人たちに耳を傾け、正しいと思えることは素直に受け入れる必要があるのではないでしょうか。特に選挙で国民の支持を得て政策を推進する立場の日とたちであれば、特に強行採決を繰り返すことなく、時間をかけて弱小と言われる野党ではあっても対話、議論をし尽くす必要があるのではないでしょうか。国民も日頃から政治に興味関心を持っていろいろな場面で対話をし続けだめだと思われる際には大きな声を上げて意思表示をする必要があるのではないでしょうか。歴史や伝統、異なる意見に気を配りながら、少しずつ改革を進めることが大事なのでしょう。017.JPG
政治を変えるために本音で語る政治家では[2019年02月14日(Thu)]
 朝日新聞2019年1月7日付け「「多党」野党の進むべき道は」河野洋平元衆院議長から、与党は首相を擁し、自分の都合の良い時期に解散する。その時期に合わせて自分にプラスになる政策を出せるという大変な戦力を持っている。与党には財界など業界団体から支援があるが、それ以上に選挙に対する執念が違い。民主主義は野党の存在なくしてあり得ない。民主主義は最終的には多数決だが、その前提にあるのは、少数意見の尊重である。少数意見の尊重を飛び越えていきなり多数決で決めたら、それは民主主義とは言えない。権力を1カ所に集中して、民主主義がうまくいくとは思わない。1番懸念しているのは、この1,2年で公務員の国会での答弁拒否や公文書改ざんの問題が続いていることだ。公務員の「1丁目1番地」は、国民全体の奉仕者であること。いま公務員は特定の人に対する奉仕者になってしまった感がある。なぜそうなったのか、国会でもっと議論しなければいけない。与党が暴走しているときは、とにかく止めることが第1。対案を出してどうするか、じゃなく、それはやるな、という戦いなんですから、野党は政権党を倒すことが役割。徹底的に政権党を批判しなくてはいけない。IMG_0178.JPG

 河野洋平氏は、もともと自民党の国会議員ですが、自民党に対しても本音でダメなことはダメという姿勢で批判したり、非難します。現職の国会議員はどうでしょうか。選挙で公認してもらわなければならないので、決定権のある人の顔色を窺って意に反することがあっても従順になっているように見えます。たとえ政権党の所属している議員であっても党が国民のために政策を立案しているか国民目線で厳しく見て国民のためにならないと思ったら反旗を翻すような人でなければ議員にはなれないのではないでしょうか。選挙で勝ってしまえば、任期中は議員としての資格を有してそれなりの振る舞いができるということを考えているのならどうでしょうか。国家公務員である官僚は指摘のように全体の奉仕者になっていないのではないでしょうか。少しでも出世したいために上ばかり見て国民目線が失われてしまっている人も公務員としては相応しいとは言えないのではないでしょうか。弱小野党が発言力、存在感がない状態では如何ともし難いかもしれませんが、政治家に任せることができなければ国民が立ち上がらなければならないのではないでしょうか。国政の場では本音で語ることができる政治家が増えてほしいものです。IMG_0177.JPG
危機感を持って本音で訴えるマスメディでは[2019年02月13日(Wed)]
 BUZZ FEED2019年1月7日付け「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」宝島社の新聞広告に反響カラ松、「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」宝島社が1月7日付の新聞3紙(全国版)に掲載した意見広告がSNS上で話題を呼んでいる。読売新聞朝刊、日刊ゲンダイに掲載された広告は「敵は嘘。」。真実の口の写真を共に、次のような文章が掲載されている。<いろんな人がいろいろな嘘をついている。子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている。陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。>朝日新聞朝刊に掲載された広告は「嘘つきは、戦争の始まり。」。湾岸戦争前「イラクが油田の油を海に流した」証拠とされた石油まみれの真っ黒の水鳥の写真と共に、「しかしその真偽はいまだ定かではない「今、人類が戦うべき相手は、原発よりウイルスより温暖化より、嘘である」などのメッセージが載っている。インパクトの強い広告は、7日朝からSNS上でも「樹木希林さんが亡くなって、宝島社の新聞広告はどうなるのだろうと思っていたら、今朝の朝日と読売の両紙に全面見開きの広告が!」「宝島社攻めてる」「 宝島社の全面広告。この感じ、久しぶり」などと反響を呼んでいる。宝島社では「商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたい」という思いから1998年より企業広告を開始。2017年1月は広島の原爆投下時の写真と真珠湾攻撃の写真を合わせた「忘却は罪である。」、2016年1月の樹木希林さんを起用した「死ぬときぐらい好きにさせてよ」など印象的な広告を出し、数々の広告賞で受賞している。宝島社では今年の企業広告の意図について、宝島社では次のように明かしている。<今回の企業広告のテーマは「嘘」です。「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」をメインコピーに、2つのビジュアルを使用しました。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているようにも見えます。嘘が蔓延している今の世界に対して、嘘についてあらためて考え、そして、嘘に立ち向かってほしい、そんな思いをこめて制作しました。>IMG_0180.JPG

 陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。世界中にこれほど嘘が蔓延した時代になってしまったのでしょうか。何のために嘘が横行するのでしょうか。アメリカばかりでなく世界中で自国主義というのでしょうか、自分だけよければという風潮があるような気がします。フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。フェイクがまかり通り世の中を折檻するのはいいことではないでしょう。SNSの世界でも正しいこととか公正、公平という尺度ではなく意に沿わない考えに対して平気でどんどん批判する勢力が現れていることも今の世界情勢を表しているのでしょうか。激しく攻撃的に言った方が勝ちというような殺伐とした世界になってきているのでしょうか。日本もそのような傾向になってきていないでしょうか。嘘に立ち向かう人たちが大きな声を上げて新しい流れを創造することができるでしょうか。IMG_0179.JPG
天才発掘で逞しく生き抜く人材を増やすことができれば[2019年02月12日(Tue)]
 朝日新聞2019年1月5日付け「囲碁の天才少女、10歳で最年少プロに 名人も手腕評価」から、今春、日本囲碁界で史上最年少の10歳のプロ棋士が誕生する。大阪市此花区の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)で、囲碁先進国の韓国で修業を積み、「世界一になる逸材」として、日本棋院が新設した採用制度「英才枠」の第1号として迎えられる。日本棋院が5日に発表した。菫さんは、4月1日付、10歳0か月で日本棋院関西総本部(大阪市)の所属棋士になる。9年前、11歳6か月でプロ入りした藤沢里菜女流本因坊(20)を抜く最年少記録となる。プロ棋士の仲邑信也九段(45)と、囲碁の元インストラクターの幸(みゆき)さん(38)のひとりっ子。幸さんの手ほどきで3歳で碁を覚え、7歳から一家3人で韓国・ソウルに渡って修業。日本での義務教育履修のため日韓の往復生活を続けた。幸さんによると、菫さんはすぐに韓国語を覚え、両親の通訳にもなっているという。昨年、現地の小学生低学年のチャンピオンに。今年、韓国棋院のプロ候補生である研究生になった。韓国で“囲碁漬け”の日々を送ってきた。平日は名門「韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場」で、週末は韓国棋院で対局を重ねてきた。現地のプロ志望の子どもたちは朝、学校に顔を出すとすぐに道場に向かい、夕方まで囲碁の勉強をする子が多い。
 「子どもたちの囲碁環境が日本と全く違う。あれを見て、菫が世界を狙うには韓国で勉強させなければと思った」と、父の信也九段が言う。根っからの負けず嫌いで、負けると大泣きする。その勝負魂が道場で高く評価されている。道場を主宰する韓鐘振九段は「菫の才能は、現在の女流世界一である韓国の崔精(チェジョン)九段(22)に劣らない。むしろ上達のスピードは崔より速い。このままいけば女流の世界チャンピオンになるのはもちろん、男性のトップ棋士とも対等に戦えると思う」と話す。先月、一家は日本に帰国。日本棋院は採用にあたって菫さんに張栩(ちょうう)名人(38)と対局させた。あらかじめ下手が盤上に石を置き、圧倒的に有利な状態で打ち始める「置碁(おきご)」ではなく、より互角に近い「黒番逆コミ」の手合で打ち、引き分けに持ち込んだ。「うわさには聞いていたが、想像以上にすごい子。小学生時代の井山(裕太五冠)さんと打ったことがあるが、当時の彼より強いぐらい」と張名人は言う。DSC00062.JPG

 子ども好きなこと、やりたいこと、能力を引き出して伸ばしてあげることが教育の目的だと考えれば、将棋界の藤井壮太7段に続く9歳の仲邑菫(なかむらすみれ)さんが現れたことは素晴らしいのではないでしょうか。次から次へと好きなことで世の中の注目を集める子どもたちが現れ増えてくるような社会になれば活気にあふれてくるのではないでしょうか。子どもの才能を見極めることは容易ではないかもしれませんが、大人な強制的に育てるのではなく、自然発生的に好きなことを通して能力、才能を伸ばすことができれば最高でしょう。教え込むというよりは、引き出して伸ばすことが理想なのでしょう。子どもが夢を描いて生き生きと逞しく生きていくことができる社会になってほしいものです。IMG_0162.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。