CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年08月14日

みなとメディアミュージアム2013(お出かけ編)

コミュニティギャラリーのみなとメディアミュージアム2013も残り1週間を切りました。
那珂湊のメイン会場でも本格的な展示がはじまりました。
今回はギャラリーを飛び出して、那珂湊へ取材に向かいました。

DSCF3396.jpg DSCF3366.jpg

<コミュニティーギャラリー“みなとメディアミュージアム2013”>
 ★期間 7/31(水)〜8/19(月)10:00-20:00
 ★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー
<みなとメディアミュージアム“未知との再会”>
 ★期間 8/11(日)〜8/31(土)
 ★場所 ひたちなか海浜鉄道沿線


DSCF3372.jpg DSCF3480.jpg
みなとメディアミュージアム(MMM)のテーマは「未知との再会」。
まちを舞台に学生やアーティストの皆さんが様々な作品を展示しています。
コミュニティギャラリーでも常磐大学の学生さんたちが作品展示中です。
☆展示の様子は過去記事“みなとメディアミュージアム2013”をご覧ください   
 http://blog.canpan.info/genki-net/archive/859
ギャラリーでパンフレットをもらい、ひたちなか海浜鉄道に乗って那珂湊へ。

DSCF3465.jpg DSCF3476.jpg
電車の中でパンフレットを熟読。まちのあちこちにアート作品がいっぱい。「どこから見ようかな??」期待がふくらみます。
ふと目をあげると、車窓にうつる様々な“つぶやき“の声。これも『誰かの音を、誰かが見る』という作品なんですって!!

DSCF3463.jpg DSCF3379.jpg
那珂湊駅に着きました。駅の構内には4つの作品があるそうです。全部見つかるかな??

DSCF3395.jpg DSCF3402.jpg
疑問に思うことがあったら、水色のTシャツのスタッフさんに話を聞くことができます。
さっそく紹介された“百華蔵”へ。大谷石の倉庫に展示された巨大モニュメントは圧巻。

DSCF3447.jpg DSCF3442.jpg
DSCF3384.jpg DSCF3450.jpg
いたるところでアート作品に遭遇。見慣れた風景が違って見えるから不思議。
これぞ「未知との再会」。まちの新たな魅力に気づくきっかけがあちこちに隠れています。
「あれっ??」と思ったらMMMの看板を探してみてくださいね。
スタンプラリー『おさむのおさんぽ』も用意され、楽しくまち歩きができそうです!!

期間中、各種ワークショップを予定。一部をご紹介します。
★TOKIWAまちなかラボワークショップラリー 
  8月17日(土)10:30〜20:00 なかなかやるな那珂湊会場
★茶会体験ワークショップ
  8月18日(日)、25日(日)、31日(土) 13:00〜18:00 
  阿字ヶ浦駅舎「竹遷庵」
★ゆにここ「触覚で撮る写真ワークショップ」
  8月18日(日) 14:00〜16:30 3710屋集合


他にもイベントがもりだくさん。
夏の思い出づくりに、コミュニティギャラリーと合わせて、湊線沿線のみなとメディアミュージアム会場へお出かけください。
詳しくはみなとメディアミュージアムホームページで。
http://minato-media-museum.net/
(文責:N)



【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック