CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年04月23日

ボランティア活動の現状についての講演会

ボランティアで運営を続けるワイワイふれあい館。
定期的に研修会や講演会を行い学びを深めています。
今回は国際的な視野からボランティアについて考えました。

DSCN0202.jpg

講演会「世界の国々のボランティアの現状」
■日時 2013年4月1日(月) 13:30〜15:30
■場所 ワイワイふれあい館(津田)
■講師 川嶋辰彦氏(学習院大学名誉教授)


DSCN0205.jpg

今回講師としてお招きした川嶋先生は1997年以来、タイ北部で「草の根国際協力研修プログラム(略称:GONGOVA)」に取り組んでいます。
実践者の立場から「生きがい、現代絵画鑑賞、ボランティア活動」についてお話くださいました。
自分たちにできることをもっと学びたいという地域の皆さんで会場はいっぱいでした。

●生きがいについて
「麗らかな生きがいを覚える」ことが幸せな生き方。ありのまま、素直に感動する=「佳い感動」(創造的感動)が土台になります。
感動の種を発見し育てるためには自己啓発、学びの努力が欠かせません。

DSCN0159.jpg

●現代絵画鑑賞とボランティア
「感動の種はどこにあるのか?」を参加者とともに考える時間でした。
スクリーンに映しだされた鮮やかな現代絵画を鑑賞。そこに込められた感動や驚きを体感しました。アプローチの仕方で今まで気が付かなかった感動に気づくことも。
ボランティアも同じこと。「偽善かもしれない…」と悩む前に、ともかく試みてみることが大切です。

●ボランティア実践例
実践例として大学生と毎年訪れているタイ山村での活動を紹介してくださいました。
「非日常性の追求」「不便性への回帰」「異文化との接触」が個々人の成長につながっています。

DSCN0168.jpg

●創造的ボランティア
最後に創造的ボランティアの7つの要素について考えました。
 @自己啓発
 A弱者の立場を配慮(参加希望者を不当に排除しない)
 B自らが癒される(創造的自己満足は偽善ではない)
 C他人のお役に立てる期待
 D充労の所作(苦労にならない)
 E感謝の念の湧出(させていただいているという気持ち)
 F「ありがとう」と言われなくても覚える達成感・爽快感

DSCN0239.jpg人道性・社会性に富むボランティア精神は人間の本質のひとつであるという川嶋先生。
「創造的自己満足の樹の育成に多くの人々が、一層の関心を寄せる社会の到来を期待しています。」
希望あふれる、あたたかいメッセージに参加者から感動の拍手が送られました。 (文責:N)

この記事へのコメント
くみこさま

ボランティア発足式&図書館オープン、おめでとうございます。

人と人のあたたかい交流が生み出す感動は何物にも代えがたい財産。
励まし合いながら創造性を高めあえるボランティア仲間に恵まれたら素敵だなと講演会に参加して思いました。

くみこさまの町の図書館ボランティアの発展を心から祈っています。
Posted by げんき-NETひたちなか at 2013年04月26日 14:32
私の町に新しく図書館ができます。(明日オープン)

ボランティアの希望者が、沢山集い、
ボランティアの発足式が、ありました。

新しい仲間が出来ることを期待しています。

どのようにスタートするのか。。。
期待が高まっています。
Posted by くみこ at 2013年04月23日 16:32
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック