CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年01月25日

ワイワイふれあい館でワーホイ


「ワーホイ!ワーホイ!」
にぎやかな掛け声が青空に響きます。

日本古来の伝統行事を若い世代に継承したいという想いから「ワーホイ」を始めて、今年で4年目を迎えたワイワイふれあい館を訪ねました。

★日時:1月14日(土)10:00〜14:00
★場所:ワイワイふれあい館


「ワーホイ」は古くから無病息災を願う行事として人々に大切にされ、茨城地方では「どんど焼き」と呼ばれることも多い伝統行事です。

竹やワラで作られた小屋に正月飾り、書初め、お札などを入れて燃やし、その火にあたると「若返る」とか「字が上手になる」などと言われています。
また、「病気にかからない」ということから燃え残った灰で餅を焼いて食べたりするそうです。

懐かしい行事に昔を思い出して孫を連れてやってきた人、実際に見てみたいと小さなお子さんを連れた若いご夫婦、近所の子供たちなどが集まって、ワイワイふれあい館の庭がにぎやかになってきました。

子どもたちが竹馬やけん玉などの昔遊びを始めると、お年寄りが声をかけて教えてくれます。けん玉を上手に操る手に、「お〜!」と歓声があがります。

湯気が上がる臼のまわりでは、威勢のよい掛け声と元気な笑い声。
つきたてのお餅にみんなの顔がほころびます。

そして、いよいよ点火。
小屋を囲んで、大きな声で「ワーホイ!ワーホイ!」

「今年が良い年であるように・・・」願いを込めて、気持ちの良い青空に高く上がる火を見守ります。

あっという間に小屋は燃えてしまいましたが、くすぶる火が残る灰はお餅を焼くのにちょうどよさそう。

小さい子からおじいちゃん・おばあちゃんまで、長い棒にさした紅白のお餅を場所を譲り合ったり、言葉を交わしながら熱さに耐えて焼きます。

黒焦げになったお餅もありましたが、みんな笑顔でいただきました(^^)♪


地域の人が集まり、触れ合える場を提供してくれるワイワイふれあい館。
春にはたくさんのおひなさまを飾るひなまつり(2月20日〜3月3日)とさくらまつり(4月)を予定しています。
お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。
(文責:R)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 ワイワイふれあい館☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=6&index=848
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック