CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月17日

第7回湊線応援絵手紙展

絵手紙応援隊の皆さんは、絵手紙作品を通じてひたちなか海浜鉄道を応援しています。7回目を迎えた今展に、全国から多くの作品が寄せられました♪

IMG_5755.jpg

★日時 10/16(水)〜10/21(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00) 
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


「絵手紙応援隊の始まりは2013年、ひたちなか海浜鉄道の駅名標のデザインに感動したことがきっかけなの」と話してくれた代表の山口さん。1回目の作品展には、およそ100名の方が参加し、回を重ねるごとに絵手紙で応援したいとの思いが人から人へと広がり、今回は216名の方々が参加してくれたとのこと。

IMG_5753.jpg IMG_5752.jpg

展示されている281枚の作品は、那珂湊駅の構内や車両に4ヵ月間飾られたもの。季節の花々や野菜の他、“海浜鉄道”の名称から魚介類をモチーフにしたものなど、多くの作品が並びます。

IMG_5771.jpg IMG_5768.jpg 

県内はもとより18都道府県から寄せられた作品には、利用客100万人をお祝いする言葉や作者の思いが添えられ、ひたちなか海浜鉄道を応援するメッセージに溢れています。

IMG_5743.jpg IMG_5768.jpg

また絵手紙応援隊の皆さんは、実際に乗車して駅周辺や車両のスケッチをするなど、絵手紙と共に利用客アップに貢献する活動もしています。その時に描いた作品も展示しているそうですよ(^^♪

IMG_5737.jpg IMG_5758.jpg

那珂湊駅のマスコットとして愛されてきた在りし日の黒猫「おさむ」と、今なお駅猫として活躍している妹分の「ミニさむ」の写真も展示。駅猫「おさむ」を偲んで、表情や仕草を描いた作品も多く飾られています。

絵手紙で“ひたちなか海浜鉄道”を盛り上げようと頑張っている皆さん。その思いに溢れた絵手紙作品をご覧に、ぜひギャラリーに足を運んでみてください。
(文責:S)

【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック