CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月03日

水墨画作品展

10月だというのに、夏に戻ったかのような暑さが続く今日この頃、ギャラリーでは、芸術の秋を堪能できる“勝田墨游会”の5回目となる作品展を開催中です。

1.jpg

★日時 10/2(水)〜10/7(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00) 
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


毎月2回1中地区コミュニティセンターで、ひたちなか市在住の小野崎千恵子先生の指導のもと、それぞれが自分の好きなモチーフを選んで創作している皆さん。
山水画や動植物画、風景画、掛け軸など、先生と15名の会員さんの個性溢れる作品が飾られています。

IMG_5620.jpg IMG_5616.jpg 

IMG_5607.jpg IMG_5609.jpg

ギャラリー展示の他に、活動場所である1中地区コミュニティセンターのお祭りなど、年3回の作品展に出展することを目標に日々研鑽している皆さん。また、水墨画を通じ、コミュニケーションを図りながら楽しんで活動しているそうです。

IMG_5623.jpg IMG_5624.jpg

「岩手県遠野市に出かけた時に購入した柳田国男さんの著書を参考に、その時の事を思い出しながら描きました」「人物をモチーフにすることが多いのですが、今回は観音様を描きました。仕事をしながらの創作ですが、限られた時間で仕上げました」と、会員の飛田さんと川島さんが作品に込めた思いについて話してくれました!(^^)!

IMG_5614.jpg IMG_5612.jpg

黒と白のみで表現される水墨画は、墨の濃淡、陰影、ぼかし、にじみが魅力。大きく分けると青墨、茶墨の2種類があり、使う墨によって作品の印象が変わるとのこと。この機会にぜひギャラリーに足を運び、その違いを感じてみてはいかがでしょうか。
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック