CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月16日

ワイワイふれあい館〜あんどんかざって“お月見会”

地域住民の憩いの場となっている、“ワイワイふれあい館”は平成15年に旧津田保育所の施設を利用して開館。住民同士の親睦を深めるためイベントや高齢者サロンの他、様々な団体が利用し、いつも陽気な笑い声に溢れています。数ある年間行事のひとつ、“お月見会”を取材してきました!(^^)!

IMG_5451.jpg

■日時 2019年9月15日(日) 16:00〜18:30
■場所 ワイワイふれあい館


スタッフや参加者の方々の高齢化に伴い、明るい時間にスタートした今年のお月見会。
館庭にはすすきやお団子、客席を囲むようにたくさんの“あんどん”が飾られ、藤棚から覗くスタッフお手製の“満月のお月さま”を愛でながら宴が始まりました。

IMG_5469.jpg IMG_5495.jpg

【第1部】お月見式典
ひたちなか市長を始め来賓の方々、須賀川館長のご挨拶の後、軍司副館長からはお月見の由来についての話の他、「あなたが生まれた夜に」という絵本の読み聞かせを会場の皆さんに感情を込めて読んでくれました(^-^)

IMG_5493.jpg 2.jpg

【第2部】利用団体発表
歌やダンスの発表をしてくれた利用団体の皆さん。活動日に歌っている歌や替え歌を振り付きで披露し、なんと須賀川館長が黄門様に扮して登場するなど、発表者も観ている会場の皆さんもとっても楽しそう\(^o^)
また、“あんどん”を前にフランダンスを踊ってくれた“カイマナヒラ パリ・シェル”の皆さん。フラダンスと日本ならではの“あんどん”が調和した幻想的な雰囲気に、会場の皆さんもうっとりした表情を浮かべていました。

IMG_5517.jpg IMG_5505.jpg

【第3部】生バンドのステージ
最後のアトラクションに出演してくれたのは、“津田ドレミファバンド”。歌声サロン「津田」に出演しているメンバーの中から4名の方が、この日の為にバンドを結成したそう。ムード歌謡からジャズのナンバーまで様々なジャンルを演奏し、手拍子したり飛び入りで歌を歌ったり、会場は大いに盛り上がりました♪
そしてお月見会でおなじみの“けんちんうどん”は、平成31年3月まで高齢者サロンでお昼ご飯を担当していた3名のスタッフさんが、再び集まり作ってくれたそう。味がしみ込んだ野菜たっぷりの懐かしい味を、談笑しながら美味しそうに食べる皆さんの姿が、あちらこちらで見られました(^^)/
フィナーレは、「100歳音頭」の曲に合わせスタッフさんが踊り、だんだんと日が暮れ始めた頃にお月見会は終了となりました。

核家族やひとり暮らし、高齢者世帯の増加により家庭内で伝統行事をする機会が減ってきていると耳にします。そんな中ワイワイふれあい館の“お月見会”は、伝統行事を通じて皆さんが集い、地域を盛り上げようと奮闘する、住民同士の強いつながりを感じることが出来ました。
(文責:S)
 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック