CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月01日

エーデルワイスin(株)日立製作所ひたちなか総合病院

「院内デイサービスを利用している患者さんに、入院生活を少しでも楽しく、そして元気に過ごすしてもらうため、オカリナの演奏会を開きたいので団体を紹介してほしい」と、担当の看護師さんからのご相談を受け、“エーデルワイス”の皆さんをご紹介。土の笛が奏でる優しい音色のオカリナ演奏会を取材してきました\(^o^)/

8.png

■日時 2019年9月6日(金) 14:15〜14:45
■場所 (株)日立製作所 ひたちなか総合病院


設立して18年目を迎えたエーデルワイスの皆さん。ひたちなか市在住の高野美雪先生の指導のもと、楽しみながら技術の向上を目指し練習に励んでいるそうです。

10.png

「発表会や地域のお祭りには参加していますが、ボランティアで演奏会を行うのは初めてです。心をこめて演奏するので聴いてください」と話す高野先生。なんと、院内デイサービスでも楽器を演奏する外部の団体さんを招くのは初めてということで、双方にとって記念すべき第1回目の演奏会がスタートしました(^^♪

3.png 4.png

この日は、昔懐かしい唱歌や昭和歌謡曲など全8曲を披露してくれた皆さん。1曲目に演奏してくれたのは、団体名にもなっている“エーデルワイス”。高野先生の伴奏とオカリナの音色の素敵なハーモニーを、皆さんの心に届けてくれました♬

9.png 6.png 

「知っている曲があれば、鼻歌や手拍子をしてくださいね」と呼びかける高野先生。その言葉を受け、会員さん手作りの歌詞カードを見ながら患者さんや家族の方、看護師さんの声もだんだんと大きくなっていきましたよ(^^♪
また、「たまたま立ち寄り、途中から演奏会に参加しました。普段はあまり見られない笑顔を、今日はたくさん見せてくれました」と、患者さんと共に参加した看護師さんがとっても嬉しそうに話してくれました(^-^)

2.png 12.png

最後はアンコールの声が上がり、“ふるさと”を演奏してくれた皆さん。昔を懐かしむように歌う方や、中には涙を流しながら歌う方もいて…。一生懸命にその気持ちに応えようと演奏する“エーデルワイス”の皆さんと、涙をこらえながら一緒に歌う高野先生の姿も感動的でした♫
演奏後には、会場の皆さんから惜しみない拍手が送られ、この日の演奏会は幕を閉じました。

エーデルワイスの皆さん。これからも、“心を癒すオカリナの優しい音色”をたくさんの方に届けていってくださいね。
(文責:S)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック