CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月27日

ラジオ番組“まちづくり情報館「ひたちなか」”Vol.176

ミュージックofハートは、音楽でボランティア活動をする女子高生3人のユニット。息の合った管楽器演奏と明るいトークが人気で、ひたちなか市や近隣の地域のイベント、高齢者介護施設からの出演依頼が急増中です(^-^)

IMG_8847.jpg

■日時 2018年8月23日(木) 12:00〜12:15
■出演 ミュージックofハート:大和田さくらさん、及川晴夏(はるか)さん、長山花純(ちょうやまかすみ)さん


クラリネット担当のはるちゃん(及川さん)は「マイペース」、アルトサックス担当のかっすー(長山さん)は「お調子者の性格」、フルート担当のさっく(大和田さん)は「いつも眠そうに見えると言われます」と、それぞれが自己紹介。「たまに優柔不断になる2人をまとめるのがさっくで、とてもバランスの取れたグループなんです」とかっすーさんが笑顔で話してくれました。

IMG_8831.jpg 

ボランティアの依頼が入ると、会場の皆さんの年齢や世代を考慮した選曲をしているという3人。演奏を収録したCDが流れるとスタジオに優しい音色が響き渡ります。

IMG_8837.jpg 

「活動していて楽しいことは?」と尋ねるパーソナリティに、「ボランティアの時、曲の合間のおしゃべりで会場の皆さんが笑ってくれること」と答えてくれたかっすーさん。あるアニメソングを演奏する時は、主人公の声まねを披露するのが恒例となっているとのこと。なんとスタジオでも生披露!その思いきりの良さに、パーソナリティも大笑いでした!(^^)!

IMG_8842.jpg 

そんなユニットを結成した経緯を話してくれたのは、さっくさん。
同じ中学校の吹奏楽部だった当時、たまたま違う楽器を担当していた3人でコンクールに出場したことが始まりとのこと。先ほどからスタジオに流れている音色はその時に収録したものだそう。その後、別々の高校に進学してからは、「ミュージックofハート」として、ボランティアでの演奏活動をするようになったそうです♪

今までに活動してきた内容や今後の予定を紹介してくれたのは、はるちゃんとかっすーさん。高齢者介護施設や障がい者と共に参加するコンサート、地域のイベントなど本当に様々。大人気のミュージックofハートなんですが、なんといってもまだ高校生。「学校行事などによりお断りする場合もありますが、依頼はできるだけ受けたいと思います」と、さっくさんが話してくれました。

IMG_8843.jpg 

本日は、仲の良い3人の明るいトークに元気をもらうことができました♪素敵なアンサンブル演奏を、これからもぜひたくさんの方々に届けてくださいね(^^♪
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 ミュージックofハート☆ 
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1749&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック