CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月26日

「はじまりはヒップホップ!」

海外のみならず、日本でもシニア世代からの人気が高まっている“ヒップホップダンス”。
今回は、ひたちなか市初のシニア限定ヒップホップダンスサークル、「はじまりはヒップホップ!」の皆さんを取材してきました。

DSCF6841.jpg

■日時 2018年6月6日(水) 10:00〜11:30
■場所 1中地区コミュニティセンター


自主団体サークル「はじまりはヒップホップ!」は、1中地区コミュニティセンターの主催講座がきっかけで発足したそうです。毎月2回、第1、第3水曜日に常陸太田市在住のキュートな笑顔の持ち主、片根真知子先生の指導のもとヒップホップダンスを満喫している皆さんです。

DSCF6853.jpg

「ラジオ体操や健康体操ではもの足りず、ちょっと激しいダンスを踊りたいと思って参加しました」「リズミカルな曲に合わせ踊っていると、とても幸せな気分になります」と会員さん。ここでの活動を存分に楽しんでいるようです♬

DSCF6864.jpg DSCF6863.jpg

まずは準備体操。一つひとつの動きを丁寧に、時にはジョークを交えながら説明する真知子先生。その言葉を受け、あちらこちらから笑顔や笑い声がこぼれます。

DSCF6877.jpg DSCF6881.jpg

次は椅子を使ってストレッッチ!両足を広げたり、両手を上げたり広げたりしながら、バランス感覚を鍛えます。

DSCF6887.jpg DSCF6892.jpg

そして最後は、軽快な曲に合わせ、皆さんお待ちかねのヒップホップダンス!!
「出来なくても大丈夫!笑って笑って…」という真知子先生のかけ声に元気をもらい、一生懸命に踊る皆さん。集会室はいつの間にか熱気に包まれ、皆さんからは心地よい汗が流れていました。

若者だけじゃない、シニア世代でも楽しく踊ることが出来る“ヒップホップダンス”。そのヒップホップダンスを心から楽しんでいる「はじまりはヒップホップ!」の皆さん、本日はありがとうございました。
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック