CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月15日

ふれ愛サロン「初めてのハンギングバスケット」

「ふれ愛サロン」初となるハンギングバスケット講座。定員を超える申し込みがあり、大盛況でした♪

IMG_6931.jpg

■日時 2018年4月30日(月) 13:30〜15:30
■場所 市民交流センターひたちなか・ま


講師はふれ愛サロンから依頼を受け、げんき-NETひたちなかに人材登録している、真田規志子さんをご紹介。初めての方でも手軽に育てられる素敵な花々を用意してくれました(^^)

IMG_6947.jpg IMG_6945.jpg

ハンギングバスケットは吊り下げたり、壁に掛けたり、空間を飾ることを前提に植物を寄せ植えにします。今回使用するスリットバスケットは、側面の複数のスリットに花苗を寝かせて差し込むので、まるでブーケのような仕上がりになるとのこと。
「最初は少し隙間があるように感じるかもしれませんが、植物が成長して大きくなることを考えて植えるのがハンギングバスケットの基本なんです」と真田さん。

IMG_6957.jpg IMG_6953.jpg  

まずは、バスケットのスリット部分から土がこぼれるのを防ぐ処理をしてから、花苗の根の部分だけを順番通りに差し込んでいきます。ひらひらとしたペチュニアの花びらや可憐なベコニア、斑入りのヘデラなどの華やかな組み合わせに、参加者たちも思わずにっこり(^-^)

IMG_6959.jpg IMG_6983.jpg

「ハンギングバスケットを家に持って帰ったら、1〜2日は日陰に置いてください。人間でいうと手術を終えた後なので休ませてあげてくださいね」といった分かりやすい説明に、会場から「なるほど!」とでもいうように「ほー」という声があがります。
ほんわかとした言葉と花々に癒され、参加者たちも次第にリラックス…。「長く楽しむコツは?」「花を入れ替えたい時はどうしたらいい?」と積極的に質問していました。

IMG_6970.jpg IMG_6993.jpg

最後に作品と一緒に記念撮影。
これからさらに葉が生い茂り、花が咲き乱れるハンギングバスケット。家族や近隣の方、通りすがりの方など、たくさんの方の目を楽しませてくれそうですよ(^-^)
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか人材情報 ハンギングバスケット・寄せ植え☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_5.php?dai=5&index=1740&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック