CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年03月29日

第23回ノン・ブラック小品展

美術集団「ノン・ブラック」会員と一般公募の方々による、コミュニティギャラリーでは初開催となる小品展。油彩、水彩、写真、陶工芸など多数の作品を展示しています。

IMG_6619.jpg  

★日時 3/28(水)〜4/2(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


ノン・ブラックは毎年7月、大作中心の作品を公募し、優秀な作品を展示する「ノン・ブラック展」を開催しています。才能ある方を発掘し、アートの愛好者を増やしていきたいと活動している美術集団です。

IMG_6583.jpg IMG_6584.jpg  

10号(縦530o)サイズ以下の絵画は小品と呼ぶそうで、誰でも気軽に挑戦できるのが魅力とのこと。今回は、公募してきた方全員の作品を展示しています。

IMG_6603.jpg IMG_6624.jpg

IMG_6588.jpg IMG_6610.jpg   

淡彩画や日本画、可愛らしいイラスト、写真、陶芸まで49点が並びます。

IMG_6601.jpg IMG_6589.jpg

油彩画かと思いきや、たくさんの糸を織り込んだつづれ織りの作品は、じっくりと間近で眺めたくなります。また、すらりとした人形は、3種類の粘土(樹脂、石粉、紙)を質感に合わせて作り上げたそうです。彩色はアクリル絵の具が一般的ですが、これはなんとコーヒーの粉をお湯に溶かしたもので色付けしているとのこと。「素敵な色に仕上がるでしょう」と作者の方が明るく話してくれました。こんな制作秘話が聞けるのもギャラリーだからこそ(^^♪

多種多様なアートが一堂に会する作品展。ぜひ、ご覧になりお気に入りの作品を見つけてみてはいかがでしょうか。
(文責:E)
【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック