CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年03月22日

平成29年度男女共同参画講座 みんなで考える防災

3.11…東日本大震災から丸7年の月日が流れようとしていたこの日…。
改めて、防災について考える時間を参加者の皆さんと共有しました。

IMG_6354.jpg

■日時 2018年3月9日(金) 10:00〜12:00
■場所 ひたちなか市男女共同参画センター 第1研修室


〜避難所運営ゲームを体験しよう〜
講師はNPO法人茨城県防災士会県央エリアの皆さん。

IMG_6357.jpg

まだ記憶に新しい常総市の水害や東日本大震災、阪神淡路大震災、中越地震の時の避難所の様子を写した写真などを見ながら、避難所運営に必要なことや注意点などを学びました。

IMG_6360.jpg IMG_6365.jpg

避難所運営ゲーム(HUG)とは、避難者の年齢や性別、国籍など、それぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所に見立てた平面図にグループ内で相談しながら適切に配置し、また避難所で起こる様々な出来事にどのように対応していくかを模擬体験するゲームです。

IMG_6367.jpg IMG_6371.jpg

IMG_6372.jpg IMG_6379.jpg

まずは通路の確保、そして次々にやってくる避難者の対応…。状況を把握し、避難所さながらの慌ただしさでカードを置いていきます。カードに書かれている避難者は、「トイレに行きたい」「喫煙したい」と要望する人や、ペットを連れてくる人、子ども、障がい者、その他にもいろいろな事情を抱えてやって来ます。

250枚のカードを全て置ききったグループや、話し合いながら配置していくグループなど様々。

IMG_6380.jpg IMG_6385.jpg

最後に、各グループの代表者が工夫したところや苦労した点を発表し、他のグループと比較検討を行いました。

今回の講座を通し、改めて災害について見つめ直すことができた皆さん。
貴重な体験をすることができたのではないでしょうか。
(文責:O)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック