CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月17日

第4回男性のためのはじめてのボランティア講座

ボランティアをはじめたいと思っているけれど、はじめの一歩が踏み出せないでいる男性の方々のために、実践体験型のボランティア講座を開催。
第4回は、国営ひたち海浜公園内で活動している、「砂丘美化パートナー」と「みはらしの里パートナー」の皆さんによる講座を開催しました。

IMG_4194.jpg

■日時 2017年10月7日(土) 10:00〜12:00
■場所 市民交流センターひたちなか・ま 多目的室


日本だけでなく、海外からの観光客にも大人気の国営ひたち海浜公園。現在は、13のパークパートナー(ひたち海浜公園では、ボランティア団体のことをパークパートナーと呼びます)が公園管理のお手伝いをしているそうです。

IMG_4154.jpg 

まず始めに、公園の誕生について説明をする「砂丘美化パートナー」代表の浅井さん。レクレーション需要の増大に対処するため、米国から返還された射爆撃場の跡地に国が設置したそう。初めて由来を知った受講生もいて、興味深々に耳を傾けていました(^_-)-☆

IMG_4146.jpg IMG_4147.jpg

「毎月2回、砂丘に自生した外来種の植物駆除や園内にある水田(沢田湧水地)の復元と生き物たちの保全活動をしています。天然ウナギや絶滅危惧種の生物に遭遇することもあります」と浅井さん。驚きの声をあげたり、幼い頃を思い出すような表情を浮かべる受講生も…。
また、企業の新人研修や高校生たちとの交流、社会復帰事業にも貢献しているそうで、生き物や植物の保全活動にとどまらず、多種多様な活動をしていることも話してくれました(^_-)-☆

IMG_4157.jpg  ふくろう2.png

次は、日本古来の生活様式や伝統行事・昔遊びの継承、園内で採取した植物や木の実などを使って工作をするなど、来場者と共にパートナー自身も楽しむことを目的としている「みはらしの里パートナー」の皆さん。本日は綿引さん、木村さん、滑川さんの3人が来場者に大人気のフクロウ作りを伝授しくれました!(^^)!

もちろん材料のススキは公園内で採取したもの。早速3グループに分かれて、フクロウ作りが始まりました。

IMG_4191.jpg IMG_4162.jpg

“みんながハッピーになることが一番の喜び”をモットーに活動している綿引さん。その言葉通り、ジョークを交えながらの説明で、終始アットホームな雰囲気…。受講生同士教え合ったり、手伝ったりする姿があちらこちらで見ることができました!(^^)!

IMG_4159.jpg IMG_4189.jpg 

この体験から、みはらしの里パートナーの方々の「来場者と共に自分も楽しむ」ことを受講生の皆さんも実際に体感できたのではないでしょうか(^_-)-☆

10月下旬から、今までの講座で体験した、サークルや講師の方の活動場所で体験が始まります。その時の様子もブログでご紹介します!
(文責:S)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック