CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月24日

おらが湊鐡道応援団作品展

大正2年12月25日に勝田-那珂湊間が開業した湊線は今年104年目を迎えます!
平成20年4月1日にひたちなか海浜鉄道として生まれ変わり、勝田-阿字ヶ浦間を走り続けています。そんな湊線の魅力をもっと多くの人々に知ってもらいたいと企画された作品展が開催されました。

IMG_3338.jpg

★日時 8/23(水)〜9/4(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)※ただし、8/29(火)は休館
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー
★主催 おらが湊鐡道応援団

その多様な活動が認められ、平成29年度地域公共交通優良団体として国土交通大臣表彰を受けたばかりという「おらが湊鐵道応援団」。

IMG_3316.jpg IMG_3314.jpg 

活動ダイジェストを見てみると、湊線が廃線の危機を迎えてからたくさんの人々に応援され、愛されてきたのかが分かります。

IMG_3313.jpg IMG_3339.jpg 

今回は、その魅力をアートで伝え続ける応援団の方々がたくさんの作品を展示してくれました。枝の断面に描いた小さな笑顔が花畑のように並ぶ作品や、自然豊かな風景を走り抜ける列車を描いた油彩画などが並びます。

IMG_3319.jpg IMG_3346.jpg

数え切れないほどの写真は、ほぼ毎日湊線を撮り続けている方の作品。これらは、2014年から2017年に那珂湊駅構内に展示されていた作品の中から選りすぐったものだそうです。3ヵ月ごとにかけ替えるそうですが、四季折々の景色の中を走る列車の写真に一つとして同じものはありません…。

IMG_3332.jpg 

また、絵葉書でたどる「観光歴史写真」も展示されています。実は現在の海門橋は5代目だそうで、「橋が流された一時期は渡し船に乗っていた」と昔を懐かしむ声も聞かれました。

湊線へ寄せる皆さんの思いをぜひ感じてみて下さい。心が温かくなる作品展です。
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか 団体・サークル情報 おらが湊鐡道応援団☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1015&from=1&koukai_sinsei_flg=2

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック