CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年07月27日

関アートスクール・デッサン塾作品展

関徹先生が主宰する、ひたちなか市(ナカタニ教室)や水戸市(デッサン塾)などの教室で活動している20名の受講生の皆さんと先生が描いた、デッサン画や水彩画、油彩画などの作品が展示されました。

IMG_2665.jpg

★日時 7/26(水)〜7/31(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


まず先生が描いた「古い時計と雷鳥」と題した油彩画が来場者を迎えてくれます。
油彩画とは思えないほどの細やかなタッチ…。観るものの心が奪われてしまうような作品です(^-^)

IMG_2694.jpg IMG_2676.jpg 

受講生の佐々木さんが、絵画に対する思いを語ってくれました。
「2年前、大島コミュニティセンターの教室に通い始めたことがきっかけで関先生と出会いました。現在は、基本であるデッサンをもっと上手く描きたいとの思いから、水戸のデッサン塾にも行き始め、これからも絵を描くことを中心に生活したい」と、ご自身が描いた作品の前で、関先生とのツーショット写真を撮らせて頂きました。

IMG_2670.jpg IMG_2671.jpg

関先生は多くの絵画教室を主宰していますが、水戸市のデッサン塾は夜間も行っているとのこと。月に数回通う熱心な受講生もいるそうです。

IMG_2679.jpg IMG_2691.jpg

数ある作品の中に、なんとも不思議な絵画が…。近づいてみると、桜の枝にかわいい子ども達の顔が描かれた置物が並びます。作品全体から、子ども達が楽しく遊んでいる雰囲気が溢れていました(^_-)-☆ 

IMG_2686.jpg IMG_2680.jpg 

透明水彩画という技法で描かれたイラスト画には、インターネットを通じてファンもいるほど。また、パステルと色鉛筆で描かれた優しい色合いの作品は、作者自身の詩も添えられており、メッセージが伝わってきます。

他にも、様々な技法で描かれた作品が多数展示されています。ぜひ、コミュニティギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか。
(文責:S)

【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック