CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月11日

游刻会作品展

毎月1回第4水曜日の午前中、市民交流センター2階で活動している游刻会の皆さんの篆刻や刻字、篆書体で書かれた書道などの作品展。無料"篆刻"体験コーナーも同時開催されました。

IMG_1561.jpg

★日時 5/10(水)〜5/15(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


あまり耳にしたことがない「篆刻」という言葉について伺うと、「難しいと思うかもしれないけれど、篆書体という2000年以上前の文字を印石に刻った(ほった)“はんこ”です。日本画や絵手紙、書道にサインとして押されている落款などのことを言い、身近なところで使われているものですよ」と、代表の唐沢さんが分かりやすく説明してくれました!(^^)!

IMG_1563.jpg IMG_1588.jpg

「篆刻の工程は、まず刻る文字を決めます。篆書字典などその文字の由来を調べると、想像が膨らみ新たな発見に繋がります。あれこれ考えながらデッサン画を描き、それを印石に写します。そして印刀で刻り、最後は押して楽しみます」と、篆刻の魅力と奥深さについて語ってくれました。

IMG_1577.jpg IMG_1579.jpg 

体験コーナーで篆刻に挑戦していた男性は、「文」という文字を約40分で仕上げていました。
「初めは、余計な場所を刻ってしまうのではないかとハラハラしていましたが、慣れてくると思い切り刻れるようになりました。自分が描いた絵手紙の落款として使います」と笑顔で話してくれました。

IMG_1572.jpg IMG_1574.jpg

篆刻の他、木を刻って漆の上に金箔を貼った“刻字”や、“二百六十二文字の般若心経”など、普段目にすることが出来ない作品が並びます。

IMG_1568.jpg IMG_1581.jpg

游刻会の会員7名による“篆刻”の世界をご覧に、ぜひギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか。期間中、体験もできますよ!

現在游刻会では、一緒に活動するメンバーも募集中です!(^^)!

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 游刻会☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=1572
(文責:S)

【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1270090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック