CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月15日

アトリエ絵美里作品展

今年も残りわずかとなり、勝田駅前広場には冬の風物詩となったイルミネーションが飾られました。
そして今回のコミュニティギャラリー内には、アーティフィシャル(既製の造花)のモダンアレンジメントを中心に、アトリエ絵美里の皆さんの作品が展示されています♪

DSCF5176.jpg

★日時 12/14(水)〜12/19(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


アトリエ絵美里代表の白土照美先生は、ひたちなか市内のコミュティセンターや福祉施設等で講師を務めるかたわら、個人の方にも指導しているとのこと。
四季折々の花木や草花を使ったアレンジメントをモットーに、季節感を取り入れ、心癒される作品作りを心がけているそうです。

DSCF5178.jpg DSCF5182.jpg 

壁には流れるような、色とりどりのモダンな作品が…。
「水引きにワイヤーを絡め、コサージュ風にアレンジしました。ドアノブに飾るのよ」と白土先生。どの作品からも、先生の創造力が感じられます。
ほかに「低価格の予算で…」とお願いされ、門松風にアレンジした作品も展示されていました。
玄関や出窓などに飾るだけで一機にお正月の雰囲気になるこの作品、材料費は1,000円以下とのこと。びっくりですね(^ ^)

DSCF5188.jpg DSCF5207.jpg

動物シリーズのアレンジメントは、那珂湊コミュティセンターの教室の生徒さんの作品です。
草花の中に愛らしい、リスやウサギが…。古木やコルク等を使い、生徒さんそれぞれが考え制作したそう。
世界に一つだけの作品の数々…。まるで森の中に可愛らしい動物達がいるようなアレンジですね(*^-^*)

DSCF5205.jpg DSCF5206.jpg

あまり目にしたことがない白土先生の立華調アレンジ作品は、「池の坊の立華」と「ヨーロッパのデザイン」を合体した作品。生花のオンシジウムやフリージア、カラー等を使い、お正月をイメージして制作したそうです。

DSCF5193.jpg

この他、椿や金色の水引きを使ったお正月のアレンジ作品も…。

DSCF5192.jpg 

「花で幸せ、愛、優しさ、そして安らぎを感じていただきたい」と活動されている白土先生。
みなさんの思いが詰まった作品を見に、ギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか♪
(文責:S)


【コミュニティギャラリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック