CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

こころとからだの元気Lab.さんの画像
こころとからだの元気Lab.


最新記事
3.11震災支援応援リンク
応援してます
元気Lab.応援隊のHP紹介
カテゴリー
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
リンク集
月別アーカイブ
女性のエンパワー We21ジャパン [2010年01月29日(Fri)]
2010.01.28
お買い物をしたら、地球のためにも、ひとのためにもなっていた!

日本のリサイクル品を日本で売って、海外支援をする・・・・その活動の拠点が、
リユース・リサイクル品の循環により、地域循環型社会づくりをしながら、女性たちが元気に活動している、「We21ジャパン」のリサイクルショップ「WEショップ」。

リサイクルショップというと、収益は低いイメージ。
リサイクルショップが、海外支援まで出来るほど、どうして経営が成り立つのか?
NPO活動として運営が成り立つのか?などなど、はてな の興味がいっぱいの中、
We21ジャパン理事長である郡司真弓さんに、WEショップいずみ中田店でお話を伺いました。

おもちゃ目当てに来店していた小学生、
おしゃれな服を見ていた若い女性、
食器などを眺めているご年配の女性、
店番、事務、経理をボランティアで手伝っている女性たちの姿と、
2時間の間、人の動きが絶えることがなかった。


↑購入した150円の手編みのマフラー
やっぱり安いですよね・・・・・・明るい店内には、寄付されたリサイクル品、リメイク品や手作り品が整理整頓されて並んでいる。

いつ、新しいものや、珍しいもの、お買い得商品が入ってくるかわからないワクワク感、
なんでもあるから、いろんな世代の人が、いつでも買い物が出来る場所が「リサイクルショップ」。

近所の憩いの場的存在・・・・
だからこそ、不特定多数に情報発信もできる。
そして、いつでも、ボランティア募集♪様々なところにアイデアがいっぱいつまってます。

エネルギッシュな郡司さんのお話を伺っていたら、答えは簡単でした。

NPOとしての活動だからこそ、成り立つ仕組み、
そして、リサイクルショップという事業そのものに秘められた利点がたくさん見えてきました。
探せば、いくらでも夢が広がるリサイクルショップだったのです。
なんだか、とっても楽しい気分になってくるお話ですね笑顔

リサイクル品を寄付する人、
お店で手伝いをする人、
リメイクする人、
会員になる人、
そして、お買い物をする人、

地域の方たちが自分たちの手で協力することで、地域の資源である「ヒト」「モノ」「カネ」が循環する。
やはり、こちらも小川町のように、地域のつながりとお互いの協力あってこその成功なんですね。

ひとりひとりの思いや意思が反映され、目に見える支援や活動もポイント。
「ものを買うことで、・・・を支援している」、お金を寄付するだけより、わかりやすいですよね。

やってみよう!と思った市民ひとりひとりが出し合ったお金と知恵と労力で運営され、
ショップの収益は、アジアの女性たちの自立支援にも活かされますが、地域へも還元。
地域のために、どうお金を使うかは、各ショップのメンバーである自分たちで決める。
このシステムがさらに、運営の糧となって成長し続けているのですね。

地域のつながりの場の「居場所づくり」、「拠点づくり」にも力を入れているそうです。

はてなボランティア団体でお悩みの種の、ボランティアが長く続くための秘訣は?
この問題はどの団体でも永遠の課題で得策はないそうですが、自己決定と参加型の運営だからでは?とのこと。
「まかせる・・・・」
上から言われて動くだけでなく、自分たちの意思を反映しながら運営できる体制。
やりがいもでてきますよね。
そして、人のためだけではなく、自分のためにもなること。スキルアップできること。

情報共有や勉強会、リスク管理、WEBや広報などの本部支援のほか、
各地域で決定権があり、スタッフやボランティア配置、イベント開催、キャンペーンの支援先も独自に決定し、地域の特性を生かしながらの運営。

WE21ジャパンいずみでは、2月はバレンタインにちなんで、
500円の募金で白血病に苦しむイラクの子どもたちの薬代の支援(JIM-NET/日本・イラク医療支援ネットワーク)のキャンペーンをしています。

←特製チョコ(イラクの子どもたちの描いた絵付)がもらえます。

なんのために、どこに支援するかを自分たちで決めると、楽しくてやろう!という意欲も湧いてきます。

確かに寄付する側も、何に使われるのが明確にわかると寄付のしがいもあり、
「チョコでイラクの子どもの支援したのよ・・・」と、小さな社会貢献が目に見えてきますね。

本部である「WE21ジャパン」と連携をとりながら、神奈川県35の地域で、53もの店舗が稼動している。
そして、
神奈川にある店舗は、今まで1店舗も閉店していないというのは、とても魅力を感じます。
経営は順調な店舗ばかりではなく、地域の協力があって立ち直った店舗もあるそうです。

リサイクル品も売れそうな店舗へと循環し、各地域間のネットワークで協力。

考え方、アイデア、方法など秘策がいっぱいですが、
なにより「女性たちがお金を持つこと、お金をマネージメントすること」が鍵だそうです。
女性のエンパワーメントですね。

元気になれるお話ありがとうございました。
北区でも、こんな、憩いの場でもある活動の拠点づくりしましょう!


WE21ジャパンのホームページは ・・・・ → こちらから♪


・・・・・WE21ジャパンのイベント・・・・・・
クローバー第2回WEフェスタ もったいないを活かそう

日時:2010年2月23日(火) 11時〜18時 & 24日(水) 11時〜16時
場所:かながわ県民センター 1階展示場(横浜駅西口徒歩5分)

・全国からの寄付品販売
・地域NPOのリメイク作品展示・販売
・リメイク体験
・古布で作るアート作品展示

Posted by 元気Lab. at 22:10
この記事のURL
http://blog.canpan.info/genki-lab/archive/299
コメントする
コメント