CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
第33回全国選抜大会 指宿市のご紹介

大会開催地の「指宿市」。古くから、指宿温泉と砂風呂の名で知られる観光の町。
最近は、市長の「アロハ宣言」でも有名になりましたね。

IMG_20180518_104644_369.jpg

ここ指宿市での全国ゲートボール大会が開催されるのは3回目。
2002年には、「ふれあいプラザ なのはな館」で第4回全国社会人大会。
2012年には、今回と同じ「指宿市市営陸上競技場」で第27回全国選抜大会。
そして、2018年、今回の第33回全国選抜大会。

さらに言いますと、
2年後の2020年の「燃ゆる感動かごしま国体」の時も、
ゲートボール競技会は、今回の「指宿市営陸上競技場」で開催の予定です。

そんな指宿市のみどころを一つご紹介。

会場のすぐ近くに、「縁結びの島」で有名な知林ヶ島があります。

IMG_0019.JPG

「島」だけに、普段は離れているのですが、潮の関係上、
3月から10月に限り、かつ時間帯によって、島までの道ができあがり、
歩いていけるときがある。というのですが、今が、まさにその時、

こんな感じになります。

IMG_0023.JPG

今の時期は、午後がその時間帯だそうです。
くれぐれも、島から戻ってくる時間を注意して、
ぜひ、「幻の道(砂州)」を体験してください。

IMG_0021.JPG

島に渡るときは、ちゃんと注意事項を読みましょう!

そのほか、指宿市の情報は、観光協会ホームページをご覧ください。
公益社団法人指宿市観光協会ホームページ
投稿者:JGU カテゴリー:選抜大会 コメント:0

コメント

▲ ページの先頭へ