CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成25年 活動報告会を開催しました。 [2013年12月07日(Sat)]

今年の活動報告会は、一昨年と同じ、御茶ノ水の杏雲ホールにて行いました。

IMG_1215.JPG

時節柄寒い時期ではございますが、お申し込み下さった25名のうち、

事前に遅れると連絡のあった方以外全員が5分前行動にて集合なされましたので

予定よりも早く開始いたしました。


まず、宮本理事から、昨年度の活動報告についての講演があり

次いで渡辺理事長から、今年行われた乳がん学会と絡めて

「 乳癌学会改革を通して学んだこと 」についての講演がありました。

がん情報局のサイトに使用したスライドをup致しましたので、詳細はそちらをご覧くださればと思っておりますが

活動内容の解説から、アンケート結果の紹介や参加者の内訳、会計報告まで、ご支援くださった方々への説明責任を果たすことができたと思います。

懇親会でも話が途切れることなく会話が交わされ、多分に情報交換することができました。

がん情報局からのTake Home Messageとしては

・成熟したNPO法⼈となるためには、時代のトレンドの最中に⾝を置かなくてはならない

・NPO法⼈がん情報局のタスクは、情報の発信、⼈材の育成、協調の構築である

⽇本と世界との架け橋になり、がん医療のstate of the artの向上に努めていく
たちてんwebカンゴ [2013年08月12日(Mon)]

浜松を中心に、全国をつないで行う「たちてんwebカンファレンス」では、病院と地域の壁を越えて一つのテーマについて活発に意見交換が行われています。

今日は、看護師が中心の「たちてんwebカンゴ」です。
スクリーンショット 2013-08-12 19.27.21.png
(スライドは消去しています)

北海道から九州までの病院の看護師さんが、ひとつの事例について熱心に意見交換をしています。
現場で一番患者さんに近いところに居る看護師さんたちの、真剣な意見が飛び交います。

このしくみは、音楽のヤマハよりサウンドシステムと、オンライン会議のVcubeによるビデオ会議システムを提供していただき、運営されています。
スポンサー企業の皆さんに支えられて、がん情報局は正しい情報と学ぶ場を提供しています。

■ご支援ありがとうございます
ヤマハ株式会社
プロジェクトフォン
http://www.yamaha.co.jp/projectphone/


株式会社ブイキューブ
ビデオ会議システム
http://jp.vcube.com/
乳がん市民公開講座を行いました [2013年08月12日(Mon)]

2013年6月30日(日)
第21回 日本乳癌学会 学術総会とコラボして、
いつもの市民公開講座のような、乳がん公開セミナーを
開催致しました。
沢山の皆様のご参加ありがとう御座いました。

ーーーーーーー

第21回日本乳癌学会学術総会は浜松市で開催されました。
http://www.med-gakkai.org/21jbcs/

3日間、たくさんの乳がんに携わる医療関係者が浜松にお越しになりました。
会場は、いつも市民公開講座を行うアクトシティ浜松です。

その会場で、「P1グランプリ」が開催されました。
P1???→「ご当地ピンクリボングランプリ」
P1グランプリのページ
http://www.med-gakkai.org/21jbcs/p1/


20130630.JPG
リボンヌも出場しました。

浜松のゆるきゃら、家康くんもリボンヌブースに応援にきてくれました。
201306301.JPG


その傍らで、リボンヌちゃんのPRを一緒に進めている「のりべーション(浜名湖のりブランド推進協議会)」と一緒に、お土産ブースをやりました。こちらにも家康くんが応援にきてくれて、もりあがりました。
201306302.JPG

次回の乳がん市民公開講座は、2014年2月に開催予定です。
詳細は、年明けごろホームページでお伝えします。みなさまの学びたい気持ちに応えるプログラムを用意します。

■情報はこちらから
がん情報局ホームページ
http://www.ganjoho.org
メールニュース登録
http://www.ganjoho.org/mail/index.html
ピンクリボンケーキができました [2013年05月23日(Thu)]

こんにちは。がん情報局です。

じゃじゃーん。かわいいコラボスイーツが登場。
ピンクリボンをモチーフにしたケーキができました。

983929_621162317913770_950803233_n.jpg
浜松ご当地ピンクリボン「リボンヌ」ちゃんのイメージです。

リボンヌちゃんはこちら。
pinkunagi.jpg
浜松の名産品、うなぎのピンクリボン。
目がぱっちりして「見える診療」を表しています。

この素敵なピンクうなぎリボンスイーツは、6月にホテルコンコルド浜松のカフェに登場する予定です。お楽しみに。

ホテルコンコルド浜松ホームページ
http://www.concorde.co.jp/
【大腸がん】市民公開講座の準備、進んでいます [2013年04月16日(Tue)]

次の日曜日に迫った大腸がん市民公開講座、準備が着々と進んでいます。

今日は、人気の「あなたの疑問に何でも答えます」のスライドについて話し合いです。
熱い議論が続いています。
20140416.JPG

参加申込はホームページでも受付中です。
20140416daicho.png
↑画像クリックでがん情報局ホームページに移動します


事前申込いただいた方には、招待状(はがき)をお送りしています。
ホームページの申込が終了後は、直接会場にお越し下さい。
(当日満席の場合は、お席がご用意できない可能性があります。ご了承ください。)

みなさんの参加、お待ちしています。一緒に大腸がんの最新情報について考えましょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第4回 大腸がん市民公開講座
ここまで進んだ!大腸がんの薬物療法

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
日時:平成25年4月21日(日) 13時〜17時
場所:アクトシティ浜松コングレスセンター 4階

★第一部:大腸がんの最新抗がん剤治療
       -分子標的、個別化、医療費の視点から-
★第二部:あなたの疑問になんでも答えます

参加方法:ホームページ・FAXでお申し込み下さい
     http://www.ganjoho.org    
     FAX 053-459-1501
申込用紙PDF こちら

参加費:無料
お問い合わせ:がん情報局
       053-459-1500
       〒430-0929
       浜松市中区中央三丁目6番13号
       浜松オンコロジーセンタービル 2階



<事務局より お知らせ>
市民公開講座などの情報のお知らせメールに登録しませんか。開催情報を随時お送りしています。無料、随時発行。申込みはこちら
第9回 中部乳癌会議 [2013年03月12日(Tue)]

先日の3月2-3日に、愛知県大府にある、愛知県健康プラザにおいて
第9回 中部乳癌会議が開催されました。

この回には、第5回より事務局として参加し、
第6回より、がん情報局の主催として開催させて頂いている会で
愛知がんセンターの岩田先生、澤木先生、名古屋市立大学の遠山先生を中心に
ディベートを学ぶ会として定着しています。

対象は、若手?な医師ですが、
第1回はともかく、現在は40歳代の方まで参加されています。

まず、渡辺先生のSt.Gallenに関する基調講演から始まり、
写真 (2)_1000.jpg

部屋を移って夕食を食べながら事前に配布されているディベート4題×2案のうち
当日、班分けの発表の際に自分がどれに該当するか知り、
4人程度の班員と一緒に、ディベートに対する準備を行うのです。

施設も年齢も経験も違う4人が
インターネットやガイドラインを駆使して
ディベートに関する理論武装していくさまは
さっきまで知らない者同士絆をどんどん強くしていきます。

ディベートが開催されるのは、2日目の午前中。

よって、実質の作業時間は18時から22時位まで、4時間でしょうか。

その後は、更に親睦を深めるべく、飲み会に突入します。

今年は、「 男の魅力に、秘密が必要か否か? 」で盛り上がりました。
なんのこっちゃ。

でも、その道の専門家の先生方と、ガイドラインの話から
他の施設の現状や方向性、海外の学会の話や、今年の乳癌学会の話など
夜遅くまで飲み明かしたのでした…。

今年のディベートは、いつになく白熱したディベートの応酬でした。
写真 (3)_1000.jpg
15th乳がん市民公開講座@アクトは2月17日(日)、あと4日。 [2013年02月13日(Wed)]

15回目の乳がん市民公開講座について、本日静岡新聞朝刊に紹介されました。

20130213_shizushin.jpg
↑クリックで拡大します

昨日は事前会議。
みなさんから頂いた事前質問に対する回答について、遅くまで会議(討論会)でした。頂いた質問は日頃皆さんが悩んでいることですから、先生たちも真剣にわかりやすくて正しい情報をお伝えできるように、気合をいれて作っています。

写真.JPG
こうした事前会議を数回経て、あのスライドは作られています。

残すところあと数日、準備も最終段階です。
当日、会場でお目にかかることを一同楽しみにしています。

*事前申込なしでも当日参加可能です。その場合、受付の混雑などで少しお待ち頂くことがございます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第15回乳がん市民公開講座
平成25年2月17日(日)13時〜17時
場所:アクトシティ浜松コングレスセンター3階
「乗り越えよう!抗がん剤の副作用」

*第一部 基調講演*
抗がん剤と副作用への誤解を解く
演者:勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院)
司会:渡辺 亨(浜松オンコロジーセンター)

*第二部 パネルディスカッション*
あなたの疑問に何でも答えます
司会:小倉廣之(浜松医科大学乳腺外科)
   曽我千春(株式会社VOL-NEXT)
パネリスト
  :渡辺 亨(浜松オンコロジーセンター)
  :吉田雅之(聖隷浜松病院)
  :勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院)
  :徳永祐二(浜松医療センター)
  :後藤圭吾(磐田市立総合病院)
  :天野一恵(浜松医療センター)
  :宮本康敬(浜松オンコロジーセンター)

◇参加費:無料
◇参加方法:事前申込が必要です。

◇申込方法
1)FAXもしくは郵送の場合
氏名・住所・年齢・性別・公開講座参加回数・乳がんについての質問を記載して事務局宛に申し込み下さい。

2)ホームページ経由
がん情報局HPをご覧下さい。*まもなく受付開始いたします。
http://www.ganjoho.org

◇申込と問合せ
〒430−0929
静岡県浜松市中区中央三丁目6番13号
NPO法人がん情報局市民公開講座事務局宛
FAX:053−459−1501
リボンヌコラボ商品開発で、感謝状をいただきました [2013年02月08日(Fri)]

全国的に2月6日は「のりの日」。当団体の本拠地浜松市のご当地特産品「浜名湖のり」の商品発表会と表彰式が浜松コンコルドホテルで盛大に行われました。

NPOがん情報局は、浜名湖のりPRを行う「のりべーション」の皆さんとコラボした商品「リボンヌ×大凧のりせんべい」について感謝状をいただくことができました。


のりべーション記事.jpg

ここをクリックすると新聞記事をPDFで表示します


ご当地ピンクリボンとして、うなぎの顔がついた「リボンヌ」ちゃんを使ったお菓子やグッヅのコラボ製作を通し、多くの方に乳がん検診や治療について考えて頂く機会をこれからも作っていきます。

おいしい浜名湖のり製品でいつも応援してくださる浜名湖のりブランド推進員会の皆さま、いつもありがとうございます。これからも、リボンヌとピンクリボン活動応援よろしくおねがいします。

**おまけ
のりの日については、全国海苔貝類漁業協同組合連合会のHPをご覧下さい。
http://www.zennori.or.jp/day.html

本年度最後の薬剤師セミナーが無事終了しました [2013年01月31日(Thu)]

薬剤師の勉強会「浜松がん薬剤療法セミナー」が無事終了いたしました。
本年度は全4回行い、最終回のこの日も沢山の質問が出ました。

薬剤師セミナー4回.jpeg

来年度はこんな議論をしたいですね、という課題も出てきました。これからもがん患者さんとご家族が安心してよりよい治療を続けられるように、専門職セミナーを開催していきます。

現在募集中のセミナーについてはホームページで募集しています。
web http://www.ganjoho.org
第5回看護フォーラムを開催します [2013年01月31日(Thu)]

各専門職がチームを組み、各々の専門性でよりよいケアが提供できるように、がん情報局では専門職向けの勉強会を実施しています。

今週土曜日は、がん看護を深める「浜松がん看護フォーラム21」を開催します。
「浜松」と表題につけ、浜松から日本全国、世界へと発信できるような看護フォーラムを目指しています。もちろん浜松外のがん看護に携わる看護師の皆さんも参加出来ます。
過去4回も活発な議論が行われました。ぜひ、参加してみませんか。
事前申込が必要です。申込方法や内容は以下をご覧ください。

******************
第5回 浜松がん看護フォーラム21
hamamatsu cancer nursing forum21

乳がんが⽪膚に転移すると、潰瘍を形成し、浸出液が浸み出したり、出⾎したりします。
また、感染を伴うと悪臭が発⽣し、いずれも患者のQOL を著しく低下させます。今回は、
このような乳がんの⾃壊創をテーマに取り上げ、事例検討を通して学びます。
活発な討論をして、⽇々の看護に役⽴てればと思います。皆様におかれましてはご多忙中の
こととは存じますが、ぜひともご出席賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

⽇時:平成25 年2 ⽉2 ⽇(⼟)
13 時30 分〜 17 時00 分
場所:浜松医療センター 3 階 講堂
〒432-8580 静岡県浜松市中区富塚町328
■基調講演1 臨床に役⽴つ乳がん⽪膚転移の話
 浜松医療センター 乳腺外科⼩林 英絵 先⽣
■基調講演2 乳がん⾃壊創のケア
 JA 静岡厚⽣連 遠州病院
 ⽪膚・排泄ケア認定看護師 森 和美 先⽣
■グループワーク乳がん⾃壊創の看護について
 松医療センター がん看護専⾨看護師⼩野⽥⼸恵 先⽣

参加費1000円 事前申込必要
申込方法:webより http://www.ganjoho.org
主催:NPO法人がん情報局

第5回看護フォーラム_案内状.pdf
| 次へ