CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«筑波大学附属坂戸高校【プロジェクトワークF】 | Main
筑波大学附属坂戸高校【プロジェクトワークG】 [2011年08月30日(Tue)]

8月20−21日夏合宿!
各グループにわかれて、活動内容についてみっちり詰めてもらおうと、1泊2日の夏合宿を決行しました。
宿泊場所は学校の合宿所を先生に手配していただき、授業はクーラーのきいた(!)パソコン室で行いました。

この合宿の目標――――
★9月からNPO活動を行えるような体制にすること!活動計画書の作成。
★活動していくにあたって、グループメンバー同士で共通の認識を持つ!

【1日目】14時スタート。
まず、社会問題を捉えたビデオを3本見てもらい、それぞれの社会問題とそれを解決するためにどのような活動を行っているか、考えてもらいました。
それから、日本財団で取り組んできた「モンゴルの置き薬事業」を事例に、芳川から活動計画書の作り方を説明。



活動計画書の作り方を説明


その後、各グループに分かれて以下の点に気をつけながら活動計画書の
作成にとりかかってもらいました。
・問題の設定が正確?
・受益者や社会のためになっている?
・活動の目標は明確?
・具体的な計画を出せる?


インターネットに掲載されている情報も参考に、みんな、なんとか計画書を作成しました。
第1日目の授業は18時半で終了。

夕食は近くのファミリーレストランで。
そのあとは順番に合宿所のお風呂入り、恒例の枕投げや、トランプをして盛り上がっていました。23時就寝(ちゃんと寝たかは??)。

我々メンバーと先生は、深夜まで各グループの活動計画書をみっちりチェック。
明日、各グループにフィードバックする内容を打ち合わせしました。

【2日目】7時起床。各自朝食。掃除。
8時40分授業開始。

各グループへのフィードバック。我々メンバー3人がそれぞれ担当する2つのグループに対してフィードバックを行い、それを元に2学期の最初の授業(9月10日)までにワンアクションを起こす計画を立てました。


そして、最後に合宿の成果を発表!
7月13日の授業で初めて発表したときよりもだいぶ前進しました!
より具体的な社会問題、解決手段、活動内容がでてきました。
あとは、実際に行動してみよう!

そして夏合宿の目標にしていた
★9月からNPO活動を行えるような体制にすること!活動計画書の作成。
★活動していくにあたって、グループメンバー同士で共通の認識を持つ!
の点については80点くらい?の出来ではないでしょうか!






コメントする
コメント