CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

起業支援ネットさんの画像
リンク集
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
河戸
起業の学校9期 第12講 (01/06)
http://blog.canpan.info/gakko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/gakko/index2_0.xml
起業の学校【通信クラス】第5期生 募集開始!(2017年7月締切・8月スタート)[2017年07月03日(Mon)]
起業の学校の【通信クラス】の生徒募集が始まりましたので、ご案内させていただきます。
カリキュラムを刷新しての第5期募集となります。
ご関心のある方はぜひ!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
      起業の学校 通信クラス      
        【2017年第5期】
       生徒募集のご案内
    申込〆切:2017年7月25日(火)
   http://www.npo-kigyo.net/school-tsushin/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2005年に開校し、今年13年目を迎える【起業の学校】。
起業の学校の本校は、土曜日に通学していただくスタイルをとっていますが、「遠方で通えない!」「土曜日は予定があって参加できない!」「育児で(介護で、療養で)、長時間の外出が難しい!」いう声をいただいていました。

通いたくても距離的・時間的に難しい方、起業したい想いはあるけれど通学はハードルが高そうだと入学をためらわれていた方、ぜひ「起業の学校 通信クラス」を受講してみませんか?
Eメールを中心としたカリキュラムと、期間中4回のスクーリングで、想いをカタチにし、起業に踏み出すための第一歩をサポートします。

--------------------------------------------------------------
 ◆こんな想いをお持ちではないですか?
--------------------------------------------------------------
 □ 自分らしい生き方・働き方を実現するための行動をおこしたい!
 □ 自分の中で漠然としているやりたいことを明確にしたい!
 □ やりたいことはあるけど、一歩が踏み出せない!
 □ すでに起業しているが、もう一度理念から見つめ直したい!
 □ 起業家的な思考・発想を身につけたい!

--------------------------------------------------------------
 ◆通信クラス 3つのポイント
--------------------------------------------------------------
−● 身の丈の起業を支援して20年超の実績
起業支援ネットは、身近な地域の困りごとに何とか取り組みたい人や、小さいけれども大切に夢を実現したいという人を応援したい想いで、プロのコンサルタントではない普通の女性が20数年前に立ち上げた団体です。
あれから20数年が経ち、コミュニティビジネスやソーシャルビジネスという言葉も生まれ、世の中の支援体制も変容してくる中、“人”としての起業家に寄り添い続けたいと願う私たちの支援姿勢は一貫して変わっていません。
当校の通信カリキュラムには、この20数年の実績とノウハウと想いが詰まっています。

−● 好きな時間に好きな場所で
通学と違って、何曜日でも、何時でも、あなたの好きな時間に取り組めます。
場所も、自宅で、カフェで、旅先で、あたなの好きな場所で取り組むことができます。

−● 一人だけど、一人じゃない
通信はひとりだけの孤独な学びのイメージが強く、それだと続けるのが不安な人もいると思います。
起業の学校では、同期生との交流も大切にしています。提出課題のフィードバックやスクーリングを通じて、同じく受講する仲間とのつながりができます

--------------------------------------------------------------
 ◆募集要項
--------------------------------------------------------------
期間:2017年8月〜2018年2月(7か月間)
※ 約2週間に1度の頻度で、出題された課題を提出していただきます。

スクーリング(対面授業):
 8月5日(土)13:30〜17:30
 10月14日(土)13:30〜17:30
 12月9日(土)13:30〜17:30
 2月24日(土)9:30〜16:30

定員:12名[先着順]

授業料:70,000円(消費税込)
※ 教材費、当校からの教材送料、スクーリング授業料を含みます。
※ スクーリング参加時の旅費、課題提出時等の送料はご負担ください。

留意事項:
□ 受講生の皆さまとのやりとりには、主にE-mail(ファイルの送受信含む)やWeb視聴等を使用いたします。E-mailとWebブラウザを利用できるPCもしくはタブレット端末、および通信環境をご準備ください。
□ 上記環境がない方(スマートフォンや携帯電話しかない方など)は、ご相談ください。

入学申込:〆切2017年7月25日(火)
お申し込みご希望の方は、下記URLより入学申込書をダウンロードの上、お申し込みください。

--------------------------------------------------------------
 ◆お問合せ・ご質問・ご相談等
--------------------------------------------------------------
ここにあるだけの情報ではお迷いの方も、きっといらっしゃると思います。
入学してから、「こんなはずじゃなかった!」となるのは、お互いに辛いこと。
そうならないためにも、お迷いの方は、下記事務局宛にお気軽にお問い合わせください。
電話でもメールでもFAXでも結構です。名古屋近郊の方は、直接事務所に来て相談いただくことも可能です。

--------------------------------------------------------------
▼Webサイト ※スマホ非対応: http://www.npo-kigyo.net/appli-tsushin/
▼案内チラシ(PDF) [ダウンロード]
▼入学申込書(Wordファイル)[ダウンロード]
 入学申込書(PDF)[ダウンロード]
--------------------------------------------------------------

_/_/_/_/_/お問合せ等 及び お申し込み先_/_/_/_/_/
NPO法人 起業支援ネット 通信クラス係[担当:久野・戸上]
〒453-0041 名古屋市中村区本陣通5-6-1 地域資源長屋なかむら2階
Tel 052-486-4101 Fax 052-486-4103
E-mail aile[アット]npo-kigyo.net([アット]を@に書き換えてください)
Webサイト http://www.npo-kigyo.net/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

起業の学校_通信クラス_表.jpg

起業の学校第13期 第2講(6/3)[2017年06月23日(Fri)]
戸上です。起業の学校2日目の報告をします。

先回第1回目では、理念形成を行ったわけですが、あれはどちらかといえば、作成手順の練習でした。情報編集技術の粋を集めた(と言いたくなる ^^; )ワークシートを使うのですが、初めて使う場合は、理念の中身を作ることと、手順を覚えることの両方を一遍にしないといけないので、どうしても熟考した結果になりにくいところがあります。
ですので、授業では手順を覚えてもらって、熟考するのは宿題としたわけですが、この日はまず、その宿題を発表し合いました。

IMG_0946.JPG

世の中には、いろんな企業や団体さんが「理念」を掲げていますよね。「理念とはこういうもの」という決まりが特にあるわけではないので、各社いろんな価値観に基づいて表現されています。なので、私たちが「理念とはこういうもの」と示しても、そうじゃない事例が山のようにあるので、なかなか説明するのが難しい面があります。
私たちは理念を「究極の目的」と説明することがありますが、これとて「それ、手段じゃない?目的になってないよ」と思って、生徒さんに問い質したとしても、その人にそれ以上の目的が出てこなければ、それがその人にとっての「究極の目的」になってしまいます(本当はまだその奥には目的があることが多いのですが、この時点では言語化できていない、というのかな)。結局は、その人が現時点で一番納得する理念を作ってもらうことを大切にしています。
宿題とはその「現時点」で一番納得する理念を作ってきてもらうことだったわけです。

ですので、今後授業を進める中で、理念ワークをもう一度したくなったと思ったら、ぜひ積極的に行ってください。その時点その時点での最高に納得感の理念から常に出発してください。
(時々言っていますが、理念は考え始めてから固まるまでに、おおよそ10年かかるそうです。)


宿題発表を終え、今日の午前の授業は、事例研究です。
今年も、株式会社コミュニティタクシー(岐阜県多治見市)を事例に使わせていただきました。

IMG_0956.JPG

その企業が、どんな理念から始まり、どんな課題・顧客・ニーズに対し、どんな商品・サービスを提供し、そのことでどんな価値と社会的意義を生み出したのか、といったことを、事例から紐解いていきます。
事業計画書にも似たような項目を整理していくわけですが、事例研究の良いところは、既に成果が見えるところ。起業志望者にとっては、事業計画と事例研究の違いは、それが未来形か過去形かの違いでしかない、とも言えます。つまり、事例研究をしながら、実は事業計画の仕方を学んでいることになるのですが、そのことに生徒さん達が気づくのはまた当分先だったりします(^^)

IMG_0966.JPG

午後は講義から。
「未来デザイン」という、起業の学校がベースにしている思考プロセス技法を説明しました。「理念」は作りましたが、「次は何するの?」と不安に思っている生徒さんもいたことでしょう。プロセスの説明を通して、今後の見通しを説明することにしました。
(これも面白いもので、見通しを見せられなくても目の前に出された課題を黙々とこなせる人と、目の前の課題をした後は何をしてその次は…、というように先々の見通しがあることで力を発揮する人といます。ここの講義は、見通しがあった方がよい人のためにも必要な講義 ^^ )

IMG_0982.JPG

しかも、主観と客観をはき違えることが多数発生し(現状というのは「客観」です)、そうすると、現状把握の質が恐ろしく下がることになります(「思い込み」や「決めつけ」が入ってしまうと現状を見誤ることに繋がります)。

ただし、ここの質は技術的に向上させることができるもの。いくつもの注意点を伝え、授業中に練習も行ったした上で、「現状把握」を宿題にし、この日の授業を全て終えました。

皆さん、一日お疲れさまでした。IMG_0958.JPG

起業の学校第13期 第1講(5/20)[2017年06月16日(Fri)]
起業の学校第13期が始まりました。
今年もブログは、主に戸上が担当いたします。よろしくお願いします。

今年の入学者は9名。会場は、ここ数年使っていた久屋大通の会議室ではなく、愛知学院大学名城キャンパスの教室をお借りすることになりました。
教室の西側の壁一面が窓になってる部屋なのですが、なんとそこから名古屋城と名城公園が一望できるような、なんとも贅沢な眺望の教室です!

お互いに緊張しがちな初日のはずなのですが、皆さん、来てすぐに眺望を見て「うわー、すごーい」で始まるので、心なしか例年より和やかな気持ちで始まったような気がします。
(そうか、ファシリテーターの力量不足も、景観の力を利用すればよいのか、とファシが実は苦手な私なんかは思うのでした ^^; )
しかし、この眺望に見とれていたのは午前まで。午後からは西日が……汗;; あわててブラインドを下ろしました。

さて授業初日の最初は、お約束のオリエンテーション。授業を受けるにあたっての注意事項などを確認していきます。

IMG_0874.JPG

そして、次もお約束の「インタビューゲーム」。ペアになって、お互いにインタビューをし合います。
ルールは3点(これもいつもお約束 ^^ )
・何を聞いてもよい。
・話したくないことは話さなくてよい。
・聞かれていないことでも話してよい。

インタビューした内容は文章にまとめ、それを元に全員の前で他己紹介を行いました。

毎回そうですが、生徒さん達の入学された動機も、起業への具体性も、実に様々。まだ起業に対して漠然とした想いしかない人は、イメージが具体的な人の話を聞いて、内心ビクビクしたり、ということもいつものこと(^^;) とはいえ、こちらとしては、この段階で起業イメージが具体的であろうが抽象的であろうが、全く気にしません。これまでにも、具体的なイメージを持って入ってきた人が、卒業時には全く異なる事業計画を作った事例が結構ありますから(^^)

午後からは、いよいよ起業のプログラムに入っていきます。
初回は、これもお約束の「理念」の話。
卒業生のアンケートでは「理念ばかりさせられた」と書かれたりするのですが、実は理念の授業はこの半日の授業とワークだけなんです。それだけ印象深い半日ということでしょうか。

IMG_0931.JPG

この日の講義では、「起業家ってどうしてエネルギーに溢れているのだろう」という話から、理念を紐解いてみました。
起業家って、ある目標を「達成したい」「成し遂げたい」という強い思いがある人、多いですよね。たとえ見た目はエネルギッシュでない穏やかそうに見える人でも、よくよく話してみると、夢に向かうことには頑固だったりします。しかも起業家って、ある目標を達成したと思ったら、また次の目標を立てては前へ進もうとしたりします。
そういったエネルギーってどうやって生まれて来るのでしょうか。

起業家にとって、もちろんビジネスモデルの作り方も、事業計画書の作り方も大事なのですが(そしてそれは起業の学校でもお教えするのですが)、実はこのエネルギーを湧き出させる源泉を持っているかどうかが、本質的には大事なのではないかと感じます。
そのエネルギーの源泉が、「理念」、なのかもしれません。

しかも理念は、一生のうちで達成できないものであっても構わないとされています。つまり、誰かが想いを引き継いでいくものでもあるわけです。そういう意味では、「代わりの利くもの」でもあります。ナンバーワンでなくてもいいのはもちろんですが、オンリーワンでなくてもいい、とも言えるでしょうかね。
思えば、ナンバーワンもオンリーワンも、孤独なイメージが若干しますが、理念に孤独は無縁です。理念には人を巻き込む力が備わってなければならないからです。


そいうわけで講義のあとは、いよいよ自分の理念をつくるワークです。

IMG_0933.JPG

生徒の皆さんは、本当に真剣になって自分の内面から「理念」を絞りだそうとした経験は、おそらくないと思います。やろうと思っても、どうやったらいいのか分からなかったかもしれません。
今回も、おなじみの情報編集ツールを使って、自分の頭の中や腹の中にある想いを全部吐き出してもらって、「想い」の情報を編集していきました。
初めての作業に、戸惑いもあったかと思います。これでいいのか心配になった人もいるでしょう。
気休めを言えば、「理念は1回ではできません」(^^;)
一度作ってみて、しばらく経ったら、また作ってみて……。そうしているうちに、最初はぼんやりしてたり、雑念が混ざっていたりしたものが徐々に輪郭をくっきりと浮かび上がらせてくるものです、たぶん(注:人によって感じ方は違うとは思います…)。


ワーク終了後、すっきりした人もすっきりしなかった人もいるかと思います(今年はすっきりしなかった人がほとんどだったかなぁ)。
でも大丈夫(^^)
なぜなら、宿題は「理念のワークをもう一度最初からやり直してくる」というものだからです。
すっきりしてもしなくても、とにかく、現時点で自分が納得する理念を作ってきてください。

ということで、皆さん、お疲れさまでした。
頭をかなり使ったと思いますので、冷やすことも忘れないようにしてください(^^)

起業の学校 第13期募集開始しました![2017年02月21日(Tue)]
身の丈の起業を学ぶ【起業の学校】。
2017年5月より第13期を開講いたします。

起業という物差しを当てることで、自身と社会の関わり方を
考える”命の使い方を学ぶ場所”として歴史を重ねてきた
起業の学校。

現在、資料請求、説明会・無料公開講座への参加の申し込みを
受け付けておりますので、ご関心のある方は是非ご連絡ください。

---------------------------------------------------------
          起業の学校
        <名古屋キャンパス>
       第13期 生徒募集のご案内
    http://www.npo-kigyo.net/school-nagoya
---------------------------------------------------------

身の丈・コミュニティビジネスの起業をサポートする起業の学校。
この度、第13期を開校することとなりました。

  □「身の丈ビジネス」という言葉が気になる
  □志を持つ「仲間」と関わってみたい
  □すでに起業しているけれど、もう一度理念から見つめ直したい
  □地域や社会に対して、自分ごととして関わってきたい
  □自分と社会とのつながりを具体的にデザインしたい

皆さんのご参加をお待ちしております!
----------------------------------------------------------------------
 ★起業の学校<名古屋キャンパス> 13期概要
----------------------------------------------------------------------
 期間 【前期課程】2017年5月20日〜9月30日(隔週土曜日開催)
    【後期課程】2017年10月21日〜2018年2月24日(月1回開催)
     ※原則として通期受講をおすすめします
     ※後期課程のみの受講は、起業の学校卒業生に限ります

 料金 【前期・後期受講】192,000円
    【前期課程のみ 】148,000円
    【後期課程のみ 】 62,000円

 定員  12名(先着順)

 〆切  定員になり次第締め切ります。

 ホームページ  http://www.npo-kigyo.net/school-nagoya

----------------------------------------------------------------------
 ★開校に先立ち、説明会と無料公開講座を開催します。
  起業の学校の空気感に触れてみませんか?
----------------------------------------------------------------------
<説明会>
 日時:2017年3月18日(土) 13:30〜15:30
    2017年4月21日(金)18:45〜20:45
    (※いずれも同じ内容です。ご都合のよい方にご参加ください)

 会場:ウィルあいち(地下鉄「市役所」駅 徒歩10分)
    1階視聴覚ルーム
 定員:30名
 参加費:無料


<無料公開講座>
 日時:2017年4月8日(土) 13:30〜15:30
 会場:ウィルあいち(地下鉄「市役所」駅 徒歩10分)
    1階視聴覚ルーム
 定員:30名
 参加費:無料

※いずれも事前の参加申し込みが必要です。
 下記内容を明記のうえ、aile@npo-kigyo.net までご連絡ください。

 ◆ 件名:【起業の学校 名古屋キャンパス 説明会/公開講座申込】
 ◆ 本文:・お名前 ・ご住所(郵便番号・建物名・部屋番号まで正確に)
      ・電話番号(携帯可)・FAX ・メールアドレス
      ・ご参加になる日程を明記
       (3/18説明会・4/8公開講座・4/21説明会)


お問い合わせ・入学に関するご相談もお気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いいたします。

起業の学校第12期 卒業式/後期修了式(2/18)[2017年02月20日(Mon)]
戸上です。
いよいよ第12期も最終日となりました。この日は、卒業試験(後期課程のみの人は修了試験)と、卒業式(同、修了式)です。

前期からの人は9ヶ月間、後期からの人は4ヶ月間、お互いに学びと実践を深めてきた生徒たちが、いつもと違う雰囲気に、幾分緊張の面持ちで会場入りしてきました。

午前は、午後の本番に向けたプレゼン練習です。
起業の学校では、巷でよく見る事業計画の発表会のような、パワポを使ったプレゼンはありません。
あるのは、一人3分間のスピーチです。3分間の中に、自分の《精一杯の身の丈》を表現してもらいます。
午前中は、事前に考えてきたスピーチ原稿を、一緒に学んできた仲間たちを前に披露してみて、フィードバックをもらったりしながら、最後の詰めを行いました。

午後、指南役が到着しました。
起業の学校の卒業式では毎年、生徒と同数の指南役をお呼びしています。
生徒達の事業内容を念頭においてお声かけさせてもらった今回の指南役は、企業・NPOの経営者、支援を生業とする人、大学の先生、行政の人、福祉系フリーライターといった顔ぶれです。

いよいよ、卒業試験の開始です。

IMG_0552.JPG

まずは、午前中に練習した3分間プレゼンです。

IMG_0574.JPG

一所懸命に練習したプレゼンですが、実はこのプレゼンは、卒業試験の前座に過ぎません(^^;)
本番は、《一対一の指南》です。
生徒と指南役のペアを変えながら、指南を連続で行います(今年は5回連続)。3分間プレゼンは、ここで有意義なアドバイスをもらうためだったりもします。

しかしこの指南が、けっこう慌ただしいのです。
一回の指南時間は10分間しかありません。なのでその10分有効に使おうと、指南役もいきなり質問をぶつけたりします(指南役には事前に各自の事業計画書に目を通してきてもらっています)。生徒・指南役両方とも間断のない真剣勝負の10分間×5回を終えた後は、なかなか充実した疲労感を覚えます。

IMG_0709.jpg

生徒からすると、毎回自分の事業についての応答をするだけですが、指南役からすると、タイプの違う事業計画に対して瞬時に頭を切り換え指南していく様は、毎回のことながら凄味を感じさせます。(毎回、こんなハードな仕様にしていて、指南役の皆さんには恐縮しますが、これを楽しみにしておられる指南役もいると思いますので、これからもハードな仕様は変えないと思います。)

生徒達も、タイプの違う5人の指南役からそれぞれ特徴のあるアドバイスなり、情報提供なり、お叱り(^^;)をもらったことと思います。そのことを旨に、また次の一歩に活かしてもらえたらと思っています。

休憩を挟んだ後、卒業式に移りました。
今回の卒業試験では、一部の生徒に対して、指南役から「卒業させてよいものか……」という意見が実はあったのですが、卒業後もその生徒の様子を見ていく(本人の意思次第ではありますが)ということで、条件付卒業という生徒もいました。が、何はともあれ全員無事卒業ということになりました。

卒業証書(後期課程のみの人は修了証書)は、文面を生徒一人ひとりに合わせて作っています。
その自分だけの卒業証書をもらって無事卒業となりました。

IMG_3705.JPG

生徒の皆さん、
「ご卒業おめでとうございました!」
そして、「これからが本当のスタートです」( ̄+− ̄)
いや、本当にそうで、卒業で満足しないでくださいね。
順調に行くばかりではもちろんないと思います。困ったことや悩むことがありましたら、いつでも起業支援ネットにお越しください。できれば、手遅れになる前に早めに相談に来てください(^^;)

指南役の皆さん、
今回も本当にありがとうございました。
毎回このような卒業試験ができるのも、指南役の皆さんのおかげです。ご協力に感謝いたします。



起業の学校第12期 後期第4講(1/21)[2017年01月27日(Fri)]
戸上です。後期4日目の様子をお伝えします。
いよいよ卒業前の最後の1回となりました。

前期から学んできた人は、ここまで8ヶ月間、後期から編入してきた人は3ヶ月間、自分で計画し、実践に取り組んできました。
卒業では、それらの取り組みを事業計画書に落とし込みます。
起業の学校では、この事業計画書を「卒業論文」と呼びます(^^)

IMG_0497.JPG

前期課程修了時にも事業計画書は作成しているのですが、あの時はほとんど頭の中で考えただけの事業計画書(人によっては積極的に行動に出ていた方もいらっしゃいますが)。今回は、実践をしてみた感触を交えた上での事業計画書、ということで中身の充実度が違ってきます……
となるはずなのです(^^;)

中には、いざ行動してみると、或いは行動しようと思っただけで
「あれ? 自分のやりたいのはこれでいいんだっけ?」となる人もいるようです(^^;)
そういう人は、前期と後期で全然違う事業計画になったりもします。そうなると、事業計画の詰めが、まだまだ甘いままだったりするのですが、それはそれで良いことでしょう。
事業計画とは、あくまでも実践するための計画ですから。頭だけで考えた事業計画で突き進むより(あるいは、計画ができただけで満足してしまうより ←けっこういます、こういう人)、ずっと良かったんだと思います。

IMG_0501.JPG

さてさて、次月はいよいよ卒業式です。
どうなりますことやら(^^)

起業の学校第12期 後期第3講(12/17)[2016年12月23日(Fri)]
戸上です。後期3日目の様子をお伝えします。

後期課程は、各自の実践が中心となります。
先回と同様に、まずはここ1ヶ月で実施した行動の報告と、その結果どんなことに気づいたかの共有に時間を使いました。

IMG_0441.JPG

次に行ったのが「発展段階チェック」。
かつて起業支援ネットがコミュニティビジネスの調査をしたときに、事業を構想する前から、事業が軌道に乗るまでに、4つの段階に分けられたことから考えられたモデルが、コミュニティビジネスの発展段階モデルと呼ばれるもの。
起業家は、どんな能力を身につけ、どんな地域資源とつながり、どの支援を受けるのがよくて、何に向かって行動すればいいかを、それぞれの段階ごとに示したものです。

ワークでは、自分がどこまでできているかをチェックすることで、自分が今どの段階にいて、次に進むのにどんなことが不足しているのか、おおよそのイメージを掴みます。

IMG_0453.JPG

午後は、未来から見た自身の起業物語を書いてもらうワークを行いました。
事業計画とか企画書って、自分自身のためや、事業パートナー(取引先とか金融機関とか)のためにも、作る必要があるのですけど、一般の人には伝わりにくいもの。面白くないんですよね、読んでも(^^;)

IMG_0460.JPG

ところがこれを物語にすることで、途端にイメージが相手に伝わったりします。多くの人に長く心に残るのは、企画書より物語の方でしょう(桃太郎を企画書にしたら何とつまらないことか。きっと後世に鬼退治の話は伝わらなかったでしょう)。

毎年、感動あり、笑いあり、自叙伝風あり、ルポルタージュ風あり、と皆さんバラエティにとんだ作品をつくって盛り上がるワーク。私も毎年最も楽しみにしているワークの一つです。

そんなこんなで、最後はまた行動計画の見直しを行って、終了です。
また、次月、皆さんはどんな体験から何を学んでくるのか楽しみです。

起業の学校第12期 後期第2講(11/19)[2016年12月16日(Fri)]
戸上です。後期2日目の様子をお伝えします。

前期課程は教室や宿題で「思考する」ことが中心でしたが、後期課程は実社会の中で「行動する」ことが中心になります。

はじめに、先月各自が作成した行動計画に基づいて、ここ1ヶ月で行った行動報告と、行動してみた結果どんなことに気づいたかの共有から始めました。
まずは各自が報告発表してもらい、その後、グループに分かれて、クラスメート達同士でアドバイスをし合いました。
後期では毎回、授業の最初に、このようなことを行っていくことになります。

IMG_0345.JPG

次に、今日の授業では「要所解明」というものを行いました。
この日は、講師がなぜかいつもの鈴木ではなく、福島キャンパス担当のわたくし戸上が担当することになりました(^◇^;)

要所解明は、起業の学校がベースにしている「未来デザイン」の考え方の中で、おそらく最もドラスティックな思考の変化を促す部分だと思われます。
思考の肝は、未来から先回りして後悔する、という発想です。どういうことか分かります?(^^;)
普通、何か失敗した時に「ああ、これをおけば良かったぁ」とか「こうしたのがまずかったぁ」とか思いますよね。あれは時間軸で見ると、当然現在から過去に向けて後悔しているわけですが、それを未来から現状に向けて行う、ということです。

このような発想は、中には自然と行っている人もいるのですが、ほとんどは初めての経験だと思われます。
ですので、わかりやすい例題を示して、このような思考をした時としない時(別の思考法を使った時)の違いを示したりしました。結果がどう異なるのか。又、結果が同じになる時もあるのですが、なぜ問題によって異なる結果と同じ結果が出るのか等を説明しながら、理解を深めてもらいました。

とはいえ、この思考法は、コツを掴むまで習熟が必要でもあります。
まずはやってみる、ということですね。
(私なんかはもうこの思考法に慣れちゃって、長らく後悔してないんですよねぇ。それを寂しく感じることもあります(^^;) )

ということで、午後からは、自分の事業計画の中で問題を設定してもらい、この要所解明の思考を使った問題解決に取り組んでもらいました。

IMG_0353.JPG

要所解明のワークを終えた後は、先月作った行動計画を、ワークの成果も活かしながら修正してもらいました。
その後、各自、修正した行動計画に基づいて、来月までに何をやってくるのか発表してもらい、この日は終了です。

IMG_0362.JPG

生徒のみなさん、この日もお疲れさまでした。
一ヶ月後の報告を楽しみにしております(^^)/

起業の学校第12期 後期第1講(10/22)[2016年11月10日(Thu)]
愛知県職員の小西と申します。県職員の現場体験研修として、1週間程の短い期間ですが起業支援ネットにお世話になっております。
平成28年10月22日(土)に開催された12期後期第1回「起業の学校」について報告いたします。

前期日程が修了し、新たに入学された2名を加えて、後期日程がスタートしました。始めに行われた自己紹介では、前期までに形作ってきたそれぞれの事業案について簡単に説明されました。

さて、後期からは実際に起業することに向けて、具体的な準備に入っていく期間として、共同学習期、社会実験期を積み重ね、起業に向けて事業の完成度を高めていくことになります。

IMG_0022.JPG

共同学習期では、事業について顧客を巻き込んで共に学ぶ“場”を作り、その事業における先達・専門家を招いた勉強会等を開くことで、事業に対して個人では学べない多くの生きた情報を収集していきます。まずは、2〜3人程度の小さな会から実績を積み立て、規模をどんどん増やしていくことが重要です。
社会実験期では、実際に起業する前に、どのような課題が見つかるかについて、社会実験を行い、試行錯誤をしていく中で、ノウハウを蓄積していきます。小さく始めて、大きく育てていくことで、リスクを抑えつつ、地域のニーズに合致した商品の提供や実践的なノウハウの獲得が期待できます。

10時30分から始まった鈴木副校長の講義においては、それらの時期についての詳細な説明があり、マーケティングを通じて社会と自分の距離をいかにして近づけるか、そして自分の性質をいかにして掴んでいくかについてのお話がありました。

IMG_9997.JPG

鈴木副校長は、事業をトライアスロンに例えて「事前に準備することなくトライアスロンにでても途中でおぼれてしまう。起業するには事前に入念な準備をしておかなくてはならない。」と話され、リスクを背負っていきなり事業を始めるのではなく、事前に準備・想定しておくことの大切さについて解説されました。

午後からは、実際にマーケティングを行うにあたり、どのようなことに気を付けなくてはならないのかについて講義がありました。鈴木副校長は、アンケート調査においてどのような質問をし、どう分析するのか、広報チラシはどう作るべきか等、具体的でわかりやすい説明をされ、受講生の方も積極的に質問を投げかけるなど、熱心に聴講されていました。

その後、講義をふまえて、卒業までの行動計画をたて、やるべきことをまとめました。受講生は、講師と相談や質疑応答を行いつつ、真剣に計画策定に取り組んでおられました。

IMG_0020.JPG

私が今回起業の学校に一日参加さえていただき、受講生の皆さんが真剣に、情熱をもって講義に参加され、熟考の末、自分の事業を形作っていく姿が大変印象に残りました。自分のやりたいことに向かってひたむきに進んでいく皆さんの情熱には圧倒されるばかりでした。

今後、受講生の皆さんが起業され、発展されていくことを祈念いたしまして、報告を終わらせていただきます。今回は、大変ありがとうございました。
起業の学校第12期 前期修了式(10/1)[2016年10月14日(Fri)]
愛知県職員の岸知明と申します。県職員の現場体験研修で、1週間ほどの短い期間ですが起業支援ネットにお世話になっております。
平成28年10月1日に開催された12期・第10回「起業の学校」についてご報告します。

今回は前期課程の最終日、前期修了試験及び修了式が行われました。
修了試験に向け、午前中はプレゼンテーション発表練習を行いました。受講生が順番に3分間プレゼン発表を行い、発表時の立振る舞いや言葉遣いに対して他の受講生がアドバイスをするというものです。起業理念や事業計画などを、時には身振り手振りを加えながら限られた言葉でいかに表現するか、発表原稿を手直しする姿はこちらまで緊張してしまうほどの真剣さでした。

IMG_9904.JPG

午後からは4人の指南役の方々を迎え、いよいよ修了試験です。
受講生がそれぞれプレゼン発表を行った後、指南役の方々が発表者に対して個別に批評していきます。他の受講生の意見をもとに発表原稿を大幅に修正した受講生もいましたが、試験までの短時間で見違えるほど上手くなっていました。自分の中で起業理念が明確に定まっているからこそ、すぐに言葉にできるのだろうと思いました。発表の様子を見ていたら、受講生の皆さんから迸る熱量にあてられ、すごく興奮してしまいました!

IMG_9951.JPG

指南役の方々の批評は時として厳しい意見もありましたが、その中で印象に残ったのは「利用者(お客さん)は誰か、どれだけ訴求力を高められるか」です。利用者の視点に立って自分の事業にどのような価値があるか、どのような価値が与えられるかを考えなければならない。事業の成否は利用者にどれだけ評価されたかによって決まる、という内容でした。

IMG_2379.JPG

今回は前期修了日という節目の回に参加させていただき、受講生の皆さんの真剣な眼差しや熟考する姿を間近で見ることで「起業」の大変さを実感しました。
普段の仕事では起業の志のある方と直に接する機会はなかったので、受講生の皆さんのお話を聞いて身の引き締まる思いがしました。
最後になりますが、受講生の皆さんが起業し、発展し続けていくことを心より願いまして、報告を終わらせていただきます。今回はこのような貴重な機会をいただきありがとうございました。
| 次へ