CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月25日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

今週のトピックスー予想外にびっくりだが、チャンスを逃すな

今週は、予想通り、BREXIT(英国のEU離脱)を問う国民投票に世界中がわいた。
いかにも、地球のグローバル化が進んでいることを物語るもであった。
結果が大方の見方を覆す離脱という予想外のものだったので、そのショックが東京、ロンドン、ニューヨークとグローバルなマーケットを震撼させた。
久しぶりの全面的、リスクオフ、パニック売りとなった。
しかし、リーマンの時に比べれば、想定外ということではなく、投資家は比較的、冷静のように感じる。というのは、すでに大部分の投資家は、十分に警戒的であったからではなかろうか。
このブログを読んで頂いていた、個人投資家の方は、
(1)現金準備を十分に用意し
(2)多少なりとも、リスクヘッジの金を購入
していれば、冷静でいられたと思います。

今回の英国のEU離脱の影響は、かなり長期の時間がたたないと判明しないので、リーマンの時のような、即座に全世界に悪影響を与えるような問題ではない。

楽観してはいけないが、2−3週間も経てば、落ち着いてくるでしょう。
そのときまでに、
(1)英国ポンドなどの急落した通貨を買い戻す
(2)急落した株式を買い下がる
などのチャンスを逃さないようにしたいものです。

その時点ではマーケットは次のリスクテーマ、米大統領選挙に関心が移っていると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1193683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック