CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月04日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

2016年を乗り切るETF

新年おめでとうございます。

今年は、大晦日を厳戒態勢のニューヨーク、マンハッタンのホテルで過ごしました。
警察官、パトカーで埋め尽くされた街角には
多くの人が行き交い、とても賑やかでした。

米国経済の好調さが感じられます。

年末、年始にかけて色々、今年のグローバルマーケットに関するコメントを通読していましたが、前回も書いた通り、暗いものがおおい。

しかし、何もしないわけにもいかないわけで、
「2016年のETF」という記事に注目してみました。

(1) 原油安の恩恵をうける航空業界関連
US Global Jets ETF(JETS)

(2) 米ドル高をヘッジする欧州株関連
Pacer Autopilot Hedged Europe
ETF( PAEU)

(3) 世界経済をリードする米国株ETF
iShares MSCIUSA Minimum Volatility
ETF( USMV)

Vanguard Total Stock Market ETF( VTI)

(4) 長期低迷の低リスク型新興国株式ETF
iShares MSCI Emerging Markets
Minimum Volatility ETF( EEMV)

(5) 米金利高をヘッジする債券ETF
Pro Shares Investment Grade Interest
Rate Hedged ETF( GHG)

SPDR Barclays Short Term High Yield
Bond ETF( SJNK)

Pimco 0-5 Year High Yield Corporate
Index ETF (HYS)

いずれも、2016年に予想される波乱のマーケットでも対応しうるものとしてチョイスされています。

是非、検討してはどうでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1150105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック