CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年07月04日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

短期的出来事に目を奪われすぎるな

先週も書いたが、いま、世界の投資家の関心は
ー7/5のギリシャの国民投票の結果
ー下げがつづく中国株が来週、下げ止まるか
ー米中央銀行の利上げが本当に近いのか
というような極めて短期的なことに集中しているようであるが、来年になれば、このような話題はすっかり忘れ去られていることでしょう。

特に、ギリシャの問題はあまりにも、大きく扱われすぎている気がする。
ユーロという通貨の命運を左右するかのような扱いであるが、ギリシャのような小さな国がどうなろうと長期的にそんなに大きな悪影響はなかろうというのが大方の見方である。

賢明な投資家からすれば、ユーロの急落は、欧州株の買いのチャンスであろう。

我々個人投資家は、より長期的な流れに注目して、行動すべきである。
個人的には、世界で一番安全な国、米国への資金の流れはしばらく止まりそうにないということではないだろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック