CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年05月16日

個人の国債分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

マーケットに大きな変調?

 先週、ドイツの国債の利回りが急上昇した。その前から、米国の国債の利回りもじわじわ上昇していた。
それにつられて、日本の国債利回りも上昇している。世界的に債券が大きく売られた。
それが通貨市場にも影響し、ユーロが米ドルに対して、急反騰し、最安値から9%も戻っている。

専門家の間では、これが35年間つづいてきた金利低下の終焉の始まりではないかという意見も出始めている。私が注目しているのは、先週のブログで書いた株式市場を支えてきた現在の「ノーマル」が大きく変わる兆しにならないかということである。

今のところ、米国の金融当局も急いで、利上げをする兆候にはないし、大きく変化する状況ではない。
しかし、資産運用関係者をひやっとさせる動きである。
いずれにせよ、万一に備えて、現金性の資産を増やしておきたいものである。
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1088337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック