CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月23日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

金の買い時か

現在、バンコク訪問中です。
東南アジアではよく見られる風景だが、街中の金販売店に多くの人が群がっている。
金が安いということもあるでしょうがーーー

しばらく、金については忘れられたかのようでしたが、先週は、大きく反発した。

この1年くらい、金の時代は終わったように言われてきましたが、最近になって、金はそろそろ買いの時期だという意見も出始めてきたことに注目している。

欧州はデフレへまっしぐら、日本もデフレをなかなか脱しきれない、中国ももたもたしている。
その中で、米国のみ景気が順調に回復しているようだが、これでは、新興国への悪影響もあるので、そう簡単にゼロ金利をやめられないでしょう。

とはいえ、2008年以来の超金融緩和の影響がどう出てくるかわからない。一つ考えられるのは高インフレです、最悪はハイパーインフレでしょう。
そうなれば、今の米ドル独歩高も独歩安に転換するはず。
金は暴騰するだろう。
今のドル高がいつまでも続くとおもわず、中長期的観点でリスクヘッジは必要であろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック