CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年06月06日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

市場は予想外の動きをする。

最近で言えば、今年に入ってからの各国の国債の価格である。米国の金融当局が金融緩和のテンポを抑制している中で、金利(特に米国国債の)は上昇(価格は下落)するものと予想されていたが、急速に低下した

そこで、面白いデータがあったので、下記のリンクを開いてみてください。

国際分散投資の対象となる色々な資産クラスの過去10年のパフォーマンスを色分けしたものです。

主要資産のパフォーマンス表.xls

概観すると、よくわかりますが、各資産クラスは、年ごとにランダム(でたらめ)な動きをするというということです。
よく、前の年、パフォーマンスが悪かった資産は、次の年は良いのではと思いがちですが(実際、そういう予想をする専門家もいます)、そんなことはなさそうです。

 投資は長期で行うものであり、幅広く分散することが最良であるということではないでしょうか

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/974053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック