CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月13日

個人の国際分散投資に役立つグローバルマーケットウォッチ

1999のITバブル崩壊のミニ版の様相呈する米国市場、世界的弱気相場の始まりか

4月にはいり、世界の株式は、米国の新興IT企業が多い株価指数、ナスダックが急落し、1999年に始まった株価暴落を彷彿させる動きとなっている。
しかし、よくみると、急落しているのは一部の超割高企業の株価にとどまっている。
これが、全体的な、世界的な株価急落につながるという見方は少ない。

こんなとき、われわれ個人投資家はどうすべきか。
中長期的観点に立ち、急落している人気企業の今後の成長性を判断し、有望と思えば、積極的に投資するチャンスであろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック