CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年03月09日

個人の国際分散投資に役立つグーローバルマ−ケットウォッチ

今日、3月9日はリーマンショック後の米国のS&P500株価指数が底値676ポイントをつけてから5周年になる。奇しくも、5年で約3倍になり、新高値を更新中である。


この先、どこまで上がるのか、当然心配する向きは多い。

世界の経済、特に、米国の経済の回復テンポは、寒波の影響は多少あるが順調であるが、株価はバブルの域に達しているのはという向きもある。
 
この先、株価はちょっとしか上がらないかもしれないし、5年間、上が り続けるかもしれない。

しかし、投資で大事なことをここで思い出し、この利益を守りたいものである。
すなわち
● 分散投資を忘れずに、リバランスを心がける
● 自分の投資心理をコントロール、つまりやすく買って、高く売る
  ことを忘れない
● 自分の思い込みを疑うことを忘れない。
● 目標利回りは、より現実的に考える。
● そして、最後にコストをなるべく抑えることである。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック