CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
第1回佐倉城級グルメ大将コンテスト [2012年04月24日(Tue)]

4月21日佐倉ふるさと広場で
第1回佐倉城級グルメ大将コンテストが行われましたexclamation

地元の農産物を使って町おこしをするのが目的で
書類選考で残った5チームが出店しました。

 ヤマトイモと豚肉が入った「佐倉丼」で勝負した”ベコちゃん”チームに、
風車のリユース食器(どんぶり)を貸し出しました。

2012 04 21 001.jpg

2012 04 21 002小.jpg

投票の結果2位に大差をつけて「佐倉丼」はみごと優勝exclamation×2

”ベコちゃん”チームの環境に配慮したところも
評価されたのかもしれないですね。

しかし貸出した300個のどんぶりの内28個もなくなってしまいました。
会場全体でリユース食器を利用してもらえると
紛失はぐーんと減るでしょう。
来年は是非、会場全体で使って欲しいですね。
被災地に行ってきました [2012年04月20日(Fri)]

4月17、18日に、
ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン(WNJ)の
視察で被災地に行ってきました。


生活クラブなどで立ち上げた共生地域創造財団の一員として
仕事作りのお手伝いをするために、
首都圏のW.Coメンバー8人で現地を見てお話を聞いてきました。

 2012 04 17石巻.jpg

(株)高橋徳治商店の社長高橋英雄さんの案内で石巻の被災地、
工場、ご自宅を見せていただきました。

社長の重い言葉の中で「3.11以前に戻るのではない、前以上のものを作る。皆さんも買い支えるのと同時に生活を根本から変えてほしい。」と言われたことが印象に残っています。

高橋徳治商店第2工場.jpg
     津波で被災した高橋徳治商店第2工場


また、女川町の仮設住宅で暮らす女性のための仕事作りをしている
ママサポーターズの八木さん、自費で孤軍奮闘している姿に是非応援したいと思いました。

ゴーストタウンのようになってしまった南三陸町では
ホテル観洋の女将の一生懸命な思いに感銘を受けました。

南三陸町防災庁舎.jpg
骨組みだけになった南三陸町防災庁舎には花と千羽鶴が供えられていました。


復興は遅れていて、前向きな人はほんの一部だとか、
被災者の中で格差ができ先の見えない不安から
気力を無くした人も多いとか、
とにかく多くの人に見に来て欲しいと言われました。

またWNJからの報告があると思いますが、
記憶の鮮明なうちにまずは千葉からの個人的な報告です。

W.Co風車   中村 早和子


WNJホームページ
http://homepage2.nifty.com/wnj/