CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
連続相談・交流会のお知らせ [2011年09月26日(Mon)]

千葉県地域支え合い体制づくり事業
連続相談・交流会
「不登校・ひきこもり・障がいを捉えなおす」


クローバー10月は不登校・ひきこもりを経験した若者を
お招きして相談・交流会を開催いたします。


「不登校・ひきこもりを経験した若者の話を
 聴いてみませんか」


日 付  2011年 10月12日(水)

時 間  13:00 〜 17:00

場 所  ワーカーズコレクティブ風車 
      (京成臼井駅 北口から徒歩5分)
 地図

参加費  無料 (お申込み必要

申込方法 電話 またはFAX 043-461-5616 にて
       お申込みください(担当 下村)


定 員  20名 先着順

講 師  不登校・ひきこもりを経験した若者 2名


子どもが何を考えているのか分からない。子どもの心を知りたい。
そんな思いを持たれている方は多いと思います。

不登校・ひきこもりを経験し、
現在、NPO法人ネモネットやワーカーズコレクティブ風車などで
活動している2人の若者を招き、
体験談とその歩んできた道のりや想いをお話していただきます。
懇談会もあります。

連続相談・交流会のお知らせ [2011年09月06日(Tue)]

千葉県地域支え合い体制づくり事業
連続相談・交流会
「不登校・ひきこもり・障がいを捉えなおす」


クローバー9月は山下耕平さんと野田彩花さんを
 お招きして相談・交流会を開催いたします。


「生き辛さをつながりに」

日 付  2011年 9月25日(日) 

時 間
  13:30 〜 16:30

場 所
  千葉市中央コミュニティーセンター 5階 1講習室   
       モノレール「市役所前」駅前 地図

参加費
  無料 (お申込不要)

講 師  山下 耕平さん
      野田 彩花さん



今多くの若者、大人が生き辛い状況にあります。
講師の山下さんはフリースクールスタッフ、
不登校新聞編集長を経て、現在の居場所コムニタス・フォロでも
多くの若者達と生き辛さを共有してこられました。

居場所のメンバーである野田さんもご一緒に、
皆で生き延びるための知恵を出し合いたいと思います。


◆講師プロフィール◆ 
 山下 耕平
大学を中退後、東京シューレのスタッフを経て、
1998年不登校新聞創刊時から8年間、編集長を務めた。
大阪にある若者の居場所コムニタス・フォロのコーディネーター。
著書「迷子の時代を生き抜くために」

 野田 彩花
不登校体験のある若者、コムニタス・フォロのメンバー。

千葉県地域支え合い体制作り事業 [2011年09月01日(Thu)]

この度、千葉県地域支え合い体制づくり事業
の助成が決定いたしました。

それを機に風車では、連続相談・交流会を開催いたします。

今、社会でひきこもりや障がいが問題視される中、
多様な相談や支援の場が増えた反面、所によっては
高額な費用がかかって財産を失ったり、
人権侵害で傷つけられる等、様々な問題も起こっています。 

そのような状況から、風車では悩んでいる人が偏見を受けることなく
安心して暮らせる地域を作るべく、連続相談会を企画しました。

信頼できる講師に相談できる場として、
又、共通の悩みを持つ人が互いに知り合い交流できる場として、
ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております笑顔

※詳しい日程は改めておしらせします。