CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年07月01日

【イベントレポート】 図書館で遊ぼう 謎解き図書館A

図書館で遊ぼう振り返り
6月29 日(月)19:30〜21:00 場所:地域資源長屋なかむら 参加者6名
=================================
6月14日の図書館で遊ぼうの振り返りを行いました。

14日の企画では、3人ずつ2つのチームに分かれて、図書館司書が仕事の中で利用者から受けたお問い合わせの答えを探しました。

チームの人と話し合って探す面白さや、図書館の本棚の中で想定外の本に出会えたりと
様々な面白さ、出会いや気づきのある時間となりました。
図書館司書の参加者からは、図書館の仕事の中では答えを探すことがゴールになってしまうのに対して、プロセスにあるおもしろさを感じる時間だったという声が聞かれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後は、あいち妖怪保存会の島田尚幸さんに、島田さんの取り組みや今知りたい、
やりたい、調べたいことをお聞きしました。

島田さんは、東日本大震災の際、「形あるものだけでなく、文化もなくなることに気がついた。」
という、思いから、愛知県にゆかりある妖怪潭を掘り起こし、形を与える取り組みをしています。
地域にこんな妖怪がいたという情報は地域の人々、地域の郷土資料の中にあります。

震災で多くのものがなくなったように、人がなくなる、誰も目を向けなくなれば、
妖怪の存在もなくなる、すなわち文化も消えていくということです。


地域に住むお年寄り、郷土史家、地域の図書館とコラボをして地域の妖怪のお話を収集、それを本やネット上に表現して、発信しています。

島田さんは、地域資源(地域にある人、組織・・)を妖怪という切り口でつないで形に起こしていく。そのプロセスを楽しんでいるようでした。妖怪を通して、他のジャンルの人とどんなコラボレーションができるか・・ということに関心があるとのこと。

島田さんが取り組みの中で、
「多様性と共通性」「マクロとミクロ」という視点を大切にしていると仰っていました。
本(形のある情報)が人にとって、学び・気づきを生むものとして存在するには、
こうした視点が大切ではないかと思います。


自分が好きなもの・関心があることと、自分の関心の外にあることとのつながりを見つけることと
(共通性)、自分が気づかない様々な視点を本に与えること(多様性)が生まれる場が、人に新しい知、好奇心をもたらします。


そんな場のデザインができた時、図書館や書店や本と人が出会う場の価値を最大にできるのではないかと思います。

それは例えば、
妖怪保存会の島田さんが面白いよ!って言った本なら、読んでみようかなという気になるというようなことです。島田さんに出会わなければ、その本に出会うこともないかもしれません。
妖怪が好きな島田さんを通して、本が再編集されて、自分の目の前に現れるということです。

2回の企画を通して、図書館という箱の中の人と情報をどうデザインするかについて考えることができました。

島田さんの問いを元ににんげん図書館とどんなことができるか、今後計画を練っていく予定です!
お楽しみに!

あいち妖怪かわら版

11655334_657126237720307_1505202345_n.jpg








































2015年06月15日

【イベントレポート】 図書館で遊ぼう 謎解き図書館

図書館で遊ぼう 謎解き図書館
6月14日(日)13:00〜17:00 場所:愛知県図書館 参加者5名
=================================
図書館司書さんがカウンターで受けたレファレンス(お問い合わせ)の答えを、
図書館の中の資料「のみ」から見つけ出す企画。

にんげん図書館新年会で図書館司書の方と話していて、「やりたいね!」となり、生まれた企画です。

普通は、図書館に行くとき、自分の好きな本、自分の調べたいことのみを探しに行きますね。
でも、誰かの知りたいことを通して、図書館の中を歩いてみると、自分が想定していない
こと、本に出会えます。図書館の新たな楽しみ方、遊び方を提案する企画。

にんげん図書館をしていると、「図書館にあまり行かない」という人に多く出会います。
だからこそ、図書館にあんまり親しみのない人に集まってほしいな〜と思ってましたが、
集まったのは図書館司書さん半分、一般市民半分。
調べるプロの人たちが集まったわけですが、異なる図書館員さんが集まり、そこに一般市民も混ざり
お互いフラットな関係で、調べ物をするというのもない機会だなと思いました。

3人×2チームに分かれ、1時間半の時間制限で2つお題を出しました。
パーカーの紐の名称は?
お土産の起源は?
昔、菓子税があったらしいが詳しく知りたい・・
小学館漫画賞受賞作のうち、タイトルが不明なもののタイトル、作者を知りたい。

パーカーの紐に名前?!そんなものに名前なんてあるのか?と、これを質問する人は、
どうして質問したんだろう・・そんな想像をするだけでわくわく。

お題を持って、図書館を探索。
いざ探し始めると、大海原に放り出されたような気分。どこから手をつけようか・・と、
途方にくれる。

とりあえず、参考図書(図鑑、事典)を開くも、百科事典に載っているわけもなく・・
そもそもパーカーはエスキモーの服だったらしいということが「服飾事典」で分かり、
エスキモーのパーカーには紐はついてない・・
エスキモー・・・民族衣装の棚?
エスキモー・・・ミリタリーファッション、軍事系の棚?
英英辞典???
調べる切り口次第で答えに行き着くかもしれないし、永遠にたどり着けないかもしれない。
そんなことをしているうちに、お題のこたえではないけど、面白そうな本に出会ってしまったりする。

そんな風に、回答や見つけるプロセスまでの出来事をシェアして終わりました。
自分が知りたい、好きということの外にある面白いものを見つける探索、旅のようでした。
「知る」「学ぶ」楽しさとは、自分の世界の枠が広がっていくことだと思います。
それが生み出されるのが図書館という場所なのかもしれません。

だれか1人の好きなこと、知りたいことをみんなでよってたかって質問して、
その答えをみんなで探すようなことも楽しいかも?!と思いました。

違う図書館、違うメンバーでまたやってみたいなー!と思いました。
実施させていただける図書館求むです〜^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学館漫画大賞の答えを探した本。こんな本あるのね〜
11356136_650925338340397_790644687_n.jpg

小学館の社史にも載っておらず・・
11292916_650925355007062_331562224_n.jpg

「お土産の起源は?」の回答本
11428538_650925348340396_1302425792_n.jpg

「パーカーの名称は?」の回答本。服飾系の本でもなく、載っていたのは雑学事典!
難題でした。
11348909_650933688339562_1105347124_n.jpg

11292604_650925488340382_958181984_n.jpg

2015年06月05日

図書館で遊ぼう 謎解き図書館


※図書館で遊ぼうとタイトルはついてますが、
 図書館の正しい使い方、調べる楽しさを味わっていただく
 目的です!
※実施する場所は愛知県図書館ですが、図書館を通した公開の
 イベントではないので、参加希望の方にのみお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

図書館で遊ぼう 謎解き図書館 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「しめ縄の作り方の本ありますか?」
「徳川家の将軍の全ての顔と名前が載っている本はありますか?」
「桃を使った料理を作りたいのですが、載っている本はありますか?」
などなど、図書館のカウンターには様々な質問が寄せられます。それにこたえるのは、図書館では“レファレンス”という業務です。「そんなのグーグルで検索すれば分かるじゃん?」ではなく、図書館の資料「だけ」を使い、答えを見つけることに挑戦してみませんか。

いつもは行かない、本棚、いつもは開かない本に出会うことができる、新しい図書館の楽しみ方を知る機会です。
「調べる」ことが簡単にできる今だからこそ、図書館の中を歩き、本を開いて、「調べる」体験をして、改めて調べる、知ることについて考えてみませんか。

今回、当日出すお題は図書館司書さんが実際に質問で受けたものをお出します。

6月14日(日)は、図書館でチームになり調べ物をするワークショップ、6月29日(月)は、図書館司書さんに、日々のレファレンス業務にまつわるあれこれをお話してもらう交流会。日々、様々なお問い合わせを受け、様々な本を知っている図書館員さんのお話はとっても面白いですよ(^^)

◆日時:6月14日(日)13:00~17:00
     図書館でのワークショップ
    6月29日(月)19:30~21:00 
     図書館員さんとの交流会

◆場所:
6月14日 市内図書館(参加者にのみあらかじめお伝えします)
6月29日 地域資源長屋なかむら

◆参加費:各回1000円


◆定員:各回 10名


◆申し込み、問い合わせ
下記のフォーマットに記入して、お送りください。
氏名:
携帯電話:
参加する日
( )6月14日、29日両日
( )6月14日のみ
( )6月29日のみ


にんげん図書館 山本茜
ehon.akane@gmail.com 090−9938−5175

◆にんげん図書館とは◇
出版、図書館、書店関係者、読者とが「本が好き」でつながり、本に出会う機会をつくるイベントを実施しています。
本をテーマにしたイベントを定期的に行っています。
フェイスブック:http://www.facebook.com/peoplelibrary
ブログ    :http://blog.canpan.info/future-library/

2015年05月04日

【イベントレポート】ひとライブラリー 野澤正明さん

ひとライブラリー 野澤正明さんの本棚 
=================================
日時:3月21日(土)14:00〜16:00 
場所:地域資源長屋なかむら 参加者8名

目の前の人の奥に物語をひも解いていくのがひとライブラリー。
誰かにまな板の上の鯉になっていただき、その人が読んできた本から、経験してきた
こと、出会ってきたこと、気づいてきたことを聞く場です。

今回のまな板の上の鯉は、野澤正明さん。
好きなことは旅をすること。子どもの頃のボーイスカウトの活動から、旅をしてきたこと、すべてがつながっているのだなと思います。野澤さんにとっては、すべてが旅、サバイバル。

生まれは神戸で、その後東京に住み、現在は名古屋に住む。
好きなことは散歩。散歩して、面白いものを見つけ出す。
名古屋人より、名古屋の地域に詳しいのでは・・とも思いました。
自分が今、暮らす場所もまた、旅をする場所。

11072657_615453065220958_2117668823_n.jpg






11063337_615452865220978_2132475245_n.jpg

2015年02月22日

【お知らせ】ひとライブラリー 野澤正明さん

イベントのご案内です〜。
====================

にんげん図書館 3月21日(土)
ひとライブラリー 野澤正明さん

=====================

にんげん図書館は、人と本の出会いを生み出す
コミュニティです。
にんげん図書館の企画の一つであるひとライブラリー
は、その人を形成してきた本との出会い、本との関わり
方を紹介していただく企画です。

本から、その人の多面的な顔が見えてきます。
人自身も多くの情報を含む「本」と考えます。
人の中にある物語と、一人の人が生きてきた道にある
本に出会う場です。
人を通して本に出会うことで、思わぬ本との出会い
その人の一面に出会うことができるでしょう。

今回の「本」になる人は、野澤正明さんです。
本を開けば出会える世界をお楽しみに。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇3月21日(土)15:00〜18:00

◇場所 地域資源長屋なかむら
(地下鉄本陣駅より徒歩8分)
地図はコチラ http://www.sr-com.org/nakamura.html
〒453-0041 名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら1階

◇参加費 500円

◇定員 12名

◇「本」となる人 
野澤正明さんはこんな人
通称:あきらくん、(その他呼び名はいろいろあります。)
1979年12月生まれ神戸市の風光明媚な須磨で生まれる。
根っからの神戸人で名古屋に来ても神戸スタイルを崩さないのでたまに嫌がられる。

経歴も複雑で謎、自分でもあまり説明がつかない。
出身は理系、実は工学修士。理系感が日々薄くなる日々

青春のバイブルは『マスターキートン』
師匠と崇める作家は『高野秀行』
人生で一番影響を受けた作家は『村上春樹』
ハルキストではありません。

無駄に引き出しが多いとよく言われる
ガンダム占いでは”GP03デンドロビウム”だそうだ
わかりませんよね

なかなかまとまらないので、自分のルーツを紹介します。

 苗字から察するに関東から来た源氏の末裔、源義経の奇襲作戦『一の谷合戦』以降、須磨に住み着いたとかどうだとか。少なくとも須磨の土地に長く居座っている地主だが、父方は黒歴史が多く内容も定かではない。

 母は岡山出身で、祖母は中国の青島生まれ。なんでも戦中に中国大陸で手広く荒稼ぎしていた、華麗なる一族らしかった。なのでばーちゃんは料理がとっても下手。祖父は元、海軍飛行予科練習生。つまり特攻隊の順番待ちである。終戦で幸運にも生き延びる。現在祖父は鬼籍だが生前は元海軍のピリっとした何かを感じる人物だった。その祖父は写真が趣味であった、その趣味は私が継いきました。

にんげん図書館はこんなガラクタ倉庫のような私の頭の中を解体して、楽しもうという楽しい企画です。ぜひお越しください。

◇申し込み、問い合わせ
にんげん図書館 山本茜
ehon.akane@gmail.com 090−9938−5175


◇にんげん図書館とは◇
出版、図書館、書店関係者、読者とが「本が好き」でつながり、本に出会う機会をつくるイベントを実施しています。
本をテーマにしたイベントを定期的に行っています。
フェイスブック:http://www.facebook.com/peoplelibrary
ブログ    :http://blog.canpan.info/future-library/

2014年11月13日

にんげん図書館 ひとライブラリー まこみの本棚〜まこみの素顔に出会うときめきトゥナイト

にんげん図書館 ひとライブラリー まこみの本棚〜まこみの素顔に出会うときめきトゥナイト
=================================
日時:11月5日(水)19:00〜21:00
場所:地域資源長屋なかむら

ひとライブラリーは、その人を形成してきた本との出会い、人ととの関わり方を紹介していただく企画。

本を開くように、その人の本を開く対話の時間です。
人の家に遊びに行ったとき、その人の本棚を見るとその人の頭の中を覗いたような気持ちになります。自分の目の前にいるその人の後ろには、多くの経験と本、情報があります。

多面的なその人の顔を、人の本棚から知ることもできます。
そして、その人も多くの情報を含む、1冊の本といえるのではないでしょうか。

今回の「本」となって対話をするのは、まこちゃんこと加藤舞美さんです。

漫画を描くことが大好き!な中学生の頃。
雑誌から、同じ興味を持つ多様な世代のコミュニティへの関わりと挑戦の物語。
10年以上前、フェイスブックもインターネットも普及していなかった頃に、人々が繋がり、情報を共有しあうのが雑誌や同人誌を見せてもらいました。
好きでたまらない!人々のあふれる思いと情報。面白い!

漫画から遠ざかり、障害を持つ人のボディワークを学び、人が集う場のあり方、そこに関わるファシリテーターの存在と人と人の相互の関わり方などへと関心、学び、活動の場を変えてきました。そして、その時々にあった本はまこちゃんの一部のようでした。

「空に描かれる模様のような電線が好き」「漫画の絵の線が好き」など、まこちゃんなりのものの見方にも出会いました。「え!そんなことがあるの、そんな風に見えるんだ!!」と、自分と人の見方の違いに驚く人もいました。

参加者からはまこちゃんの違う側面が見えた!という人もいれば、ますます分からなくなりました・・!という人もいました。
まこちゃんに出会う企画のはずなのに、まこちゃんのものの捉え方から、参加者のものの捉え方も浮き彫りになるような時間でした。

人は多面的、変わり続けその人のことを「分かる」ということはないのだな〜と思いました。

10733966_563028340463431_2372173181830770412_n.jpg

10525606_563028440463421_1523371120032165888_n.jpg

2014年10月25日

ひとライブラリー まこみの本棚 〜まこみの素顔に出会あうときめきトゥナイト〜

====================

にんげん図書館 11月5日(水)
ひとライブラリー まこみの本棚
〜まこみの素顔に出会あうときめきトゥナイト〜
=====================

にんげん図書館は、人と本が出会う機会をつくるコミュニティです。

ひとライブラリーは、その人形成してきた本との出会い、
本との関わり方を紹介していただく企画です。

人を通して本に出会うことは、本が読みたい!わくわくという気持ちを生み出し、その人の普段見えてなかった一面を知ることにもなります。
そして、その人自身も多くの情報を含む「本」と考えます。

人の中にある物語と、一人の人が生きてきた道にある本に出会う場です。
今回の「本」になる人は、まこちゃんこと加藤舞美さんです。本を開くと出会える世界をお楽しみに。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇11月5日(水)19:00〜21:00

◇場所 地域資源長屋なかむら
(地下鉄本陣駅より徒歩8分)
地図はコチラ http://www.sr-com.org/nakamura.html
〒453-0041 名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
地域資源長屋なかむら1階

◇参加費 500円

◇定員 10名

◇「本」となる人 
加藤舞美(かとう まいみ)さんはこんな人

通称・まこ、もしくは、まこみ。
1987年、愛知県豊橋市の片田舎生まれ。
なぜか少女漫画雑誌「なかよし」を親に買い与えられていたため、CLAMPの作品にハマる。
母親が画材を持っていたので、それを借りてイラストと漫画を描くことに夢中になる。

中学生のときに同人誌という存在を知り、同人コミュニティに出入りしながら、フリーペーパーを作成したり、文通を続けいくつかの同人サークルにゲスト参加。

大学に入り突如、経営コンサルタントの人たちや他大学の学生とボランティア活動をすることになる。
それをきっかけに、在学中から地域活性、環境、教育などの活動に関わり、学部卒業時から大学院在籍期間において、チームづくりや対話の場についてに関心を持ち、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンターにて様々な大学生のニーズをきく。

2012年4月から名古屋市市民活動推進センターにて勤務。
そして、\hey,shiramaco/の「まこ」として、神出鬼没な生中継「しらまこトークショー」を主宰したり、対話の場で使いやすいツールについて考えています。

まこみキーワード
「トカゲのしっぽ切りのごとく、切っても切ってもまだ切れる、得体が知れず無尽蔵」
「情報を摂取している」
「楽しむことに肉食系」

◇申し込み、問い合わせ
にんげん図書館 山本茜
ehon.akane@gmail.com 090−9938−5175


◇にんげん図書館とは◇
出版、図書館、書店関係者、読者とが「本が好き」でつながり、本に出会う機会をつくるイベントを実施しています。
本をテーマにしたイベントを定期的に行っています。
フェイスブック:http://www.facebook.com/peoplelibrary
ブログ    :http://blog.canpan.info/future-library/

イベントのご案内 街の本屋さんを応援  荒子書店図書委員会 もらった本・あげた本


==========================

にんげん図書館 街 の 本 屋 さ ん を 応 援

荒子書店図書委員会 テーマ:もらった本・あげた本
===========================
地域の人々が集う、街の本屋さん・中川区荒子書店の
本棚をみんなでプロデュースする図書委員会。

荒子書店は、少年がジャンプを買いに来て、おばちゃんが、雑誌を買っていく街の人々に愛される本屋さんです。
そんな街の本屋さんの本棚をみんなで考えるのが、荒子書店図書委員会です。

荒子書店、店長飯田さんからは、「書店目線」ではなく、お客様目線・本好き目線で選ばれた本でお店の本だなを彩りたいと伺っています。

今回のテーマは「もらった本・あげた本」

様々な機会で人から本をもらいます。
本棚整理したから、あげる!と、もらうことや、
誕生日、卒業、就職、結婚など人生の節目でもらったり、
本をあげるとき、もらうときには様々な場面があります。

そんな時にあたなの手の中に本を紹介してください。
みんなで持ち寄った本、話し合いから出てきた本で、
お店の本棚をプロデュースします。
フェア時期は、12月末〜1月頃となります。

◇11月30日(日)14:00〜16:00

◇場所 高畑駅近くの喫茶店 茶房 那古屋
地下鉄高畑駅より5分
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23050803/dtlmap/

◇参加者 7名

◇参加費 500円

◇持ち物
・あなたが考える、もらった本・あげた本、贈りたい本な、漫画、絵本、雑誌
・お一人1冊〜3冊
・皆さんで持ち寄った本の中を参考に店長さんがお店で売 る本を決めます。
・ご持参いただく本は新刊、既刊問いません。
 手に入るかわからなくても大丈夫です。
◇申し込み にんげん図書館 山本茜 ehon.akane@gmail.com

〜荒子書店の場所〜
◆荒子書店(地下鉄高畑駅徒歩3分)
〒454-0911 愛知県名古屋市中川区高畑2丁目156 マンション日出山 1F
◆ブログ:http://arako-book.blogzine.jp/

まちライブラリー 食べ歩き名古屋で世界旅行

にんげん図書館 まちライブラリー 食べ歩き 名古屋で世界旅行
=================================
日時:10月4日(土)18:00〜21:00
場所:香膳(瀬戸線「喜多山」駅よりすぐ)

にんげん図書館では、本の外を出て、街にあるもの、生きる人、文化、歴史、産業・・など、この地球にあるもの全てを「本」と捉えています。
街にあるもの、生きる人に出会い、知ることを楽しむ企画がまちライブラリーです。

今回は地元名古屋の出版社である風媒社より名古屋で世界を感じられる場所を紹介した、「食べ歩き名古屋で世界旅行」を執筆された著者のお二人と、本の中で紹介されているお店のオーナーとのゲストトークとお料理のおもてなし。

今回は、日本でも珍しいウイグル料理のお店に行きました。

最初にこの本の著者であるお二人のお話を聞きました。

食を通して、日本で暮らす様々な国の人々に出会い、その国の文化や風土や課題にも想いを馳せてほしいという思いから生まれました。
インタビュー先の選定や、初めての取材、文字として書き起こすこと・・
本を出版するのって大変!と痛感しながらも、取材を通しての出会いもたくさんありました。

本が生まれるまでのストーリーを聞きながら、ウイグル料理をいただきました。
ウイグル料理は日本人がイメージする中華料理とは全く異なるもので、懐かしい、素朴な味わいのお料理でした。野菜が多くてシンプルな味付け、ウイグルに多い羊のお肉はとっても風味があり、羊ってこんなに美味しいのか!と思いました。

そして、オーナーのショウさんがとっても愉快で明るい方。
家に帰ってきた子どもたちに料理をもてなすように、食べきれないくらいの美味しいお料理でおもてなししていただきました。

本当に食べきれなくて、タッパーに入れたお土産つき。

大満足の一日でした。
参加者からいただいた感想です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日の「にんげん図書館」お誘いいただきまして、ありがとうございました!
自分が『食べ歩き名古屋で世界旅行』を大好きなのは、この本が、ただのグルメ本でなく、外国と出会え交流できる場や人をイキイキと紹介しているからだと気づきました。

コロンビア料理の「エルカシケ」のように、本をきっかけにして、お店も変ってゆくという事例には、本や情報の持つチカラをうかがえて良かったです。

ウイグル料理も美味しくボリュームたっぷりで、お土産までたくさんいただき、嫁さんも喜んでいました。
ショウさんのあふれんばかりのオ・モ・テ・ナ・シと心配りを、また家族と訪れて体験しようと思います。

10654099_538604576239141_890763869_n.jpg

2014年10月05日

【イベントレポート】三冊書店@うりんこギャラリー

三冊書店@うりんこギャラリー 
=================================
日時:9月21日(日)11:00〜16:00
場所:うりんこギャラリー@うりんこ劇場

お好きなように組み合わせた3冊を持ち寄り、
みんなでつくる本屋さん。
3冊の中に関連性、テーマをつけてもいいし、
バラバラでもいいし。どんな3冊を選ぶかはあなた次第。
みんなの色々な三冊が集まる、一日本屋さん。
今回は、うりんこ劇場のイベントうりんこぎゃらりーがお店となりました。
うりんこ劇場は、子どもたちに演劇をこの地域で長く続けている劇団です。

うりんこ劇場が一年に一度開催する、子どもたちの作品展であるうりんこギャラリーで出店させていただきました。
子どもたちが多く集まりましたので、紙芝居や絵本の読み聞かせも合間に行いました。

店番している間に、うりんこの俳優さんたちによる講談も行われており、本を読みながら、くすくすと笑ってしまいました。

10717609_285012455042350_1235568901_n.jpg


10621883_543158709117061_653292864_n.jpg