CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月14日

【イベントレポート】ウィキペディアタウン名古屋小田井〜山田の魅力を再発見!〜

イベントレポート ウィキペディアタウン名古屋小田井〜山田の魅力を再発見!〜
11月25日(土) 参加者 23名
場所:西区役所 山田支所4階講堂

=================================
11月25日(土)にウィキペディアタウン名古屋小田井を
主催を名古屋市山田図書館、協力としてにんげん図書館という形で実施しました。

ウィキペディアタウンとは?
ウィキペディアタウンは、web上の百科事典である「ウィキペディア」を
活用したイベントです。
街の文化・歴史についてみんなで調べ、ウィキペディア上の「街」をみんなで
編集するというものです。

今回の小田井エリアは、現在の清須市(下小田井村)を起点とし、岩倉、犬山へと
続く岩倉街道の途中にあります。
大消費地であった、名古屋城下町へと農作物、商品を運んだ道です。
午前中は、中小田井街並み保存地区に


指定されているかつての街道を思わせる街並み、
歴史ある神社やお寺、水害と戦ってきた人々の知恵や工夫が垣間見える住居を巡りました。

当日は「ものづくり文化の道」マイスターの会の皆さんにガイドをしていただきました。

通常は入れない、街道にある古いお米屋さんの中を見学させていただきました。
昔ながらの薪で焚くお風呂、時代劇で見るようなトイレ、お米を計量する古い器具・・
文字に残らないこうした出会い、感動はウィキペディアには書けないのですが、
これもまた、ウィキペディアタウンの魅力であり、地域の大切な文化、情報なのだと思います。

また、途中にあるお寺、東雲寺には、徳川家に槍術を教えた、津田貫流槍術の祖津田信之夫妻のお墓、明治時代の相場師松沢與七のお墓(松沢家の邸宅あとはいまはマンションになっていた!)、織田信長を諫めて自刀し果てたとされる平手政秀の首塚がひっそりとありました。
私はどの方のことも知らなかったし、ここにそんなお墓があったことも知りませんでした。
自分たちが住む地域について、「なんにもない」と、多くの人は言います。
でも、地域にはたくさんの物語があるのだと、そして今の地域の姿があるのだと、思わされます。
そんな町歩きを終え、午後は古い本、分厚い資料をめくり、調べてウィキペディアに記述!
みなさまお疲れさまでした〜!

地域の郷土資料、街歩きのイベントではどうしてもシニア、男性の方の参加が多くなる・・という
傾向があるようですが、前回同様、今回も年代は30代〜70代と幅広く、普段図書館を利用している地域住民の方、遠方から来る方、図書館員と様々な立場、世代の方が集まりました。

今回新規作成されたページは下記の通りです。

中小田井
中小田井
岩倉街道
岩倉街道
願王寺
願王寺
東雲寺
東雲寺_(名古屋市)



IMG_1043.JPG

2017年12月07日

【イベントレポート】第2回他職種連携ファシリテーション研修「ニーズを捉える」

12月5日 他職種連携ファシリテーション研修
参加者:8名

12月4日に他職種連携ファシリテーション研修の第2回を行いました。
2回目のテーマはニーズを捉える

今回の研修では、マーケティングゲームというプログラムを行いました。
自分がみんなに聞きたいテーマを1つ設定して、それについて4人の人に1人
7分ずつ聴くというものです。

「マーケティング」
一見するとビジネス用語で、自分のこととは無関係に思えるかもしれません。
自分の知りたいこと、やりたいことを、人に聞いて回るということはマーケティングと
同じなんですよね。

テーマはそれぞれご自身で聞きたいこと、知りたいこと、アイディアがほしいことで
考えていただきました。

イベントにどうしたらたくさんのお客さんに参加してもらえるか
不安・恐怖という感情とどう付き合っていますか?
年末年始の自由な時間、何か楽しみにしている過ごしかたはありますか?
スチームオーブンを世の中の人に知ってもらうにはどうすればいいか?
など、仕事のこと、人間関係や自分の心の持ちかた、時間の過ごし方など、
テーマを見ているだけで楽しいですね〜。

回を重ねるごとに、自分が人に相談したいことについて、人に問うということに
慣れてくる、盛り上がってくる空気を感じます。

1時間ほどかけて4人にインタビューした結果を「簡易情報集約法」という方法を
使って、まとめて発表しました。
この発表では、4人に聞いて集めた情報を網羅的に把握し、その中でも、
自分にとって大切なことは何かと気づくことができる方法です。
4人のインタビューゲームをするうちに、実は自分が知りたかったのは、
違う問いだった・・と気づく方もいました。

人が意見を出し合う場においても、個人対個人のコミュニケーションであっても、
場が活性化する、相手が元気になる、わからないことがわかる、困っていることがわかる・・
その時には、いい「問い」がそこにはあるように思います。

それぞれの「知りたい」ことを起点にして、実践することで、「問い」の大切さを実感する
研修となりました。

次回は2月3日に合意形成です。

人と人が話し合うような会議の場、人との交渉の場、家族や子どもとのコミュニケーション
の場。誰かと何かをするときに必要になる合意形成。
みんなが気持ちよく進んで行くために、どのように合意形成するのか・・?
そんなことについて考えたいと思います。

【イベントレポート】第1回 多職種連携ファシリテーション研修「聴く」

11月18日 第1回 多職種連携ファシリテーション研修「聴く」
参加者:7人

ファシリテーション研修第1回の始まりは、「ファシリテーション」って何?どんなイメージを持っているか・・?というところをシェアしました。

「ファシリテーション」という言葉が広まるにつれて、その捉え方も様々、間違った理解のされ方をしてしまっている側面もあると思います。

ファシリテーションって、ワークショップをする人?会議を仕切る人?そんなイメージを持たれる方もいるかもしれません。それもファシリテーションが必要となる場面の一つ。

ファシリテーションは「楽にする」「易しくする」が語源の言葉。
人と人が関わる、コミュニケーションの場においての困難を「易しくする」こと。
そんな意味でファシリテーションを捉えると、全ての人が向き合う場所にファシリテーションが関わっているように思います。

ファシリテーションの中で、「コミュニケーション」が大きな役割を果たし、その中でも「聴く」ということが最も大切となるスキル。第1回は「聴く」ということを実践、考える場となりました。

インタビューゲームというプログラムで、相手の話を「聴く」ことを体験しました。
「聴く」ということは、日々多くの場面で行われているけど、とても難しいもの。

相手の話を「聴いた」と思っても、それは「聴いた」つもりであった・・
「聴いてもらっていない、わかってもらえてない」ということを多くの人は体験しているのではないでしょうか。

インタビューゲームの20分間は、どんな質問をすると、相手と楽しく話すことができるか?相手が話したいことは何か?相手が活き活きする質問は何か?そんなことを考える時間です。

そして、相手が話したことを、相手を主語にして紙にまとめます。
この場面で実は相手の話を聴いてるようで聴いていなかった・・と気づいたりもします。
そして、メモするって大事!ということにも気づきます。
いかに日常の中で聴いていないことが多いか、わかったつもりが多いか・・・。

みなさんがそれぞれの現場に帰って、「聴く」場面で、今日の体験が活きてくるといいなと思っています。












2017年09月05日

【イベントレポート】つんどくらぶ さとりって何ですか?

つんどくらぶ 7月29日(土)13:30〜16:30 参加者7名
お題本:『教えて、お坊さん!「さとり」って何ですか?』(小出遥子・角川書店)
=======================================
本を読まなくても参加できる読書会、つんどくらぶ(積ん読LOVE)を開催しました。

この日のお題本は、ライターの小出遥子さんが6名の僧侶に「さとり」とは何ぞやとズバリ
訪ねた、インタビューの記録「さとりって何ですか?」でした。

「さとり」「仏教」って難しそう、わからない、縁遠いように思える・・
そんな感覚を持つ人も多いのではないでしょうか。
それは作者小出遥子さんも同じ。そんな素直な感覚をお坊さんにぶつけ、やりとりから
発見する、目からウロコが落ちるような感覚を小出さんとともに疑似体験するのがこの本の魅力。

実施前は本の内容が抽象的であるため、話が膨らむ、深まるかな・・と心配していました。
最初の前書きを読むだけで、話が膨らみ、止まりませんでした〜。

滝に打たれる、苦行をするのが「さとり」ではなく、日々生きることの中にある学び、発見が「さとり」であるということが、大きな気づきとなりました。
参加者それぞれの日々、感じていることを持ち寄り分かち合う場となりました。


次回は、10月10日夜につんどくらぶ開催です〜。









2017年06月11日

【イベントレポート】ウィキペディアタウンin鶴舞〜みんなでつくる街図鑑〜

イベントレポート ウィキペディアタウンin鶴舞 〜みんなでつくる街図鑑〜
6月3日(土)10:00〜17:00 参加者 28名
場所:鶴舞中央図書館 第一集会室
=================================
6月3日(土)にウィキペディアタウンin鶴舞〜みんなでつくる街図鑑〜を、
名古屋市立鶴舞中央図書館と共催で実施しました。

ウィキペディアタウンとは?
ウィキペディアタウンは、web上の百科事典である「ウィキペディア」を
活用したイベントです。
街の文化・歴史についてみんなで調べ、ウィキペディア上の「街」をみんなで
編集するというものです。
2013年より日本各地で開催され、愛知県では、田原市・豊橋市
に次いで3番目、名古屋市では初の開催となります。

イベント主催の経緯と連携について
今回、にんげん図書館と鶴舞図書館との共催で行いました。

図書館だけではより多くの市民に広報し、参加を呼び込むことは
なかなか難しいという現状があるようで、多様な市民の参加を呼び込む
ことと、イベント全体のコーディネート、当日のワークショップの設計と
ファシリテーターを務めさせていただきました。

通常は、図書館のみでこうしたイベントを企画されることが多いように思います。
にんげん図書館の強み(コーディネート、ファシリテーション、広報)と、
図書館の強み(豊富な参考資料の提供)と、昭和区案内人クラブさんの強み
(街の文化・歴史に詳しい)この3者の強みを活かしながら分担を決め、
運営することができました。

多様な主体との連携・協働の必要性は他の行政機関においても言われていることですが、
他機関と連携・協働することで、生まれるものも大きくなるとも言えます。

そんな形での連携・協働をお手伝いし、より多くの市民の方々が
知る楽しさ、本の世界で遊ぶ楽しさに出会う機会をつくっていきたいと思います。

当日の様子

参加者は、ウィキペディア編集経験のある方、名古屋市・名古屋市外・
県外の図書館員や、行政職員、名古屋スリバチ学会のみなさん、多種多様な
職業の方々が約30名集ってのイベントとなりました。


まず、午前中は、地域の歴史・文化のガイドボランティアを行う
「昭和区案内人クラブ」のみなさんに鶴舞公園内をぐるりと案内していただきました。

鶴舞公園は多くの市民に親しまれている公園です。
でも、昔、博覧会会場が催されたり、動物園があったりとたくさんの歴史を重ねてきた
ことを知らない方も多いです。
鶴舞公園内の各所で「へぇーーー」と、感嘆の声が参加者の多くから聞かれました。


その後、ドラフト形式で、グループごとに気になるスポットを決めて
編集しました。昭和区案内人クラブさんが全てのスポットを魅力的に
紹介してくださったことで、普段はなかなか目を向けることのない
スポットも編集したいと手を挙げるグループが多かったです。

調べることを支えてくれたのは豊富な鶴舞図書館の資料。
冊子、本だけでなく、絵図、地図もあり、それらを見ているだけで時間は過ぎて
しまいそうでした。
当日用意した資料以外にも地図や新聞資料も書庫から出してきてもらい、
みなさんで調べました。

2時間というタイムリミットの中で、竜ヶ池、旧動物園跡、鶴々亭、吉田山、
普選記念壇の項目が新たにウィキペディアに追加されました。
(検索してみてくださいね!)
そして最後に、ウィキペディアにアクセスして、成果を発表しました。
===============================

普通なら鶴舞公園に来ても立ち寄ることもなく、そこにある背景にも目を向けずに
過ぎてしまうことかもしれません。
こうして資料で調べて、そこにある物語を紐解いていくことは、たくさんの
「?」と「!」に出会えることです。

それが知ることの楽しさであり、図書館はそんな楽しさが詰まった場ということを
再確認する時間でした。
「みんなで調べることは楽しい」
「また、ウィキペディアタウンに参加したい」
「次はここでやりたい」
と、みなさんやりきった充実感と、またワクワクするような
出会いに参加したい、一緒につくりたいというエネルギーに包まれて終わりました〜。
ご参加・ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

18835992_1573947609304264_8066398634987822731_n.jpg

2015年11月28日

【イベントレポート】第1回つんどくらぶ

第1回つんどくらぶ 10月15日(木)19:00〜21:00 参加者7名
お題本:「わかりあえないことから」(平田オリザ・講談社現代新書)
=======================================
教えない教育・寺子屋塾を主宰する井上淳之典さんと協働企画として、読書会を2ヶ月に
1度始めることになりました。

にんげん図書館のいつもの企画では、1冊の本を掘り下げるというより、いろいろな本・多様な人に出会い、本が読みたくなる企画が多いと思います。知ることの扉を開けることが楽しくなるような。拡散する世界に対して、1冊の本を深めるような場もできるといいな〜と思っていました。

そんなことから、寺子屋塾井上さんとお話しする中で、この読書会は生まれました。

読書会を企画しておきながら、私は読書会に参加したことがありません・・

読書会の参加条件にお題本をあらかじめ読んで参加することが条件になっていることがあります。
そして、そういう本に限って読み応えのある純文学だったりする。
そんなの読めるわけない・・!
参加しても、きっと自分のような若輩者が意見を言いにくい雰囲気なのではないか・・・と、ハードルが高く参加したことがありませんでした。

それは多くの人にとってもそうであると思います。
だから、本を読んでなくてもOK!普段読書してなくてもOK!という思いを込めて、
つんどくらぶ(積ん読ばかりでも大丈夫、積まれた本を愛を持って手にしてみる)という
思いを込めました。笑

しかし、本当に読書会に参加する人はいるのか???とドキドキしながら準備をしていて、
いっそ参加者井上さんと2人のが気楽とさえ思っていたのですが、蓋を開けてみると、7人も参加!

お題本を読んできた人、読んだことがない人、企画の趣旨を当日知った人(笑)とお題本との距離感は様々でした。

本への理解が様々な人もフラットに対話ができるよう、本の中でキーとなるところを予め選んでおき、その部分を音読して、グループで感想を話し合うという形にしました。

「分かり合えないことから」は誰もが、生活の中、仕事の中で、違和感や問題に出会ったことがあるコミュニケーション≠ェテーマであるため、とても盛り上がりました。

読書は「本」の中だけで完結するものではなく、それぞれの人の人生、生活の中に作用していくものだと思います。今後もそんな本をテーマに取り上げていきたいと思いました。

2ヶ月に1度、第3木曜日の夜に開催します。
次回は12月17日(木)です。お楽しみに〜。

12119194_694743947291869_715335700128098971_n.jpg


12165285_694574773975453_805816030_o.jpg








2015年07月01日

【イベントレポート】 図書館で遊ぼう 謎解き図書館A

図書館で遊ぼう振り返り
6月29 日(月)19:30〜21:00 場所:地域資源長屋なかむら 参加者6名
=================================
6月14日の図書館で遊ぼうの振り返りを行いました。

14日の企画では、3人ずつ2つのチームに分かれて、図書館司書が仕事の中で利用者から受けたお問い合わせの答えを探しました。

チームの人と話し合って探す面白さや、図書館の本棚の中で想定外の本に出会えたりと
様々な面白さ、出会いや気づきのある時間となりました。
図書館司書の参加者からは、図書館の仕事の中では答えを探すことがゴールになってしまうのに対して、プロセスにあるおもしろさを感じる時間だったという声が聞かれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後は、あいち妖怪保存会の島田尚幸さんに、島田さんの取り組みや今知りたい、
やりたい、調べたいことをお聞きしました。

島田さんは、東日本大震災の際、「形あるものだけでなく、文化もなくなることに気がついた。」
という、思いから、愛知県にゆかりある妖怪潭を掘り起こし、形を与える取り組みをしています。
地域にこんな妖怪がいたという情報は地域の人々、地域の郷土資料の中にあります。

震災で多くのものがなくなったように、人がなくなる、誰も目を向けなくなれば、
妖怪の存在もなくなる、すなわち文化も消えていくということです。


地域に住むお年寄り、郷土史家、地域の図書館とコラボをして地域の妖怪のお話を収集、それを本やネット上に表現して、発信しています。

島田さんは、地域資源(地域にある人、組織・・)を妖怪という切り口でつないで形に起こしていく。そのプロセスを楽しんでいるようでした。妖怪を通して、他のジャンルの人とどんなコラボレーションができるか・・ということに関心があるとのこと。

島田さんが取り組みの中で、
「多様性と共通性」「マクロとミクロ」という視点を大切にしていると仰っていました。
本(形のある情報)が人にとって、学び・気づきを生むものとして存在するには、
こうした視点が大切ではないかと思います。


自分が好きなもの・関心があることと、自分の関心の外にあることとのつながりを見つけることと
(共通性)、自分が気づかない様々な視点を本に与えること(多様性)が生まれる場が、人に新しい知、好奇心をもたらします。


そんな場のデザインができた時、図書館や書店や本と人が出会う場の価値を最大にできるのではないかと思います。

それは例えば、
妖怪保存会の島田さんが面白いよ!って言った本なら、読んでみようかなという気になるというようなことです。島田さんに出会わなければ、その本に出会うこともないかもしれません。
妖怪が好きな島田さんを通して、本が再編集されて、自分の目の前に現れるということです。

2回の企画を通して、図書館という箱の中の人と情報をどうデザインするかについて考えることができました。

島田さんの問いを元ににんげん図書館とどんなことができるか、今後計画を練っていく予定です!
お楽しみに!

あいち妖怪かわら版

11655334_657126237720307_1505202345_n.jpg








































2015年06月15日

【イベントレポート】 図書館で遊ぼう 謎解き図書館

図書館で遊ぼう 謎解き図書館
6月14日(日)13:00〜17:00 場所:愛知県図書館 参加者5名
=================================
図書館司書さんがカウンターで受けたレファレンス(お問い合わせ)の答えを、
図書館の中の資料「のみ」から見つけ出す企画。

にんげん図書館新年会で図書館司書の方と話していて、「やりたいね!」となり、生まれた企画です。

普通は、図書館に行くとき、自分の好きな本、自分の調べたいことのみを探しに行きますね。
でも、誰かの知りたいことを通して、図書館の中を歩いてみると、自分が想定していない
こと、本に出会えます。図書館の新たな楽しみ方、遊び方を提案する企画。

にんげん図書館をしていると、「図書館にあまり行かない」という人に多く出会います。
だからこそ、図書館にあんまり親しみのない人に集まってほしいな〜と思ってましたが、
集まったのは図書館司書さん半分、一般市民半分。
調べるプロの人たちが集まったわけですが、異なる図書館員さんが集まり、そこに一般市民も混ざり
お互いフラットな関係で、調べ物をするというのもない機会だなと思いました。

3人×2チームに分かれ、1時間半の時間制限で2つお題を出しました。
パーカーの紐の名称は?
お土産の起源は?
昔、菓子税があったらしいが詳しく知りたい・・
小学館漫画賞受賞作のうち、タイトルが不明なもののタイトル、作者を知りたい。

パーカーの紐に名前?!そんなものに名前なんてあるのか?と、これを質問する人は、
どうして質問したんだろう・・そんな想像をするだけでわくわく。

お題を持って、図書館を探索。
いざ探し始めると、大海原に放り出されたような気分。どこから手をつけようか・・と、
途方にくれる。

とりあえず、参考図書(図鑑、事典)を開くも、百科事典に載っているわけもなく・・
そもそもパーカーはエスキモーの服だったらしいということが「服飾事典」で分かり、
エスキモーのパーカーには紐はついてない・・
エスキモー・・・民族衣装の棚?
エスキモー・・・ミリタリーファッション、軍事系の棚?
英英辞典???
調べる切り口次第で答えに行き着くかもしれないし、永遠にたどり着けないかもしれない。
そんなことをしているうちに、お題のこたえではないけど、面白そうな本に出会ってしまったりする。

そんな風に、回答や見つけるプロセスまでの出来事をシェアして終わりました。
自分が知りたい、好きということの外にある面白いものを見つける探索、旅のようでした。
「知る」「学ぶ」楽しさとは、自分の世界の枠が広がっていくことだと思います。
それが生み出されるのが図書館という場所なのかもしれません。

だれか1人の好きなこと、知りたいことをみんなでよってたかって質問して、
その答えをみんなで探すようなことも楽しいかも?!と思いました。

違う図書館、違うメンバーでまたやってみたいなー!と思いました。
実施させていただける図書館求むです〜^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学館漫画大賞の答えを探した本。こんな本あるのね〜
11356136_650925338340397_790644687_n.jpg

小学館の社史にも載っておらず・・
11292916_650925355007062_331562224_n.jpg

「お土産の起源は?」の回答本
11428538_650925348340396_1302425792_n.jpg

「パーカーの名称は?」の回答本。服飾系の本でもなく、載っていたのは雑学事典!
難題でした。
11348909_650933688339562_1105347124_n.jpg

11292604_650925488340382_958181984_n.jpg

2015年05月04日

【イベントレポート】ひとライブラリー 野澤正明さん

ひとライブラリー 野澤正明さんの本棚 
=================================
日時:3月21日(土)14:00〜16:00 
場所:地域資源長屋なかむら 参加者8名

目の前の人の奥に物語をひも解いていくのがひとライブラリー。
誰かにまな板の上の鯉になっていただき、その人が読んできた本から、経験してきた
こと、出会ってきたこと、気づいてきたことを聞く場です。

今回のまな板の上の鯉は、野澤正明さん。
好きなことは旅をすること。子どもの頃のボーイスカウトの活動から、旅をしてきたこと、すべてがつながっているのだなと思います。野澤さんにとっては、すべてが旅、サバイバル。

生まれは神戸で、その後東京に住み、現在は名古屋に住む。
好きなことは散歩。散歩して、面白いものを見つけ出す。
名古屋人より、名古屋の地域に詳しいのでは・・とも思いました。
自分が今、暮らす場所もまた、旅をする場所。

11072657_615453065220958_2117668823_n.jpg






11063337_615452865220978_2132475245_n.jpg

2014年11月13日

にんげん図書館 ひとライブラリー まこみの本棚〜まこみの素顔に出会うときめきトゥナイト

にんげん図書館 ひとライブラリー まこみの本棚〜まこみの素顔に出会うときめきトゥナイト
=================================
日時:11月5日(水)19:00〜21:00
場所:地域資源長屋なかむら

ひとライブラリーは、その人を形成してきた本との出会い、人ととの関わり方を紹介していただく企画。

本を開くように、その人の本を開く対話の時間です。
人の家に遊びに行ったとき、その人の本棚を見るとその人の頭の中を覗いたような気持ちになります。自分の目の前にいるその人の後ろには、多くの経験と本、情報があります。

多面的なその人の顔を、人の本棚から知ることもできます。
そして、その人も多くの情報を含む、1冊の本といえるのではないでしょうか。

今回の「本」となって対話をするのは、まこちゃんこと加藤舞美さんです。

漫画を描くことが大好き!な中学生の頃。
雑誌から、同じ興味を持つ多様な世代のコミュニティへの関わりと挑戦の物語。
10年以上前、フェイスブックもインターネットも普及していなかった頃に、人々が繋がり、情報を共有しあうのが雑誌や同人誌を見せてもらいました。
好きでたまらない!人々のあふれる思いと情報。面白い!

漫画から遠ざかり、障害を持つ人のボディワークを学び、人が集う場のあり方、そこに関わるファシリテーターの存在と人と人の相互の関わり方などへと関心、学び、活動の場を変えてきました。そして、その時々にあった本はまこちゃんの一部のようでした。

「空に描かれる模様のような電線が好き」「漫画の絵の線が好き」など、まこちゃんなりのものの見方にも出会いました。「え!そんなことがあるの、そんな風に見えるんだ!!」と、自分と人の見方の違いに驚く人もいました。

参加者からはまこちゃんの違う側面が見えた!という人もいれば、ますます分からなくなりました・・!という人もいました。
まこちゃんに出会う企画のはずなのに、まこちゃんのものの捉え方から、参加者のものの捉え方も浮き彫りになるような時間でした。

人は多面的、変わり続けその人のことを「分かる」ということはないのだな〜と思いました。

10733966_563028340463431_2372173181830770412_n.jpg

10525606_563028440463421_1523371120032165888_n.jpg