CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月28日

「図書館」×「地域」ラボ発起人飲み会

1月31日 「図書館」×「地域」ラボ発起人飲み会

図書館が地域の様々な多様な主体と出会い・連携することで、
地域に住む人々の好奇心を喚起する学びの機会をつくることや
困りごとに答えていく図書館となるプロジェクトを進めるのが、
「図書館」×「地域」ラボです。

その取り組みの一つは、今年度行ってきたウィキペディアタウンの実施。
図書館が取り組む際のコーディネート、広報のお手伝い、ノウハウを共有化し、
ブラッシュアップしていくことでもあります。
他にも地域と図書館がつながり、実践していくメニューがあれば、行って
いければと思います。

地域と図書館がつながる取り組みを実践する。
実践したことを共有、学び合い、よりよいものをみんなで考え他に展開していく。
図書館の取り組みを進める後方的な支援を行っていきます。

この「図書館」×「地域」ラボに賛同・ご協力いただく方にお声掛け
して、発起人飲み会を3月〜4月に何度か行いたいと思います。

第1回は、名古屋のグローカルカフェで行いました。

参加したのは、大学図書館職員、公共図書館職員、ウィペディアタウン
にご協力いただいている市民の方です。

行いたい趣旨をご説明したあと、ごはんを食べながら意見交換をしました。
盛り上がったのは、公共図書館でのラーニングコモンズについて。

一人で静かに本を読む図書館から、人と話すことでの学びを生む場所を
図書館の中につくっていく場所がラーニングコモンズです。

図書館の人ととしてはそれを進めていくためには壁となることがあるん
だなぁと思いました。人と学び合う時間と個人の時間をどう守るか。

ラーニングコモンズをどう導入していくかというところの戸惑いは、
図書館とはどんな場所で、学びをどう捉えるのかということの間での
揺れだと思いました。

図書館以外の世界、NPOや市民活動セクター、社会教育の現場では、
人と話し合って学ぶための場作りというのを大切にしているように
思います。

そちらに片足を突っ込んでいる私としては、そうした場をつくること
に違和感は感じないし、図書館にもあったらいいのになぁと思うこと
もしばしばあります。

だから図書館にないのはダメなんだということではなく、そこには
図書館と外の世界とで、価値観の違いがあるということを知るという
ことが大切なのだと思ってます。

その違いがあるということさえも、多くの市民は知らないですよね。
批判することから始まるのではなく、連携・協働することが知って
かわっていくことの始まりではないかと思います。

様々な学びの場を一緒に楽しくつくるところから始めていきたいと思います〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1341980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック