CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年10月25日

まちライブラリー 食べ歩き名古屋で世界旅行

にんげん図書館 まちライブラリー 食べ歩き 名古屋で世界旅行
=================================
日時:10月4日(土)18:00〜21:00
場所:香膳(瀬戸線「喜多山」駅よりすぐ)

にんげん図書館では、本の外を出て、街にあるもの、生きる人、文化、歴史、産業・・など、この地球にあるもの全てを「本」と捉えています。
街にあるもの、生きる人に出会い、知ることを楽しむ企画がまちライブラリーです。

今回は地元名古屋の出版社である風媒社より名古屋で世界を感じられる場所を紹介した、「食べ歩き名古屋で世界旅行」を執筆された著者のお二人と、本の中で紹介されているお店のオーナーとのゲストトークとお料理のおもてなし。

今回は、日本でも珍しいウイグル料理のお店に行きました。

最初にこの本の著者であるお二人のお話を聞きました。

食を通して、日本で暮らす様々な国の人々に出会い、その国の文化や風土や課題にも想いを馳せてほしいという思いから生まれました。
インタビュー先の選定や、初めての取材、文字として書き起こすこと・・
本を出版するのって大変!と痛感しながらも、取材を通しての出会いもたくさんありました。

本が生まれるまでのストーリーを聞きながら、ウイグル料理をいただきました。
ウイグル料理は日本人がイメージする中華料理とは全く異なるもので、懐かしい、素朴な味わいのお料理でした。野菜が多くてシンプルな味付け、ウイグルに多い羊のお肉はとっても風味があり、羊ってこんなに美味しいのか!と思いました。

そして、オーナーのショウさんがとっても愉快で明るい方。
家に帰ってきた子どもたちに料理をもてなすように、食べきれないくらいの美味しいお料理でおもてなししていただきました。

本当に食べきれなくて、タッパーに入れたお土産つき。

大満足の一日でした。
参加者からいただいた感想です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日の「にんげん図書館」お誘いいただきまして、ありがとうございました!
自分が『食べ歩き名古屋で世界旅行』を大好きなのは、この本が、ただのグルメ本でなく、外国と出会え交流できる場や人をイキイキと紹介しているからだと気づきました。

コロンビア料理の「エルカシケ」のように、本をきっかけにして、お店も変ってゆくという事例には、本や情報の持つチカラをうかがえて良かったです。

ウイグル料理も美味しくボリュームたっぷりで、お土産までたくさんいただき、嫁さんも喜んでいました。
ショウさんのあふれんばかりのオ・モ・テ・ナ・シと心配りを、また家族と訪れて体験しようと思います。

10654099_538604576239141_890763869_n.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック