CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年07月09日

【イベントレポート】6月2日 まちライブラリー 中川区下之一色地区お散歩

にんげん図書館では、地域にある人、文化、歴史、建造物・・・全てが、私たちに新しい世界を見せてくれる、わくわくさせてくれる、「本」と考えて、街ライブラリーという企画を実施しています。分野に詳しい人、地域に詳しい人を案内人として、街を散歩して、街の新しい姿が見えてきます。

今回は名古屋市中川区の下之一色地区を訪ねました。
なんとここは名古屋市でありながら、かつては漁師町だった地区。
昔の風情を残すものに出会いながら、街の記憶に出会うお散歩をしたあと、中川区の図書館と連携して、地域の郷土資料や、図書館・その他で所蔵する資料を通して、街の姿をよリ深く知る機会を設けました。

==========================================
◆フィールドワーク 6月2日(日)13:00〜
高畑駅で集合、権野行のバスに乗り、権野で下車。
30分ほどで一周できるほどのエリアを散策しました。
案内人は、土木構造物・橋・鉄道・地図好きな森さん、牛田さん。

昔はどんなお店があり、どんな風に賑わっていたのだろう・・と、もう出会うことのできない
風景を見てみたくなりました。

19世紀ごろの資料によれば、800余りの漁業を営む家があり、60艘の漁船が停泊していたとのこと。水産業を営む個人商店や工場、水産業を営む人を相手にした、商店や娯楽施設(パチンコや映画館もあった!)が立ち並ぶ繁華街。銭湯は7軒もあったそうです(今は1軒)

周辺では随一の繁栄を誇った街であったわけですが、昭和に入ってから、水質の悪化と伊勢湾台風の被害により、漁協権を放棄する漁船が相次ぎ、それに伴い人口減少、商店、工場も姿を消していきました。

建物があったと思われる土台や廃墟と化した商店の跡から、かつてここにあった街を思い描くことができました。お散歩していると、「ここには何があったんだろう〜???」と気になるところが一杯ありました〜。

お散歩途中で立ち寄った、街の駄菓子屋さん?のようなお店で、地域のおばちゃんから昔の様子を聞くこともできました。

◆事後学習 6月22日(土)14:00〜

中川図書館の図書館司書さんに、下之一色の歴史を知る、郷土資料等を収集、紹介してもらいました。さすが図書館司書さん、私達では選べないような本を紹介していただきました!

下之一色地区の海産物が名古屋の名物であることを記した、江戸時代の番付(今でいうランキング本)に掲載されていたことや、愛知県公文書館に問い合わせをして取り寄せていただいた、地籍図、名古屋市博物館が企画した浦安市との協働企画の際の資料など。
地域にアーカイブされている情報から、街の姿を知ることができました。

こうした郷土資料、街の姿が記された資料も、こうして光を当てることがなければ、人が出会うことのない資料。人の手により、価値ある情報として、人から人へと伝えられていくものと思いました。

参加者の中には、この地区の地図作成を担当したことのある某地図会社に勤めたことのある方や、このエリアに住んでいた方もいて、様々な角度によって、地域の姿が立体的に浮かび上がってくるような機会となりました。

5廃業したヱビス湯.JPG
廃業した銭湯<ヱビス湯>


8営業している?水揚げされた魚介類を冷蔵する倉庫丸一冷蔵.JPG
かつてここで、水揚げされた海産物が保存・取引されていた


お散歩の様子.jpg
お散歩の様子


12唯一営業している銭湯.JPG
唯一営業している銭湯 新元湯 不定休営業のためのこの日はお休み・・。


13新元湯向いは数件の小売店?あとが並ぶ。何があったか分からない.JPG
昔は魚介類を売る小売店だったのかな??


130622街を愛でる座学.jpg
中川図書館での事後学習
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/858487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック