CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月19日

守山探検隊と行く!ウィキペディアタウンin守山

日時:6月9日(土)10:00〜17:00
場所:守山図書館

ウィキペディアタウンは、守山の地域の街歩きをした後、地域のスポットについて図書館の資料を活用して調べて、ウィキペディアに編集するというワークショップです。

名古屋市では、昨年度の鶴舞中央、山田、瑞穂に続き、4回目の実施。
継続して参加してくださる方、遠方から参加してくださる図書館、大学関係者・・多様な世代・立場の方が参加しました。
街歩きのガイドには、守山探検隊の皆様、また、運営にあたっては、金城学院大学薬師院ゼミの学生の皆さん、ウィキペディアンのCantaさんご協力いただきました。

午前中は、地元の街歩きガイドボランティア「守山探検隊」のガイドさんご案内の元で、地域を街歩き。今回はかつて守山市役所があった守山図書館を起点とし、瀬戸街道から矢田川の河原、守山城趾、地域のお寺や神社をめぐるというコースです。
「守山台地」の上を歩き、地形の変化を感じながら、古くは江戸から戦後までとても長いスパンで変化を遂げてきた地域の痕跡を見つけていきました。


午後からはグループごとに分かれ、どの項目について書くかを話し合い、それらの内容について図書館の資料で調べます。

ウィキペディアの編集には、基本的なルールがあります。
それは、
検証可能であること(根拠となる資料があること)
独自研究は載せないこと
中立性


そのための情報はどこにあるか?それは図書館の資料にあります。
地域の古い資料に目を通し、世代・立場を超えた方が話し合って、作業を進めていきます。
2時間という短い時間で記述までを完了して、最後はウィキペディアの画面を見せて発表。

発表後はグループごとに振り返りの時間。
ウィキペディアタウンの学び・価値・面白さは何か?についてグループで話し合い、
付箋に書いたことをシェアして終了しました。

一つのテーブルにこんなに多種多様な人が集い、話す機会はなかなかありません!
そんな様々な人との出会い、コミュニケーションもウィキペディアタウンの魅力であるように
思います。
皆様ご協力・ご参加ありがとうございました!

当日の資料リスト、様子は守山図書館のHPにアップされています。

守山図書館HP

IMG_2249.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1368194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック