CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月14日

【イベントレポート】ウィキペディアタウン名古屋小田井〜山田の魅力を再発見!〜

イベントレポート ウィキペディアタウン名古屋小田井〜山田の魅力を再発見!〜
11月25日(土) 参加者 23名
場所:西区役所 山田支所4階講堂

=================================
11月25日(土)にウィキペディアタウン名古屋小田井を
主催を名古屋市山田図書館、協力としてにんげん図書館という形で実施しました。

ウィキペディアタウンとは?
ウィキペディアタウンは、web上の百科事典である「ウィキペディア」を
活用したイベントです。
街の文化・歴史についてみんなで調べ、ウィキペディア上の「街」をみんなで
編集するというものです。

今回の小田井エリアは、現在の清須市(下小田井村)を起点とし、岩倉、犬山へと
続く岩倉街道の途中にあります。
大消費地であった、名古屋城下町へと農作物、商品を運んだ道です。
午前中は、中小田井街並み保存地区に


指定されているかつての街道を思わせる街並み、
歴史ある神社やお寺、水害と戦ってきた人々の知恵や工夫が垣間見える住居を巡りました。

当日は「ものづくり文化の道」マイスターの会の皆さんにガイドをしていただきました。

通常は入れない、街道にある古いお米屋さんの中を見学させていただきました。
昔ながらの薪で焚くお風呂、時代劇で見るようなトイレ、お米を計量する古い器具・・
文字に残らないこうした出会い、感動はウィキペディアには書けないのですが、
これもまた、ウィキペディアタウンの魅力であり、地域の大切な文化、情報なのだと思います。

また、途中にあるお寺、東雲寺には、徳川家に槍術を教えた、津田貫流槍術の祖津田信之夫妻のお墓、明治時代の相場師松沢與七のお墓(松沢家の邸宅あとはいまはマンションになっていた!)、織田信長を諫めて自刀し果てたとされる平手政秀の首塚がひっそりとありました。
私はどの方のことも知らなかったし、ここにそんなお墓があったことも知りませんでした。
自分たちが住む地域について、「なんにもない」と、多くの人は言います。
でも、地域にはたくさんの物語があるのだと、そして今の地域の姿があるのだと、思わされます。
そんな町歩きを終え、午後は古い本、分厚い資料をめくり、調べてウィキペディアに記述!
みなさまお疲れさまでした〜!

地域の郷土資料、街歩きのイベントではどうしてもシニア、男性の方の参加が多くなる・・という
傾向があるようですが、前回同様、今回も年代は30代〜70代と幅広く、普段図書館を利用している地域住民の方、遠方から来る方、図書館員と様々な立場、世代の方が集まりました。

今回新規作成されたページは下記の通りです。

中小田井
中小田井
岩倉街道
岩倉街道
願王寺
願王寺
東雲寺
東雲寺_(名古屋市)



IMG_1043.JPG

2017年12月07日

【イベントレポート】第2回他職種連携ファシリテーション研修「ニーズを捉える」

12月5日 他職種連携ファシリテーション研修
参加者:8名

12月4日に他職種連携ファシリテーション研修の第2回を行いました。
2回目のテーマはニーズを捉える

今回の研修では、マーケティングゲームというプログラムを行いました。
自分がみんなに聞きたいテーマを1つ設定して、それについて4人の人に1人
7分ずつ聴くというものです。

「マーケティング」
一見するとビジネス用語で、自分のこととは無関係に思えるかもしれません。
自分の知りたいこと、やりたいことを、人に聞いて回るということはマーケティングと
同じなんですよね。

テーマはそれぞれご自身で聞きたいこと、知りたいこと、アイディアがほしいことで
考えていただきました。

イベントにどうしたらたくさんのお客さんに参加してもらえるか
不安・恐怖という感情とどう付き合っていますか?
年末年始の自由な時間、何か楽しみにしている過ごしかたはありますか?
スチームオーブンを世の中の人に知ってもらうにはどうすればいいか?
など、仕事のこと、人間関係や自分の心の持ちかた、時間の過ごし方など、
テーマを見ているだけで楽しいですね〜。

回を重ねるごとに、自分が人に相談したいことについて、人に問うということに
慣れてくる、盛り上がってくる空気を感じます。

1時間ほどかけて4人にインタビューした結果を「簡易情報集約法」という方法を
使って、まとめて発表しました。
この発表では、4人に聞いて集めた情報を網羅的に把握し、その中でも、
自分にとって大切なことは何かと気づくことができる方法です。
4人のインタビューゲームをするうちに、実は自分が知りたかったのは、
違う問いだった・・と気づく方もいました。

人が意見を出し合う場においても、個人対個人のコミュニケーションであっても、
場が活性化する、相手が元気になる、わからないことがわかる、困っていることがわかる・・
その時には、いい「問い」がそこにはあるように思います。

それぞれの「知りたい」ことを起点にして、実践することで、「問い」の大切さを実感する
研修となりました。

次回は2月3日に合意形成です。

人と人が話し合うような会議の場、人との交渉の場、家族や子どもとのコミュニケーション
の場。誰かと何かをするときに必要になる合意形成。
みんなが気持ちよく進んで行くために、どのように合意形成するのか・・?
そんなことについて考えたいと思います。

【イベントレポート】第1回 多職種連携ファシリテーション研修「聴く」

11月18日 第1回 多職種連携ファシリテーション研修「聴く」
参加者:7人

ファシリテーション研修第1回の始まりは、「ファシリテーション」って何?どんなイメージを持っているか・・?というところをシェアしました。

「ファシリテーション」という言葉が広まるにつれて、その捉え方も様々、間違った理解のされ方をしてしまっている側面もあると思います。

ファシリテーションって、ワークショップをする人?会議を仕切る人?そんなイメージを持たれる方もいるかもしれません。それもファシリテーションが必要となる場面の一つ。

ファシリテーションは「楽にする」「易しくする」が語源の言葉。
人と人が関わる、コミュニケーションの場においての困難を「易しくする」こと。
そんな意味でファシリテーションを捉えると、全ての人が向き合う場所にファシリテーションが関わっているように思います。

ファシリテーションの中で、「コミュニケーション」が大きな役割を果たし、その中でも「聴く」ということが最も大切となるスキル。第1回は「聴く」ということを実践、考える場となりました。

インタビューゲームというプログラムで、相手の話を「聴く」ことを体験しました。
「聴く」ということは、日々多くの場面で行われているけど、とても難しいもの。

相手の話を「聴いた」と思っても、それは「聴いた」つもりであった・・
「聴いてもらっていない、わかってもらえてない」ということを多くの人は体験しているのではないでしょうか。

インタビューゲームの20分間は、どんな質問をすると、相手と楽しく話すことができるか?相手が話したいことは何か?相手が活き活きする質問は何か?そんなことを考える時間です。

そして、相手が話したことを、相手を主語にして紙にまとめます。
この場面で実は相手の話を聴いてるようで聴いていなかった・・と気づいたりもします。
そして、メモするって大事!ということにも気づきます。
いかに日常の中で聴いていないことが多いか、わかったつもりが多いか・・・。

みなさんがそれぞれの現場に帰って、「聴く」場面で、今日の体験が活きてくるといいなと思っています。












2017年09月05日

【イベントレポート】つんどくらぶ さとりって何ですか?

つんどくらぶ 7月29日(土)13:30〜16:30 参加者7名
お題本:『教えて、お坊さん!「さとり」って何ですか?』(小出遥子・角川書店)
=======================================
本を読まなくても参加できる読書会、つんどくらぶ(積ん読LOVE)を開催しました。

この日のお題本は、ライターの小出遥子さんが6名の僧侶に「さとり」とは何ぞやとズバリ
訪ねた、インタビューの記録「さとりって何ですか?」でした。

「さとり」「仏教」って難しそう、わからない、縁遠いように思える・・
そんな感覚を持つ人も多いのではないでしょうか。
それは作者小出遥子さんも同じ。そんな素直な感覚をお坊さんにぶつけ、やりとりから
発見する、目からウロコが落ちるような感覚を小出さんとともに疑似体験するのがこの本の魅力。

実施前は本の内容が抽象的であるため、話が膨らむ、深まるかな・・と心配していました。
最初の前書きを読むだけで、話が膨らみ、止まりませんでした〜。

滝に打たれる、苦行をするのが「さとり」ではなく、日々生きることの中にある学び、発見が「さとり」であるということが、大きな気づきとなりました。
参加者それぞれの日々、感じていることを持ち寄り分かち合う場となりました。


次回は、10月10日夜につんどくらぶ開催です〜。









2017年06月11日

【イベントレポート】ウィキペディアタウンin鶴舞〜みんなでつくる街図鑑〜

イベントレポート ウィキペディアタウンin鶴舞 〜みんなでつくる街図鑑〜
6月3日(土)10:00〜17:00 参加者 28名
場所:鶴舞中央図書館 第一集会室
=================================
6月3日(土)にウィキペディアタウンin鶴舞〜みんなでつくる街図鑑〜を、
名古屋市立鶴舞中央図書館と共催で実施しました。

ウィキペディアタウンとは?
ウィキペディアタウンは、web上の百科事典である「ウィキペディア」を
活用したイベントです。
街の文化・歴史についてみんなで調べ、ウィキペディア上の「街」をみんなで
編集するというものです。
2013年より日本各地で開催され、愛知県では、田原市・豊橋市
に次いで3番目、名古屋市では初の開催となります。

イベント主催の経緯と連携について
今回、にんげん図書館と鶴舞図書館との共催で行いました。

図書館だけではより多くの市民に広報し、参加を呼び込むことは
なかなか難しいという現状があるようで、多様な市民の参加を呼び込む
ことと、イベント全体のコーディネート、当日のワークショップの設計と
ファシリテーターを務めさせていただきました。

通常は、図書館のみでこうしたイベントを企画されることが多いように思います。
にんげん図書館の強み(コーディネート、ファシリテーション、広報)と、
図書館の強み(豊富な参考資料の提供)と、昭和区案内人クラブさんの強み
(街の文化・歴史に詳しい)この3者の強みを活かしながら分担を決め、
運営することができました。

多様な主体との連携・協働の必要性は他の行政機関においても言われていることですが、
他機関と連携・協働することで、生まれるものも大きくなるとも言えます。

そんな形での連携・協働をお手伝いし、より多くの市民の方々が
知る楽しさ、本の世界で遊ぶ楽しさに出会う機会をつくっていきたいと思います。

当日の様子

参加者は、ウィキペディア編集経験のある方、名古屋市・名古屋市外・
県外の図書館員や、行政職員、名古屋スリバチ学会のみなさん、多種多様な
職業の方々が約30名集ってのイベントとなりました。


まず、午前中は、地域の歴史・文化のガイドボランティアを行う
「昭和区案内人クラブ」のみなさんに鶴舞公園内をぐるりと案内していただきました。

鶴舞公園は多くの市民に親しまれている公園です。
でも、昔、博覧会会場が催されたり、動物園があったりとたくさんの歴史を重ねてきた
ことを知らない方も多いです。
鶴舞公園内の各所で「へぇーーー」と、感嘆の声が参加者の多くから聞かれました。


その後、ドラフト形式で、グループごとに気になるスポットを決めて
編集しました。昭和区案内人クラブさんが全てのスポットを魅力的に
紹介してくださったことで、普段はなかなか目を向けることのない
スポットも編集したいと手を挙げるグループが多かったです。

調べることを支えてくれたのは豊富な鶴舞図書館の資料。
冊子、本だけでなく、絵図、地図もあり、それらを見ているだけで時間は過ぎて
しまいそうでした。
当日用意した資料以外にも地図や新聞資料も書庫から出してきてもらい、
みなさんで調べました。

2時間というタイムリミットの中で、竜ヶ池、旧動物園跡、鶴々亭、吉田山、
普選記念壇の項目が新たにウィキペディアに追加されました。
(検索してみてくださいね!)
そして最後に、ウィキペディアにアクセスして、成果を発表しました。
===============================

普通なら鶴舞公園に来ても立ち寄ることもなく、そこにある背景にも目を向けずに
過ぎてしまうことかもしれません。
こうして資料で調べて、そこにある物語を紐解いていくことは、たくさんの
「?」と「!」に出会えることです。

それが知ることの楽しさであり、図書館はそんな楽しさが詰まった場ということを
再確認する時間でした。
「みんなで調べることは楽しい」
「また、ウィキペディアタウンに参加したい」
「次はここでやりたい」
と、みなさんやりきった充実感と、またワクワクするような
出会いに参加したい、一緒につくりたいというエネルギーに包まれて終わりました〜。
ご参加・ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

18835992_1573947609304264_8066398634987822731_n.jpg

2017年02月01日

【イベントレポート】1月21日 ほんタビューゲーム

2人ペアになってインタビューし合う「インタビューゲーム」という定番プログラムがあります。
このインタビューゲームを、持参した「本」を素材にインタビューし合うようアレンジして「ほんタビューゲーム」を考案しました。

当日の参加者は3人。
2人1組になって、持ってきた本について15分話す人と、インタビューする人、その様子を見ている人と、役割を決めて、行いました。

通常のインタビューゲームは、テーマは決めずに、その人についてのインタビューをしていきます。

いつものインタビューゲームでは、15分話し続けるというのが難しく、いつも沈黙してしまいがちなのです。今回の「本」について語るときには、15分が短く感じました。

インタビュー側は、「自分の話をしない」というルールがあるのですが、ついつい「そうそうそ、その本のさ・・・」なんて、自分も本の話を始めてしまいそうになりました。

それぞれが、15分ずつ本について話した後は、自分が話を聞いた人がどんな話をしたのか、紙にまとめました。「紙にまとめる」という作業があることで、より深く相手の話を理解できると思いました。話しっぱなし、聞きっぱなしになってしまいがちですが、ペンを動かし、紙に書くってとっても大事なことなのだと思います。

15分ずつ話した後は、感じたことを付箋に書いてシェアしました。
下記が観想です。

「たった1冊の本からでもその人の背景が見えて来る気がする」
「その人の人生と本のエピソードが結びつく瞬間が面白い」
「本が読んだ人に意味を持つものになるかどうかはタイミング次第」
「話す中で本の捉え方やポイントなどが整理されていく」

めいめいが持ってきた「本」について、語ってもらう中で、その人が人生のどんな場面で出会ったのか、どんなことを感じ、学んだのかということが見えてきました。

本について「話す」だけのプログラムはよくありますが、それをさらに「書く」ことで、自分の中に落とし込んでいくのが、いいところだな〜と思います。

ほんタビューゲーム、とっても面白いプログラムだと思いました。

2016年12月03日

【イベントレポート】さいさいライブラリー 種から始まる絵本の世界

イベントレポート さいさいライブラリー 種から始まる絵本の世界
11月13日(日)10:00〜12:00 参加者 5名
場所:南生協病院 1階ふれあいルーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さいさいライブラリーは2〜3ヶ月に1度テーマを決めて本を持ち寄り紹介しあう場です。
今回のテーマは「種」です。
種というテーマで本や絵本を集めて紹介してくださる本の案内人は保育士として、
絵本の読み聞かせの活動もしている有馬直美さんです。

「種」と言えば、朝顔の種、ひまわりの種、柿の種、かぼちゃの種・・・くらいしか、
思い浮かばないという人も多いのではないでしょうか。
冒頭で、見たこともない色とりどりの種を見せてもらいました。
にんじんの種、大根の種、普段口にする野菜の姿は知っていても、種は見たことがありません。
普段の暮らしはたくさんの「種」に支えられているという当たり前のことに気づきました。

種がどのように実り、次の命を育てていくのか、そんな物語を記した絵本を紹介してもらいました。一粒一粒の種に存在する物語に驚き、わくわくするような楽しい時間でした。

当日紹介してもらった本はこちらに記録しています。
ブクログ↓
http://booklog.jp/users/ningen-library?category_id=2761507&display=front



2016年12月01日

ここたね文庫 お家にある本を旅に出す

【ここたね文庫 〜お家にある本を旅に出す〜】
家の本棚を断捨離したいな
この本は他の人に読んでほしいな
私の手元から誰かの手元に本を旅に出す。
おうちにある本を放出する本で成り立つのが、ここたね文庫です。
心(こころ)と地域に種(たね)を蒔くという意味を込め「ここたね文庫」と名付けました。
自分の手元から離れていき、また、誰かの心の中に種を蒔いていくといいなと思っています。

▼利用の仕方

・会費 2000円(2016年12月1日〜2017年3月31日)

・本を持ってくる場合・本をもらう場合はここたね文庫においてあるノートに日付・氏名・本のタイトルを記載してください。本がたくさんある場合は2〜3冊で結構です。

・利用希望の方は、ここたね文庫開放日に来て会費を納めてください。

▼ここたね文庫開放日
・毎週月・水・金 15:00〜21:00

・場所:にんげん図書館 寺子屋塾分館 地域資源長屋なかむら302号
 〒453ー0041
 名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
 地下鉄東山線「本陣駅」より徒歩8分
 地図:http://www.sr-com.org/access.html

▼お問い合わせ先
 にんげん図書館 山本茜
 090ー9938ー5175
 ehon.akane@gmail.com

2016年04月18日

会費制交換本棚 ここたね文庫 2016年上半期

【ここたね文庫 〜お家にある本を旅に出す〜】
家の本棚を断捨離したいな
この本は他の人に読んでほしいな
私の手元から誰かの手元に本を旅に出す。
おうちにある本を放出する本で成り立つのが、ここたね文庫です。
心(こころ)と地域に種(たね)を蒔くという意味を込め「ここたね文庫」と名付けました。
自分の手元から離れていき、また、誰かの心の中に種を蒔いていくといいなと思っています。

▼利用の仕方

・会費 3000円(2016年4月1日〜9月末日)

・本を持ってくる場合・本をもらう場合はここたね文庫においてあるノートに日付・氏名・本のタイトルを記載してください。本がたくさんある場合は2〜3冊で結構です。

・利用希望の方は、ここたね文庫開放日に来て会費を納めてください。

▼ここたね文庫開放日
・毎週月・水・金 15:00〜21:00

・場所:にんげん図書館 寺子屋塾分館 地域資源長屋なかむら302号
 〒453ー0041
 名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1
 地下鉄東山線「本陣駅」より徒歩8分
 地図:http://www.sr-com.org/access.html

▼お問い合わせ先
 にんげん図書館 山本茜
 090ー9938ー5175
 ehon.akane@gmail.com
 



2016年03月06日

【イベントのご案内】灰色文献は地域の宝

======================
東大手サロン×にんげん図書館タイアップ企画

灰 色 文 献 は 地 域 の 宝
=====================
 
この度、にんげん図書館では、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が月に1度開く「東大手サロン」と共催で企画をしています。

灰色文献・・?なんだ、その怪しげな言葉は・・と思われるでしょうが、図書館界での専門用語で、“一般の流通に乗らない資料”を指すものです。
 
 本屋さんに売っている本だけが“本”ではありません。
 
NPOの会報誌、アニュアルレポート、白書や特定のテーマや課題についての知識、実践が詰まったものも灰色文献。

 “コミケ”で販売されているような、同人誌も灰色文献。地域内で流通するフリーペーパーやチラシさえも灰色文献です。
 
 世の中、地域社会のリアルを映し、新しい発見や驚きを与えてくれる「本」が地域にはたくさんありますが、光をあてる人がいなければ埋もれてしまう「本」もあります。

 今回はそんなオススメ灰色文献を持ち寄り、紹介しあいます。
 
 “宝物のような情報が詰まっているのにもったいない!”という灰色文献をご持参ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 大丸2︎日時:3月20日(日)15:00〜17:00
 大丸2︎場所:地域資源長屋なかむら 会議室
 地下鉄「本陣」駅より徒歩8分
 地図:http://www.sr-com.org/access.html
 名古屋市中村区本陣通り5丁目6−1

 大丸2︎参加費:1000円(お茶代、会場費として)
 大丸2︎持ち物:あなたの周りにあるオススメ灰色文献(なくてもOK)
 
 〜灰色文献とはこのようなものです〜
 一般に流通していない、本屋さんで売っていない資料と考えてください。
 
 ・行政機関・NPO・NGO・市民活動団体が発行する冊子・報告書・アニュアルレポート・白書
 ・学会・会議資料
 ・同人誌・フリーペーパー・ZINE(アート系の同人誌)


<申込方法> 
※下記内容を、Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

<申込先>
にんげん図書館 (山本)
Email  ehon.akane@gmail.com
090ー9938ー5175

【主催】にんげん図書館
http://blog.canpan.info/future-library/
HP:http://peoplelibrary.net/
本と人、人と人が出会うコミュニティです。

【共催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote

東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークです。