CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
プロフィール

管理人さんの画像
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ねーやん
僕たちのトライやる日記4 (11/13)
ねーやん
僕たちのトライやる日記3 (11/11)
岩崎 雅士
僕たちのトライやる日記3 (11/10)
ねーやん
僕たちのトライやる日記 (11/08)
2年副担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
2−2担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
センタースタッフ
トライやる・ウィークで来ました! (06/09)
リンク集
http://blog.canpan.info/futaba2010/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/futaba2010/index2_0.xml
初の課外活動! [2011年07月31日(Sun)]
今日は夏休み青少年・子ども月間の特別課外活動として藍那里山公園に行ってきました。
NPO法人シニアしごと創造塾さんとのコラボイベント『夏休みの思い出〜理科実験と自然を楽しく体験!』が開催され、センターからも3組のご家族が参加して下さいました。

里山公園までは神戸電鉄藍那駅から徒歩20分。
山道を上りながら沿道に生えている草木の説明を受け、
その度に子どもたちのテンションがじわりじわりとアップ!
緑に囲まれた道を歩くと空気がひんやりと感じ、
セミの鳴き声が遠くに聞こえて暑さが随分和らぎます。

参加者は全体で40人くらいでしょうか。
公園に到着後、まずは大きな茅葺きの中で4つの理科実験を行いました。


次は竹笛づくり。
私も挑戦しましたがこれがなかなか奥が深い!
大人も楽しめちゃいます。
(8月6日にセンターで行う竹細工教室(要予約646-8128)でも竹笛がつくれます)
子どもたちものこぎりや小刀を使い、一生懸命にがんばっていました。


美味しい昼食(かまど炊きご飯!)を挟んで、次は畑で野菜の収穫と耕耘機体験!
耕耘機体験なんてなかなかできませんね。
いい思い出になったのではないでしょうか?


ヒグラシの鳴き声を聞きながら、
里山をぐるりと散歩し最後はみんなでシャボン玉を飛ばしました!
全部で4時間のプログラムですが、
盛りだくさんの内容でどのご家族も本当に楽しんでいただけたと思います。



野外活動もいいですね!
今後も企画したいと思いますので、
またの参加をお待ちしています。

〜夏休み青少年・子ども月間参加者募集中〜
チラシはこちらのページから。
味わい深い作品ができました! [2011年07月30日(Sat)]
夏休みに入り、センターではさまざまなプログラムがスタートしました!
本日は、版画教室「世界にひとつだけの便せん」。

参加した中学1年生の作品です!

味わい深い作品です。感動!

版画教室は8月7日(日)にもやります。
あなたも夏の思い出に作品を作りませんか?

ここをクリック
盛り沢山の1日 [2011年07月24日(Sun)]
阪神淡路大震災からの復興を祈り、
地元神戸にゆかりのある芸能・音楽・スポーツなど
様々な分野の“スター”の方々から寄せられた直筆メッセージが、
ご自身の手形と共に埋め込まれたモニュメント。

新長田・大正筋商店街のアーケードに沿って敷き詰められた
この通りは、「長田スター街道」として地元のみなさんに親しまれています。
本日は、その「長田スター街道」に新たなモニュメントが加わった事を記念し、
昨日から開催中の「大正筋ふれあい夏祭り」の一環として
“長田スター街道セレモニー”が執り行われました。

一方、今日は恒例コスプレイベント
「コスメル。at NAGATA〜旧二葉小学校〜」の開催日。
先のセレモニーには、なんと!こちらにお越しのコスプレイヤーさんが
除幕式に参加されました。

大下長田区区長もご出席される厳かな式典ながら、
はばたん、なぁたん、ワケトンに孔明わん、関うーたんと、
地元・神戸のそうそうたる「ゆるキャラ」たちの登場には子どもたちが大コーフン!
彼ら(?)と一緒に並んだ、「イナズマイレブン」と「家庭教師ヒットマンREBORN!」
コスプレのお二人にも、子どもたちはいっぱいの声援を送ってくれました。

さらにもう一方、大勢のコスプレイヤーさんで賑わうセンターでは、
大阪ボランティア協会さんが企画するボランティアスタイルの募集に応えた
7名のボランティアの方々が、交換会の本の整理に来ていただきました。

これは、4月に一度行われた活動の続きとなるものですが、
今回は大量に集まった書籍を、すべて作家別の50音順に
区分けしていただき、無事に作業が完了となりました。

最後は、ボランティアさんと一般参加のレイヤーさんとで一緒に記念撮影。
みなさん、楽しく活動していただけたのが何よりでした。


今月より新たに商店街アーケードに飾られた「コスメル。」告知ポスター&のぼり
(なんと、ポスターキャラは商店街オリジナル!)


除幕式より、除幕の瞬間。エイヤッ!


関うーたんとレイヤーさんで3ショット!


一方センターでは、ボランティアさんたちが一心不乱に本の整理中!


作業も終わって、みなさん笑顔!
世界にひとつだけの便せんを作りませんか? [2011年07月23日(Sat)]
地域人材支援センターでは、夏休みの体験や宿題に対応したさまざまなプログラムを用意しています。

7月30日(土)には、「世界にひとつだけの便せん」と題して、版画教室を行います。
本格的な版画の先生が、ていねいに指導してくださいます。
対象は、中学生以上であれば誰でも。
夏休みの作品づくりとして、参加して学校に提出しましょう!
大人の方は、夏の思い出にご友人に手作りで一筆いがかですか?
ご参加、お待ちしております。

「世界にひとつだけの便せん(版画)」
@7月30日(土)10時から16時
もしくは
A8月7日(日)10時から16時
の一回で仕上げるコース(お昼休憩あり)

B7月30日(土)13時から16時
 と
 8月7日(日)13時から16時
の2回で仕上げるコース

どちらか選べます。

対象:中学生以上(大人も可)
定員:10人
材料費:300円
持参するもの:筆記用具、軍手、タオル(古)エプロン

柄は約40種類から選べます。


その他、さまざまな楽しいプログラムを用意しています。(理科実験、親子クッキングなど)
ぜひ、ご参加ください!!!

小学生プログラム
   ↓


中学生プログラム
   ↓


それぞれのお申込みは、電話かメールで氏名、連絡先、講座名をお知らせ下さい。
問合せ先:078-646-8128
kawaike@futabasyo.jp



“はるかのひまわり”が咲きました! [2011年07月18日(Mon)]
以前、地域人材支援センターの広報紙「ふたばだより」6月号で紹介させていただいた「はるかのひまわりプロジェクト」
この度、センターでもこのプロジェクトに参加させていただくことになり、
毎日地道にお水をあげていたんですが・・・ついに!花を咲かせてくれました。

まだまだ子どものように小さな花ですが、
次はボクがワタシが花開こうと、その下で身構えている緑のつぼみたちと共に
更に大きく花開いてくれることと楽しみにしています。

今度センターへお越しの際には、そんなひまわりたちにも、どうぞご注目ください。


まだまだ子どもみたいに小さな花(周りの葉っぱと比べると、その小ささがよく分かりますね)


それでも、アップにするとなかなか立派!


次の順番を待ってるつぼみ
震災展示×(舞子高校+芸法)プロジェクト始動! [2011年07月16日(Sat)]
地域人材支援センターでは、東日本大震災を受け、阪神・淡路大震災の経験をもう一度洗い出すと同時に、私たちの身近な環境を見直すことによって次に起こりうる災害について考えようと、震災展示×(舞子高校環境防災科+芸法)プロジェクトを始めました。

センター周辺地域(長田南部地域)の防災環境について、地域ネットワークを活用して情報を収集し、アーティストや防災を学ぶ高校生の感性によってアート要素の強いオリジナルの防災マップを作成するというプロジェクトです。

まず、プロジェクトの始動に向けて、日本で唯一防災を専門に学ぶ兵庫県立舞子高校環境防災科の2年生に、プロジェクトの意義やセンター周辺地域の特徴についてレクチャーを行いました。(6月27日)


そして、いよいよプロジェクト始動!
舞子高校環境防災科2年生40人が5チームに分かれ、野田北部、真陽地区、二葉地区、長楽地区、駒ヶ林地区をまち歩きし、地域の方々に阪神・淡路大震災当時のことをヒアリングしたり、地域の防災・安全拠点などを調査しました。(7月12日)


今後これら調査したことをまとめ、芸術団体NPO法人芸法の指導のもと、8月にはアート性の強いマップの制作に入ります。
また進捗状況を随時ブログにてご報告します。
こうご期待!

悲しいなぁ・・・ [2011年07月05日(Tue)]
センターの南側にビオトープ(神戸市環境局さんが育てています)があるのをご存知ですか?
今は水草など定着させている段階ですが、
先ほど見に行くとシオカラトンボが一匹飛来していました!
水辺があると自然と生き物が集まってくるものなのですね。
あらためて実感しました。

ところがそのビオトープ、
植木鉢が倒され、看板が投げ込まれるなど、
荒らされてしまいました。。。
とても残念です。。。