CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年01月 | Main | 2010年03月»
プロフィール

管理人さんの画像
<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ねーやん
僕たちのトライやる日記4 (11/13)
ねーやん
僕たちのトライやる日記3 (11/11)
岩崎 雅士
僕たちのトライやる日記3 (11/10)
ねーやん
僕たちのトライやる日記 (11/08)
2年副担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
2−2担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
センタースタッフ
トライやる・ウィークで来ました! (06/09)
リンク集
http://blog.canpan.info/futaba2010/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/futaba2010/index2_0.xml
いよいよ! [2010年02月22日(Mon)]
こんにちは。
今日は暖かいですね。
おかげで目がかゆいのですが。。。

校舎の改修・解体工事の業者が決まったようです!
ココ!
新聞掲載情報 [2010年02月19日(Fri)]
旧二葉小学校は来秋“地域人材支援センター”となることが発表されました!

旧二葉小、人材支援センターに 11月オープン


<神戸新聞 2010年2月19日>
続きを読む・・・
新聞掲載情報 [2010年02月16日(Tue)]
思い出イベントの様子が新聞に紹介されました。

戦前築のコンクリート 旧二葉小見学会に50人

<神戸新聞 2010年2月16日>
新聞掲載情報 [2010年02月15日(Mon)]
思い出イベントの様子が新聞に紹介されました。

神戸・旧二葉小:戦災と震災に耐え 北校舎解体前に一般公開

<毎日新聞 2010年2月15日>
ありがとう二葉小学校 おまけ [2010年02月15日(Mon)]
ありがとう二葉小学校 おまけ

細かいところを見るとほんとうにいろいろと面白い発見や不思議があるものです。
これまで何度となく校舎には入っていましたが最後に気づいて良かったです。
窓のねじ締り錠の形状が場所によって違っていたり。



下の写真、ガラス越しに見える蛍光灯がちがって見えてますよね。
これも古い校舎ならではなのです。
手前側のガラスは後ろの蛍光灯が歪まずに見えてます。
これはガラスの表面が平らになっている証拠です。
一方、後ろの方は随分歪んで見えますね。
これはガラスの製法技術がまだ乏しい時代に作られた証拠で、
表面が均一になっておらず波打っているために歪んで見えます。
その他、歪んでいるだけでなく、凹んでいたり、
もともと傷が入っていたりといろいろな状態のガラスが入っていました。


そして最後、
ほとんど全ての透明ガラスに“フタバ校”と傷が入れられていました。
これは、昔はガラスの盗難が非常に多く、
その防止のために一枚ずつ印を入れていたからなのだそうです。
所々、平らで印もないガラスがありましたが、
それは盗まれたのか、割れてしまって入れ替えたところなのでしょうね。


これらは改修工事と共におそらく新しいものに入れ替わってしまうでしょう。
最後に写真に残すことができて良かったです笑顔


ありがとう二葉小学校 ラスト [2010年02月15日(Mon)]
ありがとう二葉小学校 ラスト

北校舎3階にはとても大きなスイートピーの花が咲きました。

〜スイートピーの花言葉〜
ほのかな喜び、門出、優しい思い出、永遠の喜び、
桃:繊細、優美
白:デリケートな思い出


こちらも芸法さんの企画で、
花びらには卒業生や来場者が想い想いのメッセージを書き残して行きました。
校舎に「ありがとう」の気持ちを込めて、解体の日まで今もひっそりと咲き続けています。


ありがとう二葉小学校。


おまけ
ありがとう二葉小学校 つづき3 [2010年02月15日(Mon)]
ありがとう二葉小学校 つづき3

二葉小学校は今年度中には改修・解体工事が始まります。
昭和4年に建てられた本校舎は改修工事が施され
来年度中には地域活性化の拠点として生まれ変わります。
一方、昭和29年に建てられた北校舎は解体撤去されます。

本校舎より北校舎の方が25年も新しいのですが、
今現在の外観を見比べると、傷みや損傷が激しいのは北校舎。
戦前と戦後。
損傷が激しいのは材料不足の時代に建てられたという時代背景があるようです。


廊下は、本校舎とは違ってコンクリートがむき出しとなっています。


教室。天井の扇風機が懐かしい。
今でもちゃんと動きます。


屋上に上れば、長田港沖を行き来する船も見えました。
その向こうに見えるのは泉州の山々でしょうか。


同じく屋上からみた本校舎。


つづく
ありがとう二葉小学校 つづき2 [2010年02月15日(Mon)]
ありがとう二葉小学校 つづき2

続いて、元職員室。
ここには喫茶コーナーが設けられました。
いつもいつも助けていただき、
いつもいつもすごいなぁと思う長田連合婦人会さんのパワー。
喫茶コーナーはこの婦人会さんの助けがないとできなかったでしょうね。
ありがとうございます。

この喫茶コーナーで昼食をとっていると、
まわりからは「私は11年卒業やったわ」「私は14年」なんて会話が聞こえてきます。
みんな楽しそうに当時を懐かしがっていました。
傍らに設置された昭和レトログッズコーナーも、いい味出してくれてました!


さて次は北校舎一階の元市民図書室。
ここでは残された図書のリサイクル市が行われ、
工事とともに廃棄される運命だった約1000冊の図書は
来られた方に無料で持って帰っていただきました。

全てが持って帰ってもらえたわけではないですが、
半分以上の図書は新たな持ち主の元へと旅立っていきました。


このリサイクル市ではたくさんのエピソードがありました。
「この本、先生が読んでくれた本やねん。懐かしいわぁ、記念にもらって帰るね」
「今は図書室やけど、私らの時は普通に教室やったんよ」
「新校舎(北校舎)は5、6年生専用の校舎やったし、ステータスあってなかなか入れんかってん」
「市民図書室の上の教室が6-4の教室やって、私、そこの教室やったんよ」
「北校舎からみんなで双葉山(力士)見てんで〜」(相撲好きなんですか?)「いいや〜(笑)」

たくさんの思い出話を聞く中、一組の親子が来られました。
お母さんは、二葉小学校の卒業生。
娘さんは保育士をされているらしく子ども用の絵本をとても熱心に探しておられました。
イベントがあることは新聞の記事を偶然見て知ったらしく、
リサイクル市もやってるみたいだし行ってみようかと、娘さんと来られたそうです。
ひさびさに小学校を訪れとてもとても懐かしがってお話をしてくださるお母さん。
話している内に目には薄っすらと涙が。
プレゼントのメッセージカードの裏は二葉小学校の写真になっており、
その片隅に校章がデザインされています。
その校章を見られたお母さんは涙をこらえきれずにとてもとても感動されていました。
来年度、校舎が新たなスタートを切る時、ぜひ見に来ていただきたいなと思います。


また他でも、
校舎に入るなり感極まって涙を流されているご高齢の方(卒業生)もいらっしゃいました。
今回のサヨナライベントは本当に開催して良かったなぁと思います。
昭和4年から続く校舎が積み重ねてきた歴史と思い出にたくさん触れることができました。
そんな思い出いっぱいの校舎が残されることは本当にうれしいことです。
新しくリニューアルされてからも愛される校舎であって欲しいと思います。

つづく
ありがとう二葉小学校 つづき [2010年02月15日(Mon)]
ありがとう二葉小学校 つづき

グラウンドには“長田一でっかい、地上絵すごろく”ナガタの地上絵が出現!
このナガタの地上絵は若手芸術家集団・芸法さんによる企画で、
本家ナスカの地上絵で最も有名なのは“コンドル”ですが、
ナガタ版では“飛行機”になっていました。


芸法さんが二葉小学校で企画をしてくださったのは今回が二回目。
昨年11月の“まちの文化祭”同様、芸法さんの企画にはいつもたくさんの子どもたちが参加し、
このすごろくもみんなとても楽しそうに巨大サイコロをぶん投げてました!(笑)


北校舎からも“飛行機”が見えています。


やっぱり本校舎はいい雰囲気を持っていますね。


つづく
ありがとう二葉小学校 [2010年02月15日(Mon)]
昨日、“ありがとう二葉小学校 思い出イベント”が開催されました。
天気も良く、本当にたくさんの方が集まっていただきました。
心より感謝しています。
今日は、イベントの様子をご報告いたします。

 * * *

昨日は2月14日、バレンターンデーということで、
ご来場いただいた方にはメッセージカード付きのチョコレートをプレゼントしました。
用意した数は500個。


校舎の入り口とリサイクル図書の受付で配布し、
そのほとんどがなくなっていました。
450名近い来場者があったようです。

午前10時のスタートと同時に、
建築史家・川島智生さんの二葉小学校校舎についての講義と見学会が開始。
元理科室で行われた講義は超満員。
約70名の方が参加し中には立ち見の人も。
また多くの卒業生が来られていたこともあり、
映像を見ながら「あの写真私です!」なんて声が上がったり。
川島先生のテンポ良い口調も相まって、
とても和やかな雰囲気の中で講義が行われました。


講義が終わると次は見学会です。
本校舎・新校舎ともに1階から屋上までくまなく見て回りました。
「へぇ〜」「ほぉ〜」「なるほどぉ」を連発する見学会となりました。


これまでもなかなか上がる機会のなかった屋上。
昨日はみんなで上がりました。
見学中、下のグラウンドでは芸法さん主催の“ナガタの地上絵”(すごろく)が!


つづく
| 次へ