CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント情報 | Main | 二葉公園»
プロフィール

管理人さんの画像
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ねーやん
僕たちのトライやる日記4 (11/13)
ねーやん
僕たちのトライやる日記3 (11/11)
岩崎 雅士
僕たちのトライやる日記3 (11/10)
ねーやん
僕たちのトライやる日記 (11/08)
2年副担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
2−2担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
センタースタッフ
トライやる・ウィークで来ました! (06/09)
リンク集
http://blog.canpan.info/futaba2010/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/futaba2010/index2_0.xml
NPO法人ふたば理事長、中本正さんの戦争体験(つづき) [2012年11月08日(Thu)]
中本さんは昭和3年(1928年)に駒ヶ林で生まれ、
現在も駒ヶ林に住んでいます。

中本さんのお父さんは徴兵で支那事変(日中戦争)に
軍曹として参加していたそうですが、
中本さん自身は昭和18年10月、
15歳のとき、少年飛行兵になることを目指して
岐阜陸軍航空整備学校に15期生として入校しました。

お父さんと一緒に須磨から汽車に乗って
岐阜へ学科試験と体力試験を受けに向かう途中、
すすが目に入って一時的に片目が見えなくなってしまい、
試験では集中力に欠き不合格だと思ったそうですが、
結果は無事合格でした。

中本さんは、戦時期の国威発揚の雰囲気の中で、
国を守るために兵隊になるという意識は自然なことだったけれど、
今ではそのように意識させる教育のおそろしさを実感するそうです。

中本さんが入学して驚いたことは、
同期生全員が軍人勅諭を暗誦できたことでした
(「我國の軍隊は世々天皇の統率し給ふ所にぞある。
昔、神武天皇躬[み]つから大伴、物部の兵どもを率ゐ、
中國[なかつくに]のまつろはぬものどもを討ち平げ給ひ・・・」
というふうに)。
あわてた中本さんは、消灯後に厠(かわや=便所)に行って、
そこで軍人勅諭を必死で覚えました。

中本さんは昭和20年3月、
少年飛行兵教育の課程修了時に陸軍上等兵、
6月には伍長となりました。
同期生の木村さんが作成したアルバムには、
中本さんの写真と「中本飛行兵」についての佐藤区隊長による
次のようなコメントが載っています。
「木村を努力家と言ふなら彼は生まれつき天才と言へやう」。

岐阜陸軍航空整備学校卒業後の進路は
第一から第三希望をすべて南方の激戦地にしましたが、
部隊の命令でかなえられませんでした。
中本さんは岐阜陸軍航空整備学校の東校の助手に任命されたのです。

国のために戦うという意志が強かったこともあり、
中本さんは進路希望について区隊長の佐藤さんに相談しました。
それでもしかし部隊の命令なのでどうする術もなく、
助手として18期生に教えることになりました。

助手になって中本さんは、
これだけはやめておこうと思ったことがあります。
それは生徒をむやみに殴らないということです。
というのも、中本さんが生徒だったときに
上官から殴られてばかりで疑問をもっていたからです。
たとえば、軍事教練のとき、編上靴(へんじょうか)が
汚れていれば殴られる。あるいは、だれかの銃(九九式短小銃)の
手入れが悪かったりすれば、全体責任で全員が殴られる。
ときには生徒が向かい合わせで互いにびんたをする
「対抗びんた」をさせられたそうです。

中本さんは京都の宿舎で終戦を迎えました。
島津製作所で精密機器を学ぶため京都にいたのです。
結局、実際の戦況はわからないまま戦争は終わりました。
戦争が終わって、新長田にもどってくると、
周りの見る目が「負けやがって」という
感じに変わっていたそうです。

中本さんの兄、一三(かずみ)さんは、
通信兵として戦場に出ていましたが、行方がわからず、
区役所に問い合わせると、後日、戦死公報が届けられました。
昭和19年11月、乗っていた軍用船が
アメリカの潜水艦に撃沈されたのです。
遺骨は杯が一個でした。
同月、中本さんのお母さんは
枕元に一三さんの姿を見たそうです。

以上。

ところで、
上記のようにお話を聞き書きしましたが、
そうしてみようと思ったのは、
六車由実著『驚きの介護民俗学』を読んだ影響もあります。
この本では、高齢者の話は「驚き」に満ちている、
ということが述べられています。
六車さんは(介護職員として利用者である)高齢者の話に
「たまらなく心が躍る」と書いているのですが、
私自身確かにそうだという実感があったので、
とても参考になりました。
その聞き書きのアプローチは、
介護における「回想法」とは異なる
「介護民俗学」というもので、
「こちらが予想もしなかった人生を背負って生きて
こられた方であることを知ったり」する際の
「驚き」がキーワードになっています。
そのとき話し手と聞き手の関係は、
「教える」・「学ぶ」となるようです。
「驚き」がそうした学びの関係を駆動する。
そう考えると、高齢者の方にお話を聞くことが
できるのはありがたいことだと思います。

(やまずみ)
体験実習! [2012年08月08日(Wed)]
私はエコールKOBE体験実習で
人材支援センターに来ました。

先ずは、こども生花教室のお手伝いをしました。
道具を並べたり、トレーに水を入れました。
初めて生花を体験して花をさす方向があったり
知らない名前の花があったので驚きました。

生花.JPG

お昼を食べた後に、事務のお手伝いをしました。
仕事の内容はパンフレットにシールを貼ることです。
シールを貼る位置にイラストが
描いていて貼りやすかったです。

事務.JPG

その後
夏休みこどもわくわく教室の
まが玉作りの体験をカメラで撮影する
仕事をさせていただきました。
写真を撮るタイミングが難しかったです。

勾玉.JPG

今日の体験の感想は
いろんな体験をしていろんな事を学べて
新鮮で嬉しかったです。
“介護予防ふれあい講座”同窓会! [2012年07月05日(Thu)]
本日、今年2月から3月にかけて実施した
「介護予防ふれあい講座」の同窓会をおこないました。

雨がちな天気でしたが、18人の方にご参加いただきました。

同窓会といっても、介護予防の同窓会ですので、
前に学んだ転倒予防体操の復習という内容にしました。
おぼろげながら覚えている体操、
あるいはすっかり忘れてしまった体操を
しっかり学び直していただきました。
前回同様、講師の先生の説明がわかりやすく、
しかもユーモアのあるものでしたから、
みなさん「うん、うん」と納得されていました。

その後、参加者同士で会話を楽しんでもらう
茶話会をおこないました。
人と会話するのは、脳に刺激を与え、
認知症予防になるそうです。

ねじる.JPG
ねじる!

のばす.JPG
のばす!
千葉県のみなさんと震災学習 [2012年07月03日(Tue)]
昨日2日の月曜日はセンター休館日でしたが、
千葉県野田市からお越しの北部中学校3年生のみなさんと
震災体験学習を実施しました。
午前中いっぱいの時間を使い、映像資料を交えた阪神・淡路大震災の
レクチャーでは“震災のこれまで”を、
講堂を使っての避難所体験、そして会場を移して行った卓上缶コンロ・
紙食器づくりでは“震災のこれから”を各々のテーマに、
100名以上の生徒さんと共に学びの時間を共有しました。

最後には北部中のみなさんから私たちスタッフへ向けた合唱披露
というサプライズプレゼントを頂戴して、全てのプログラムは終了。
北部中のみなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

私たちの想いを、果たしてどれだけみなさんの心に届けられたのか、
どれだけ上手く伝えられたのか、
毎回毎回、何度経験しても満足よりは不安が先に立つのが担当者としての
本音ではありますが、
逆に言えば自己満足に陥ってしまわないよう、不安な心は常に抱えたままで
いることも必要なのかも知れないな・・・とも思います。

担当者としては、今後もそんな気持ちで震災体験学習に向き合っていきたいです。


07021.jpg

07022.jpg

07023.jpg

07024.jpg
震災体験学習の実施報告〜岐阜県・笠松中学校のみなさん [2012年06月09日(Sat)]
あいにく昨日から雨模様の天気ですが、今日は曇り空の合間を縫って
朝早くから岐阜県は笠松町から笠松中学校3年生、総勢200名以上の生徒のみなさんが
震災体験学習受講のためセンターへお越しになりました。

実質2時間強のタイトな時間内に、震災映像と語り部体験談、
避難時体験に缶コンロ・紙食器づくりと、かなり強行軍でのプログラム実施となりましたが、
みなさん真剣に取り組んでらっしゃいました。

短い時間でしたが、今日の学習が、みなさんにとって数年後、数十年後のいつか、
何らかの形で役に立つことがあれば、私たちにとっても幸いです。

kasachu12060901.jpg

kasachu12060902.jpg

kasachu12060903.jpg

kasachu12060904.jpg
震災体験学習の実施報告〜三重県・長田小学校の子どもたち [2012年06月05日(Tue)]
本日は、朝から三重県・伊賀市立長田小学校6年生の子どもたちが
震災体験学習のためセンターまでやってきました。

嬉しいことに、同小学校がセンターにお越しになるのは昨年に続いて二度目になります。
私たちの学習プログラムをお気に召していただいたのは幸いなんですが、
唯一の不満は時間が短くて物足りなかったこと、とのことたらーっ(汗)

そこで今回は、昨年の滞在時間2時間から一気に3倍増しの6時間!
朝9時過ぎから15時まで、ご期待に添うべく盛り沢山のプログラムをご用意させていただきました。

センターとして定番となる資料映像を使った講義はもちろん、
避難所、炊き出し、被災地支援活動報告、紙食器づくりといった各種体験講座、
クロスロードゲーム(センターの受入学習では初の試み)、
最後にまち歩き学習と、今ここに書き並べるだけでもお腹いっぱいになりそうなほどの
プログラムを実施しました。

でも、そこはやっぱり日本の未来を担う若者たち。
徹頭徹尾元気ハツラツ!
質問する!
発言する!
食べる!しかもおかわり!(ちなみに今日はカレー!美味しかった!)
最後は、これも昨年同様、鉄人28号モニュメントの足下で全員で記念写真を撮って解散。

6年生のみんな、今日は1日お疲れ様でした!
また、いつでも長田(神戸の)まで遊びに来てね。
そして校長先生、ご担当のN先生を始めとする引率の先生方も大変お疲れ様でした。

最後に、
昨年、東日本大震災の被災地にてボランティア活動に参加された舞子高校OB・MさんNさんのお二人、
大正筋商店街は味萬の名物店主・伊東さんに、本日のご協力につきまして御礼申し上げます。

nagata12060501.jpg

nagata12060502.jpg

nagata12060503.jpg

nagata12060504.jpg
陶芸作品、焼き上がり! [2012年05月15日(Tue)]
3月22日と29日の「おとなの遠足」と「春休みこどもの遠足」
での陶芸作品がようやく完成しました!

参加された皆さんの作品はどれも素敵で、
仕上がりの色合いはみんな優しい感じになっています。

もうすでに作品を取りに来られた方もいて、
うまく出来上がっているのをご覧になって喜んでおられました。

コーヒーカップや筆置きなど実際に使えるものばかりですが、
それらは作った人と再会するのを「高齢者のふれあい・学びの場」
で待っているところです。

P1000889.JPG
●「春休みこどもの遠足」での作品の一部です。
「普通に生きる」上映会&シンポジウム [2012年03月10日(Sat)]
本日、重症心身障害児(者)のための通所施設に関するドキュメンタリー映画「普通に生きる」上映会と教育の本質的な問題(=教えると学ぶの関係性)をめぐるシンポジウム「自立のための教育」を開催しました。

「普通に生きる」は観る者にいろいろなことを教えてくれるものでしたが、重症心身障害児(者)の自立とは家族以外の他者との関係を築くことであるということは特に印象的でした(つまり、自立は個人的なことではなく、むしろ社会的なこと!障害のあるなしは関係ないことでしょう)。

参加された方々もそれぞれに感動されていたようです。内容の濃い映画でした。

上映会後のシンポジウム「自立のための教育〜協働活動の意味〜」は、参加は少人数でしたが、基調講演をしていただいた成田先生のお話し(寺澤満春という名でシンガーソングライターの活動をされていることもあって、マイルドな「いい声」!)は、ホリスティック教育に関する大変興味深いものでした。WHOによる障害の定義の転換(国際障害分類ICIDHから国際生活機能分類ICH)を「障がい者」と「健常者」との境界・限界を超える中立的・ポジティブな概念への転換と捉えた上で、ゆるやかなつながりによる協働や信頼・互酬性に基づく社会関係資本の構築のことに話しを展開されていました。

基調講演の後は、参加者でそれぞれの教育にかんする経験や考えを話し合い、やはり教育の本質が人と人とのつながり・関係性にあることを再認識し合いました。

symposium.JPG

●信頼を可視化するパフォーマンス(信頼は背中と胸元にある)
第2回介護予防ふれあい講座 [2012年03月01日(Thu)]
昨日、第2回介護予防ふれあい講座を開催しました。

まず、前回の体力測定の結果について項目(5メートル歩行や片脚立ちなど)
ごとに理学療法士の先生から説明がありました。

その後、介護予防体操の開始です(認知症予防には体操が良いということです)。
深呼吸や首・肩の動きについて、あるいは腰と歩くことの関係について
説明を受けながら体操します。

たとえば指体操は握力を強めるのに良いそうですが、
うまく指を動かすのはなかなか難しい・・・
それでも先生の具体的な説明に「うんうん、なるほど」と
みなさん頷かれていました。

最後は素早いリズム体操で終了。
今回の講座に関するアンケート結果を見ますと、
みなさんとても満足されたようです。
第3回の介護予防ふれあい講座は3月14日(水)。
内容は食習慣と介護予防の関係についての講義です。

kubi.JPG

あ〜〜、頭と首を前後左右に。


yubi.JPG

指の体操です。


ushiroage.JPG

足のうしろあげ。



ヨガでリフレッシュ! [2012年01月19日(Thu)]
本日の「げんきアップ倶楽部 第8回」は、
みなさんのご要望にお応えして、
ストレッチ・ヨガのインストラクター田辺厚子さんを
お迎えしました。

いろんなポーズをとって体を伸ばしていきましたが、
これがなかなかきつい!
けれど伸ばした後はすごくスッキリ!

痛いからといって体を伸ばしたり動かしたりしなければ、
余計に動かなくなるそうです。
体をゴムだと思って伸ばすと、だんだん体の伸びが
よくなるのです!













































| 次へ