CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「知らぬ間にコスモポリタン」制作中 | Main | ロック・バンドで音を楽しもう!(3)»
プロフィール

管理人さんの画像
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ねーやん
僕たちのトライやる日記4 (11/13)
ねーやん
僕たちのトライやる日記3 (11/11)
岩崎 雅士
僕たちのトライやる日記3 (11/10)
ねーやん
僕たちのトライやる日記 (11/08)
2年副担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
2−2担任★
「トライやる」の体験!! (06/10)
センタースタッフ
トライやる・ウィークで来ました! (06/09)
リンク集
http://blog.canpan.info/futaba2010/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/futaba2010/index2_0.xml
アンモナイトのレプリカ作り [2012年08月29日(Wed)]
今日は、夏休み子どもわくわく教室の
ひとはくKidsキャラバン「アンモナイトのレプリカ作り」
の日でした。

アンモナイト・・・って、知っているようで、
よく知らなかったりしますが、今日は参加した子どもたちに
楽しみながらアンモナイトについて学んでもらいました。

まず、デジタル紙芝居「アンモナイト物語」を見ました。
「むか〜し、むかしのそのむかし、海の中をのぞいてみると・・・」
といった感じです。

紙芝居.JPG

続いて、アンモナイトのレプリカの作成です。
二色のプラスチック粘土をこねてから、アンモナイトの
オルソスフィンクテス(紙芝居では「オルソちゃん」)または
リエリセラス(紙芝居では「リエリくん」)の型に押し込むと、
きれいな色のレプリカが完成しました。

レプリカ.JPG

その後、アスタくにづか1番館へ化石観察に行きました。
床面をよおく見ると、アンモナイトやウミユリの化石がみつかります。
子どもたちは、虫眼鏡を持って化石をさがし、
それらしいものを見つけると、「化石博士っ!」(兵庫県立人と自然の博物館
の古谷先生のこと)と呼んで、確認してもらっていました。

アスタくにづか.JPG

化石博士によると、三宮のサンチカでも
化石を発見することができるそうです。

みなさん、今日身に付けた観察力を使って
いろんな所で大昔の生き物に出会ってくださいね。

復活.JPG

(担当:やまずみ)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/741521

コメントする
コメント