CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
銚子川サミットがありました。 [2012年11月30日(Fri)]

少し前の話題になってしまいましたが、第11回銚子川サミットが11月11日(日)に行われました。
なんと1ばっかりのゾロ目で、縁起のよい事で(笑)。
s-IMG_3061.jpg


はい。銚子川流域での高速道路関係者は開通にともない、もう居ませんが、今回は地元砂利業者さんらの再参加もありまして、本当に感謝した私でした。総勢25名の参加者です。私らからは、まりちゃん、ささぼう、私の三人。

主催者である地元便ノ山区長のあいさつからはじまり、まずは銚子川流域での活動の報告です。

銚子川漁協、ふるさと企画舎、きほく七夕物語実行委員会、海山熊野古道の会の順で発表しました。

はい。私どもからは、ツタナイ説明の私が発表者です(笑)。
現在、なんとか進めている銚子川ブランドプロジェクトの説明から始めました。
s-IMG_3054.jpg


今回この場で一番に皆さんに伝えたかった事!。それは奈良県は川上村の取り組みである「川上宣言」でした。
s-IMG_3072.jpg


ネイチャーフォトグラファーの内山りゅうさんからの紹介で、少し付き合いをさせていただきだした川上村の源流館さん。

そこで頂いた、川上村のパンフの中の川上宣言を見たとき、すごいな〜♪川上村は〜!と、感動したのでした。
川上村は、村の方向性がしっかりまとめ上げているように思えます。
kakamimurasenngen.jpg


先日、ある人と川上村の話しをしたら、あの辺りでは川上村が一番頑張ってるね〜と教えてくれました。

そうそう、今年の夏にキャンプインのお客さんが捕まえた「イドミミズハゼ」と言うとても珍しい魚を発表させていただきました。銚子川漁協長の松場さんですら、銚子川でイドミミズハゼを見たことなかったですね。皆さんイドミミズハゼにびっくりしておりました。内山りゅうさん曰く、地下水性の種類との事。絶滅危惧と言うか、情報不足種らしいです。
ちなみにイドミミズハゼをつかまえたお客さんは、写真を撮ったあと銚子川に戻しています。情報提供いただいたお客さん、内山りゅうさん、いろいろお手数おかけしましたm(__)m。
イドミミズハゼ.jpg
(情報提供いただいたお客さんが撮った写真です)


はい。海山熊野古道の会、会長の西尾君。頑張ってますよ〜♪。銚子川流域のつながりとして、夏に行われている馬越峠夏祭りを報告してくれました。
s-IMG_3084.jpg


活動発表の後は、座談会として来月8日(土)にある、イオン財団さんとの銚子川流域植樹事業のお知らせを町観光課長さんからと、銚子川看板クリーンアップ作戦の事をまりちゃんより連絡させていただきました。
s-IMG_3095.jpg


そして、〆には紀北町副町長さんより総評をいただきました。

私の見解では、昔からまとまりのよーない海山(笑)。

しかし、近年若者らが頑張ってくれており、観光協会若手の素晴らしい働きもあり、つながりが持てて来たように嬉しく思っています。

この銚子川サミットでは、銚子川に携わる皆さんの参加ですが、まだまだ来てほしい組織や人がいます。

そんな人が全員そろい、銚子川の将来について考えられたなら、本当に銚子川は環境も活動も素晴らしいものになるのではないかと思っている私です。

まだまだ道半ばですが、この銚子川サミットの輪が広がる事に力を尽くして行く事ですね。

本当にそうなった時、日本一の川として光りが見えてくるように思っています。

その時には、権兵衛、講演で全国を回り銚子川の素晴らしさを訴え、総理大臣に日本一!のお墨付きをもらうでな!!。

ま〜あらや〜。アーメン…(笑)。

by 理事長 
Posted by ふるさと企画舎 at 11:30 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
みかちゃんの送別会がありました。 [2012年11月29日(Thu)]

3年半近く、私ら法人に勤めてくれたみかちゃんが今月20日で去りました。

くき漬け、キャンプインと本当によく頑張ってくれたみかちゃんで、言葉には表せないぐらい寂しい私です。

ミッチーや石倉君も駆けつけてくれました。また、送別会をするにあたり、みんなの心のこもった自慢の手料理で、みかちゃんを送り出す事になりました。
s-IMG_3199.jpg


はい。ふーちゃんはなんと、くき漬けの親子丼!。くきの芋ごはんを炊いて、くき漬けのまぜごはんを作りました。
s-IMG_3213.jpg


これにはびっくりびっくり!。みかちゃんの送別会には素晴らしい演出料理ですね。かなりイケます。

左の男性君が、くき漬けを引き継ぐ、やまねのぶ事、山根君です。とてもおもろいキャラで期待しております。本当かわいいですよ。皆さん、よろしくね。
s-IMG_3206.jpg


はい。酔っぱらいの私には、後のみんなの料理は忘れた…。ダッチオーブンでつくった料理が並んでいたのは記憶にあるんだけど....ごめん。

まあ…まあ…まあ…。

ここまで言うのは簡単なんですが…。

……………………………………

まだ若いのに?老いを感じる近年の私。

幾度となく出会いと別れを繰り返し…。

いや、出会いがあるから別れがあるのか…。

……………………………………

う〜ん…。私が二十歳の頃は、自称ロックンローラー。真夜中にヨコハマは本牧ふ頭をバイクでぶっ飛ばし。警察に追いかけられたけど、警察なんかいつも迷子にしてやったぜ。

リーゼントにくしを入れ、おんぼろアパートでギター片手に詩をつくり…。

……………………………………

まあ、今は最悪、てっぺんハゲの白髪頭のおんじゃんになったけど、久しぶりに詩を書いたぜ。
聞いてくれよベイビー!

……………………………………

「涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ誰も気付いてはくれない

だから あなたの笑顔は僕は知らない

絶やす事無く 僕の心に灯されていた優しい明かりは あなたがくれた理由なき愛のあかし

柔らかな日だまりが包む背中に ポツリ 話しかけながら いつかこんな日が来る事も きっと きっと きっとわかっていたはずなのに…」

……………………………………

と、ね…。
わかっていたはずだったのだけど…。
……………………………………

お前〜ロックンローラーじゃあなかったんかい??。

え〜あかんで〜これ盗作やじょ〜。やな(笑)。

……………………………………

みかちゃん、本当にお疲れ様でした。いろいろありがとうございました。

また、皆さん、みかちゃんをかわいがってくれてありがとうございました。

三歩進んで十歩下がるぐらいの私どもかと思いますが、つねに前を見ている事が大切ですね。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 10:27 | 理事長 | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)
クリスマスクラフト [2012年11月28日(Wed)]

田舎にいるとあまり感じないのですが、クリスマスまで1ヶ月をきり、都会(まち)ではクリスマスムード一色なんでしょうね〜。
先日出張先で雑貨屋さんに入ると、クリスマスカードやクリスマス飾りなどがあり、思わずいくつか購入♪お部屋にちょっとクリスマスっぽいものがあるのが、なんだかうれしいのです。

さてさて…
キャンプinn海山では、手づくりクリスマス♪
先日の3連休もクリスマスクラフトが大人気!

IMGP2350.jpg
大人の女性も子どもたちも、夢中になって作っていました。

大きなまつぼっくりをデコレーションして、尾鷲ヒノキの台座につけてできあがり!
IMGP2353.jpg

この『まつぼっくりツリー』と『メッセージキャンドル』がクリスマスの人気二大クラフトかな?

まつぼっくりツリーをお部屋に飾り、キャンドルを灯し、クリスマス気分を楽しんでくださいね。


by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 17:55 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新造船! [2012年11月27日(Tue)]
紀伊長島で大き目の船が新しく作られ、お披露目になりました。
s-IMGP8380.jpg

景気の悪化もあり、
最近では小さな漁船でもなかなか新造船はお目にかかれません。
今回の船はかなり大きく、曇天でしたが港が華やぎました。
漁業に勢いが付くと地域全体が活気付く感じがします。

この赤い服のなかなかの男前が船主さんでしょうか。
(地元の人なら「知る人ぞ知る」人なのですが、
ヨソから来た私は今ひとつ顔と名前が・・・)
この方の合図で、7俵の餅やお菓子が撒かれました。
s-IMGP8403.jpg
この地域ではおめでたいことがあると、
盛んに餅撒きが行なわれます。
ふるまいの文化でしょうかね。
それにしても7表は盛大です。

船と岸壁の間に落ちた餅やお菓子をタモですくって
寄ってきた子どもたちに持たせてくれました。
s-IMGP8404.jpg
餅撒きは危険も伴う?争奪戦ですが
最後にほのぼのできました。

  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 17:11 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
種芋保管完了! [2012年11月26日(Mon)]
ふるさと企画舎に、やまねのぶが登場してすぐの仕事が
「種芋保管」。
普段は畑に出ることが少ない私ですが
人手が必要なときに「猫の手」のお手伝い。

まずは収穫後そのままに活けてあった種芋を掘り起こします。
すでに芽が出ているので、芽を折らないように
手でやさしく掘り起こします。
s-IMGP8344.jpg

要領を得てきた所で、
芋を傷つけないように少し外側からスコップで掘り起こします。
s-IMGP8345.jpg
このあと画像はありませんが
道具をフォークに変更して作業効率大幅アップ!

小芋・孫芋をはずして残った親芋が種芋になります。
これは立派な手のひらサイズ。
芽もたくさん出そうです。
s-IMGP8348.jpg

くき漬け用のヤツガシラの種芋は
ただ大きな芋ではダメなんです。
食べる芋ではなく茎が必要なので、
少々芋が小さくても
芽がたくさん出ているのが「いい種芋」ということになります。
もちろん大きいほうがいいですが・・・

大事な種芋を保管庫に並べます。
ここでも芽を折らないように注意して、
きれいに並べていきます。
大柄な新人やまねのぶは、かなり窮屈そうです。
s-IMGP8366.jpg

種芋をびっしり並べたら、その上に
砂と畑の土を混ぜてふるいにかけてサラサラにしたものをかけ、
さらにもみ殻をかけます。
その上にさらに種芋を並べ・・・と三段重ねにしました。
最後にカヤとシートを被せ、完了です。

この保管庫で暖かく冬を越し、
春になったら取り出して植えつけます。
来シーズンに向けて始動しました。
次は土作りです。

   by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 15:19 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
地元、引本を散策しました。PART2 [2012年11月25日(Sun)]
はい。私にも初めて歩いた地元引本の町並み。

歩くとまた違う景色がたくさん見えて本当によかったです。

また、今と違って昔はとても栄えていた引本。その頃の写真もあるとかなので、昔の風情も感じながら熊野古道と合わせ、海、山と歩いてもらえると素敵なハイキングになるのではないでしょうかね。
そして若者はそこにさらに魅力づけを考えたのでした。

はい。製氷所の風景です。偶然の出会いだったのですが、でかい氷をチャーンと切っているところが見る事ができました。
普段は見ないものなので、私でも感動しましたね(笑)。
s-IMG_2778.jpg

その切った氷を冷蔵に使うのかと思ったら、なんと活魚トラックの海水の中へドボンドボンと入れていったのにびっくりでした。水温を上げないためなのは理解できますが、新鮮さを保つ努力に感謝感動でしたね。
s-IMG_2781.jpg

はい。おまちかね〜の若者らのアイディアである、船上遊覧です。引本の市場の桟橋からの出発です。
s-IMG_2786.jpg

はい。子供船長やね(笑)。
s-IMG_2788.jpg

まさ丸さんの船は快適にビュンビュン走ってくれました。
これは、感動です。漁師でもない限り船なんかなかなか乗る機会はありませんからね。
s-IMG_2792.jpg

おおっ!。海山の富士山と言われている、高丸山です。海上から見るとさらに素敵でした。ちょうど銚子川と舩津川の河口部ですね。
s-IMG_2798.jpg

船は私らには見たことない風景をいっぱい見せてくれ、ウネリも多少ありましたが、快適であり迫力もありました。今回目指してくれた場所は、貴重なハマナツメと言う植物の群落がある大池の浜でした。
s-IMG_2808.jpg

はい。帰りの時の大野君。船の先端で海の男みたいに格好つけてました。まったく悪魔は何を考えてるのか(笑)。
s-IMG_2814.jpg

はい。私ら交流空間みやまと言う組織では一番の大御所、とまちゃん。昔はにゃ〜あの辺ににゃ〜造船所あってにゃ〜と私らによく昔話ししてくれるのですが、私らには土地勘も何もチンプンカンプン(笑)。いや、きちんと、とまちゃんの話しを記録しておきたいと思います。
s-IMG_2821.jpg

はい。引本散策が終わりキャンプインへ行き、イセエビカレーを頂きました。
s-IMG_2827.jpg

私んち家族?のささやかな私の幸福の時間を悪魔が飲み込もうとする図やな(笑)。
まったくもっていらぬ事をする悪魔やで…。

この後は、参加メンバーでバーベキュウハウスで、日本風景街道のモニターツアーに向けて打ち合わせをしました。

ともかく、このような引本の町は日本各地の海沿いには同じようにたくさんあるかと思います。また、そしてそこには同じような取り組みもあるかと思います。

しかし、アオサノリ君やオクムラ君を見ていると、行政に頼りきらず、ガツガツしないで自分達でできる事はなにか!?を追求して活動している姿は、私の心を打ちますね。
こう言うのもなんですが、私にもそんな頃があったように思います。
いや、私は今でもあの頃の気持ちで活動しているつもりです。なんも変わってないよ。

あの頃とは、小鮒を釣り、ちっちゃい手でつかんで小鮒に頬づりしていた小学生の頃かな(笑)。

小鮒釣りし〜かの川〜♪やでな。
ふるさとやね。

この地が皆さんの、ふるさとになれたなら…。

by理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:09 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
地元、引本を散策しました。PART1 [2012年11月24日(Sat)]
なんだかとっても忙しい私。車を走らせ東へ西へ(笑)。野田君がいきなり解散したもんだから、来月16日は選挙になり、その日はせっかく楽しみにしていた、内山りゅうさんち行きの計画で、大切なお二人さんの参加がキャンセルになってしまった次第。
野田君はけしからんな。私らの都合もあるのにな。りゅうちゃんちへ行くから、解散は待っとってよ〜と言うとけばよかったな。

それはともかく、この時期になると、灯油の配達が忙しくてね(笑)。配達先の、ばあちゃん、じいちゃんらに電動ポンプ買うて来て〜電池買うて来て〜と言われ、小間使いの私やで(笑)。高齢化がどんどん進んでますので、お年寄りさんが年々弱くなっていくのが見えてしまう私なんですね。これも野田君に言うたらなあかん。ほんまに国民見て政治しいよるんかれ〜ばあちゃんに電動ポンプ買うて持ってたれ〜ってね。


はい。そんなこんなの私の毎日ですが、最近、熊野は木本や、奈良の川上村を訪れたりしてましたが、ある日の日曜日には、地元は引本の街並み〜海の上を散策した私らでした。

今回のきっかけの一つは、町おこしリーダーの二期生の中の、アオサノリ君、引本の関船衆のオクムラ君ら若者の皆さんが、町おこしに立ち上がったのでした。

また、紀北町観光協会の発掘部会、また、海山熊野古道の会、交流空間みやまが、そのような引本の活動に着目し、案内してもらった次第でした。

アオサノリ君、オクムラ君らは素晴らしいですね。若者得意のアイディア盛りだくさんで、熱意を感じます。

今回はそのような組織が集まり、まずは海山熊野古道の会長の西尾君の案内で、引本を散策させていただきました。
s-IMG_2732.jpg

湾内では、小さなやぐらの中でイセエビ漁のさし網を手入れしているのを見学させていただきました。
s-IMG_2737.jpg

町並みには、もう住んでないようですが、こんな三階建ての風情ある家がありました。
s-IMG_2743.jpg

近くには、昔に鰹節をつくっていたお店が、まちかど博物館とあり、見学させていただきました。
s-IMG_2753.jpg

今回は地元の子供二人さんも、参加してくれていたのでしたが、なんせ地元なので、私の手を引っ張り案内役もしてくれました(笑)。
一足お先に、私を引本神社に案内してくれた図やね。
s-IMG_2757.jpg

はい。次は井戸へ行こうよ〜!と、神社の細い路地を通り抜け裏側にある井戸へ私を案内してくれました。
井戸は井戸としてふたをされたままあったのでしたが、防空壕から湧水が出てるのが、魅力的でしたね(笑)。
s-IMG_2758.jpg

みんなとはぐれた私は、神社へ戻ると、倉庫前に皆さん集まっておりました。
s-IMG_2760.jpg

倉庫に入っている関船をオクムラ君が、見学と説明をしてくれました。
s-IMG_2770.jpg

はい。これらの町歩きは、来年2月に行われる「日本風景街道・伊勢熊野みち」のモニターツアーで皆さんに歩いてもらうためでもあるのです。




つづく〜(^o^)/。

by理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 11:56 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サインクリーンアップ(番外編) [2012年11月23日(Fri)]
作業中に発見!これは何でしょう?
s-IMG_3125.jpg
一瞬「骨?」とビックリしたのですが
伸びた蔓?枝?が鎖の中を通り、
その後も成長を続けて鎖の間からはみ出してコブ状になったようです。

ど根性どんぐり!
s-IMG_3133.jpg

『銚子川の水で育つカボチャを使ったスイーツ』は
s-IMGP2325.jpg
一番上から時計回りにプリン。
右の丸いのがスイートパンプキン。スイートポテトのカボチャ版です。
クッキーみたいなのがオールカボチャ。
オールレーズンのカボチャ版でレーズンも少し入っています。
そしてパウンドケーキ。
すべてスタッフや参加者の手づくりです。
どれも美味しかったのですが、
子どもたちは特にオールカボチャがお気に入りで
「どうまい!」とムシャムシャほおばっていました。

さて、いつもの理事長ウォッチングです。
まず、子どもたちがアマゴの生簀があるところに行きました。
s-P1100020-2.jpg

すると・・・
s-P1100022-2.jpg

今度はタモを取り出して・・・
s-P1100024-2.jpg

子どもたちと水路でエビ獲りです。
s-IMG_3170.jpg

理事長も子どもたちも
前後の話し合いにもしっかり参加していたので
つかの間の遊びでしたが、
理事長らしい脱走?エスケープ?
いえいえ、ほのぼのする子どもたちとのふれあいでした。

  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 09:16 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サインクリーンアップを行ないました [2012年11月22日(Thu)]
18日(日)第2回目のサインクリーンアップを行ないました。
『銚子川流域に設置されている看板や標識をきれいに掃除して
景観と安全性をアップさせましょう』というものです。

今からがんばるぞ!と勢い込む参加者。
s-P1090953.jpg

昨年の1回目は、長年こびりついたコケなどの汚れに苦戦しましたが
今年は汚れも取れやすく、
昨年手つかずだった標識なども手がけることができました。
s-P1090968-2.jpg

理事長も、新規就農で今年から便ノ山区で
『銚子川の水で育つ』カボチャ栽培を始められた石倉至さんと
至コンビで看板周囲の草刈りや枝払いに大忙し。
s-IMGP2308.jpg

看板掃除もゴミ拾いもがんばった子どもたち。
展望台で嬉しそうですが、枝や蔓がかなり繁っていて
危ないし視界も悪そうです。
s-IMG_3117.jpg

至コンビの爽やかなほうの至さんに
枝を払って蔓も切ってもらいました。スッキリ。
s-IMG_3130-2.jpg

1時間ほど作業してから
爽やかな石倉至さんのカボチャで作ったスイーツをいただきながら
作業の振り返りと看板についての意見交換をしました。
s-IMG_3175.jpg

昨年の意見交換のまとめを関係機関にお渡しして
協力をお願いしたところ、
必要箇所に新規で設置、
古くて危険なものは撤去や版の更新を検討など
いくつか改善をしていただきました。

今後も継続して活動しつつ、
環境保全やマナー・モラルの向上を目的とした看板を
自分たちで制作・設置・管理していくことになりました。


  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 16:47 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢芋料理の柑里 [2012年11月21日(Wed)]

以前から気になっていた多気町の『柑里』で伊勢芋料理をいただいてきました。

伊勢芋は約300年前、津田村(現在の多気町)に住む一人の熱心な農民により栽培が始められたということで、この多気町が伊勢芋の発祥の地なんですね。

麦とろ店として、昭和48年にオープンした柑里。
今は二代目が受け継ぎ、この伊勢芋を全国に通用するブランドとしたい!という想いでがんばっているのが、ヒシヒシと伝わってきました。
s-IMGP2176.jpg

私はとろろ彩り定食をいただきました。
s-IMGP2174.jpg
どんぶりとうどん、そしてふろふき大根、ひじき、煮物などのプレート、そして自家製伊勢芋豆腐。
あまりにもおいしそうなので、写真に焦りがでてますね。ブレてまして、すみません・・・。

どんぶりはマグロ丼とネギトロ丼、どちらかを選ぶのですが、私はネギトロ丼。
このどんぶりとうどん両方に、たっぷりの伊勢芋をかけていただきました。
伊勢芋は粘り気が強いのですが、だしでのばして滑らかなとろろになっていて
どんぶりのごはんは麦飯もはいっていて、本当に美味でした。

自家製伊勢芋豆腐も絶品!大満足の柑里でした。
s-IMGP2177.jpg

国道42号沿いにあるので、わかりやすいと思います。
キャンプinn海山への道中、高速道路ではなく国道42号を通って立ち寄ってみてくださいね。

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 18:39 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ