CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
今年も一年ありがとうございました。 [2011年12月31日(Sat)]

2011年最後の一日。
お正月を迎える準備も整いました。


新年をキャンプinn海山で迎えるお客様も、続々到着しています。
毎年恒例の年末年始のお楽しみ企画もあります。


センターハウスには、お正月あそびを楽しむおもちゃもあります。自由につかって遊んでくださいね。




今年一年、『海山にこいま』におつきあいいただきありがとうございました。

2012年も理事長をはじめ個性豊かなメンバーで、海山を盛り上げていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。

皆様にとって、2012年が素敵な一年になりますように・・・。


by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 14:11 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
理事長が好きなもの [2011年12月30日(Fri)]
去年からキャンプ場で刈り取った芝をここに保管して、堆肥を作ってました。
この堆肥場は、理事長と大阪のパパさんと作ってくれた堆肥場です。

この芝を畑前面に散布作業をしていると、
理事長登場!
昼休みにわざわざ手伝いに来てくれました!
・・・?

なにやら喜んでおります。
手に持っているものは??

それを持っていそいそとまた作業をしています。

はい!
かぶとむしの幼虫を避難させていました。


私が、『わっ。(≧◇≦;)』
っとビックリして触れずにいたら、

配達途中の理事長が
『昼休みもう一回来て、避難させるで、集めとけい!』
とのこと・・・。

芝堆肥場からは30匹の幼虫が出てきました。

理事長は小さいときから、カブトムシの幼虫が大好きで、近所のチップ場?まで探しに行っていたそうです。

私はこの幼虫はどっから産まれてきたの?っと聞くと、

メスが1匹来て卵産んだんやろ〜。とのことでした。
1匹で30匹以上の卵を産むそうです。

堆肥場にはモグラの跡がありました。
モグラは幼虫食べにくるんや〜。と色んなことを教えてくれました。

理事長と畑仕事を毎日していたら、作業が進まんのやろな〜。っと改めて思いました。

でも本当に色々詳しい理事長です。
たまに一緒に畑作業をするぐらいが楽しくていいのかも。

by みか

Posted by ふるさと企画舎 at 19:28 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)
冬も節電しましょー。 [2011年12月29日(Thu)]
中部電力さんから節電講習がありました。
夏場の節電で、キャンプ場のお客さまにも協力していただきましたが、
冬も節電!っということで、私たちが簡単に出来る節電方法を教えて頂きました!



夏の電力需要のピークは午後1時から午後4時のもっとも暑い時間。
冬は朝起きてから夜寝るまでと電力需要の時間帯が長いとのこと。

でも寒さが苦手な私は、暖房をつけない!なんて出来ません。


「無理のない範囲で、節電にご協力を〜」っと中電さん。
例えば暖房温度は20度を目安に、保温のために厚手のカーテンや床まで届く長いカーテンに。とのことです。

特に気づかなかった節電は「冷蔵庫設定温度を見直す」でした。
夏場と同じではなく、冬場は設定温度を上げるだけで違うそうです。


キャンプ場のコテージも早速冷蔵庫の設定温度を見直しました。

皆さま、冬場も節電協力よろしくお願いいたします。

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 10:45 | 会議 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
清五郎滝の作業に行って来ました。パート2 [2011年12月28日(Wed)]

凍結時、清五郎第三の滝に行くには一番の難所の場所です。



ロープワークのできる川本さん、西尾君には心強かったです。

あと、岩場の下りに土のう袋が少しほしいところ。

まあそれはともかくとして、四人はど冷たいおにぎりを食べ、第2の滝に向かいました。
そんな少しの昼食時間にも濡れた軍手が凍りつき、ギャーギャーうるさいやんちゃ坊やったな(笑)。
はい。今シーズンのイベント時は、小型ガスストーブを持つ予定をしてた私。雪が積もってるとどうしても手袋が濡れてしまい、脱いではいた時は本当に冷たい。ですのでナイロン系の手袋カバーをすればよいのですが、ゴアテックスは高額ですしね。冷たくてもはいて、ロープなんかをつかんでいたらまた温かくはなりますね。そんな極限の寒さの場所でもないしね。ただ、足をドボンと川につけてしまったらなかなかやっかいです。その場合の対処の準備はしている私。

はい。次回の作業日には昼食場所でタープ張りの練習やな。昨シーズンのイベントでは大雪にも遭遇しましたので、その時もタープ張りましたが、予行練習は必要やね。

はい。清五郎第2の滝の二人です。まだ水量多いみたいやね。
これから水量が減り冷え込んだら、よい感じになるかと思います。




ちょっびっとカメラマン気取りで撮影してみました。マイナス1補正してアンダー気味に写すと、この景色では締まった写真になるかな。



なにせ自然任せのイベントです。滝の表情は様々です。よい時もあれば、期待はずれの時もあります。

昨シーズンでは、近年まれな氷瀑でびっくり嬉しかったです。今シーズンのイベントもタイミングよく冷え込んでほしいところ。

小さな怪我もないよう、安全第一で考えています。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 11:56 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
清五郎滝の作業に行って来ました。パート1 [2011年12月27日(Tue)]
先の25日の日曜日に今シーズンの清五郎滝ツアーに向けての作業に行ってきました。

メンバーは私と、私ども法人の会員さんの川本さんと、観光協会から、大野君、西尾君が応援に来てくれました。

今年は想定外で、これまで切られた事がなかった川沿いのロープがやられていたので、もう作業日程が少なく焦り焦りの私でした。
また、昼食場所の砂利が流されたので、こりゃまた余計な手間がかかります。

前夜から奥山では雪が降ったようです。峠から随分手前で積雪が見えて来ました。


はい。峠の直前の海が見えるところです。ちょうど尾鷲市方面です。わかりずらいですが、右側は便石山で左側が、天狗倉山ですね。そちらは少し前にみかちゃんら四人が、オチョボ岩に登った方角ですね。天狗倉山側の尾根に馬越峠が通っています。


はい。しかめっつらのやんちゃ坊の大野君の図やな(笑)。


今回は前回の下見時にパンクさせてしまった私なので、林道を奥まで入り込まず手前の広場に駐車しました。
やんちゃ坊からは、草苅機も持たんなんし、ここから歩いたら疲れるちゃあうん!?と声が上がりましたが、ほっときました(笑)。

そんなこんなで、四人は二人づつに分かれて作業する事にしました。落ち着きないうるさいやんちゃ坊は川本さんに任せた次第(笑)。

川本班には、登山道途中のきつい岩場の場所の迂回道を作るようお願いして、私と西尾君は、谷底の切れたロープの張り直しをしました。

そんな二人が昼食場所に到着し、前回に比べ少し水位が下がったのを確認した図やね。


私ら二人はロープ張り直しをしているところへ、川本班が作業を終え合流し、スコップで川本班が昼食場所を埋め作ってくれました。


この日は雪がちらつき寒くて、気温がマイナス3℃。これは1月のイベント時の平均気温ぐらい。

ともかく、男四人での作業は凄いですね。午前中でほぼ予定通り作業を終える事ができました。

次は今シーズン初めての清五郎第2の滝への登山道の点検です。

つづく〜(^O^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:58 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
正規職員募集案内 [2011年12月26日(Mon)]
NPO法人ふるさと企画舎は、紀北町町営施設『キャンプinn海山』の管理・運営業務全般、及び当NPOの各種事業企画・実施などの業務を担当して頂ける職員を募集します。

■ 募集人員:1名(正規職員)

■ 年齢:20歳〜40歳くらい

■ 条件
・ 人と接することが好きな方
・ 地域とのつながりや生活を楽しめる方(楽しもうと考えている方)
・ 仕事にやりがいを見い出し、打ち込もうという意欲のある方
・ 普通自動車免許以上の所持者
・ パソコンの基本的な操作(ワード、エクセル)が可能な方
・ 宿直業務が可能な方

■ 勤務場所:キャンプinn海山(三重県北牟婁郡紀北町海山区便ノ山271)

■ 仕事内容:キャンプ場業務全般(接客、受付、場内整備、清掃、売店販売等)・イベントの企画運営業務等

■ 待遇:月給160,000円〜(各種手当あり)※試用期間3ヶ月
勤務業績、営業業績により賞与3回、年1回昇給
・ 社会保険、厚生年金、雇用保険、労災加入、退職金共済加入
・ 住み込み用宿舎あり(水光熱費当法人負担)

■ 休日:年間105日。
夏休みや土、日、祝日等の休みは殆どありませんが、オフシーズンはまとまった休暇が可能。

■ 選考方法:応募を検討いただける方は、お電話もしくはメールにてご連絡下さい。応募にあたっての資料を送付します。履歴書等による書類選考後、面接によって決定します。

■ 採用日: 平成24年4月(予定)


-----------------------------------------------------------------------
NPO法人 ふるさと企画舎 担当:森本
〒519-3408 三重県北牟婁郡紀北町海山区便ノ山271 キャンプinn海山内
TEL:0597-33-0077/FAX:0597-32-3800
E-mail m-mori.cim@za.ztv.ne.jp
URL http://www.ztv.ne.jp/web/campinnmiyama/ (キャンプinn海山)
http://www.zd.ztv.ne.jp/furusatokikakusya/(ふるさと企画舎)
-----------------------------------------------------------------------
Posted by ふるさと企画舎 at 14:46 | 仲間 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
歩こう!歩こう!オチョボ岩。 [2011年12月25日(Sun)]
オチョボ岩は天狗倉山からさらに上に登ったところにあります!
なので結構な登山コース!
私たちは今回気合を入れてオチョボ岩に臨みました。

馬越峠からスタート♪

景色を見つつ、おしゃべりしつつ、登ります。



はい!
天狗倉山到着!!
この日は天気もよく、風もない登山日和でした。



hooちゃんが、この地域は巨岩がおもしろい!!
っと言っていたので、意識して色んな石を見ながら登ってみました。
ち〜ねぇと比べるとわかるように、こんなに大きい岩もあります。



ダイビングをしていると、色んなダイバーがいます。
大きい魚が好きなダイバー。
小さい魚が好きなダイバー。
ダイナミックな地形が好きなダイバー。
それを目当てで色んなところに潜りに行ったり、写真をとったりします。

登山も一緒なんですね。
景色や草花、巨岩、動物の気配・・・
私が好きなのはどれなのかな〜。っと
探しながら、写真をとりながら登ってみました。


っと考えているうちにオチョボ岩到着!
天狗倉山から約1時間でした。
尾鷲・海山が一望でします!!



到着したのが13時。
お腹ペコペコで、ここでランチをしました。
景色を見ながら・・・・

焼きマシュマロに夢中です(笑)



私の登山の楽しみは頑張って登った後のお菓子なのでしょうか?
まだまだ色んな場所を登って、『自分の好きもの』を見つけたいなっと思いました。

この地域はたくさんのハイキング、登山コースがあります。
自分の好きなものを見つけ、お気に入りの場所を見つけに来てくださいね〜。

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 09:40 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鍋メニュー試食会 [2011年12月24日(Sat)]

クリスマス寒波で、全国的に冷え込んでいますね。
クリスマスなのに、お鍋話題で申し訳ないのですが、あったまるお鍋月ということでお許しを…。


ある日の昼食。スタッフで試食会をおこないました。
新しい鍋メニューは渡利牡蠣入り、とり団子寄せ鍋です。



この鍋はふたつのおすすめ♪が詰まってます。
一、幻の牡蠣とよばれる『渡利牡蠣』が楽しめる!
一、粗挽きの黒豚入り とり肉のつくねが絶品!



土鍋が二つあるのは、二つの味を試すためです。
食材を用意していただいた業者さんからは、シンプル塩味orパンチの効いた塩コショー味…どっちがいいでしょう〜と相談いただいていたのでした。



どちらもおいしくって、迷いに迷ったのですが、スタッフで話し合った結果
シンプル塩味で提供することになりました。



このメニューは『新春鍋プラン』の夕食メニューになります。夕食、朝食付きというお得なプランです。

『めで鯛入り 地魚寄せ鍋』か、この『渡利牡蠣入り とり団子寄せ鍋』のどちらかを選んでいただきます。これまた、迷いますね〜。

ぜひ新年会やグループ旅行などでご利用ください。
詳しくは↓

新春鍋プラン(キャンプinn海山HPより)



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 14:07 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
内山りゅうさんちに行って来ました。パート3。 [2011年12月23日(Fri)]
はい。りゅうちゃんちで渡利牡蠣やアマゴを焼き、ご夫婦さんからの差し入れをたくさんいただいた楽しい時間はあっという間に流れました。

ご夫婦さんが時間があれば、田んぼの学校へ寄ってくださいと言ってくれたので、スタジオ見学が終わったら、りゅうちゃん奥様に御礼を言い、りゅうちゃんの案内で、いくま田んぼの学校へ行ってきました。

東京から白浜に移り住んでいる内山りゅうご夫婦さんは、この温かいご夫婦さんとは、親みたいなおつきあいしているのだと直感した私でした。

はい。到着〜です。りゅうちゃんちから、10分ぐらいだったかな。
休耕田を利用した。ビオトープと言えるかと思います。
足場を確保するためのデッキや小屋、看板が作られておりました。


田んぼを池や小川のように掘り下げ、見学しやすいように桟橋を作り、ぐるっと回る事ができました。
素敵ですね。私はすぐに三重県の旧勢和村の、めだかとホテイアオイの里を思い出しました。


はい。居ました居ました。もちろん自然のメダカですね。今は冬。寒さをじっと耐えているのですね。



このような空間を作ると、周りでなんとか生き延びているゲンゴロウやホタル、カエルがなにもしないでも集まってくるものです。
これからも期待できますね。


確か勢和村でもそうでしたが、ラッキーな事に田んぼの上に貯水池があるのです。


ラッキーと言うよりは、この条件があるからこそ、この環境が作れるかと言えると思います。
それは冬場の水なんですね。
農家さんは冬場は田んぼに水をいれたくないもの。
貯水池に一番近い場所だからビオトープへの水入れは微調整ができるのだと思います。

まあ、この空間は貯水池からここだけの田んぼでしたから、なおさら都合よいですね。本当うらまやしい♪。

はい。素敵な空間の見学後は、ご夫婦さんの家に呼ばれ、爽やかなぜんざいや、手づくりの木工品をプレゼントしてくれました。そんな素敵なご夫婦さんが、私にもおとんと、おかんだと感じました(笑)。

りゅうちゃんところでワイワイしている時にご夫婦さんと少しお話しさせていただいた私でしたが、私はりゅうちゃん、りゅうちゃんと馴れ馴れしくさせてもらってますが、内山りゅうさんは私には雲の上のような存在なんですよ〜言いましたら、おかんも本当そうですよね〜と、内山さんの気さくな人柄に感心していました。

おとんからは活動の難しさをお聞きできました。私らぐらいの年代の人がメンバーにいたら、もっと面白くなるのではと思いました。

私も海山メダカの会ではいろいろ苦労した事もあるので、なにか役に立つアドバイスができないかなぁと思いました。

ともかく、帰りの車の中で、私はまりちゃんに、ご夫婦さんに土産物いっぱい持って春のメダカの時季にまたお邪魔しょうやな〜と伝えながら意識が遠ざかる私でした(笑)。

そうや、今日のオマケのやんちゃ坊を、ご夫婦さんところへ置いてくればよかったなぁと反省した私でした。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 11:39 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
内山りゅうさんちに行って来ました。パート2。 [2011年12月22日(Thu)]
やんちゃ坊の大野君は自分自身もよう世話せんのに、なにやら陸ガメを飼ってるらしい…。

りゅうちゃんと飼育の件で話し込んでたね。
りゅうちゃんは爬虫類が好きで甲虫も写真撮ってるから生き物ならなんでも詳しい様子でした。

はい。昨年に続きまたも無理を言って撮影スタジオを見せていただきました。
スタジオの入り口は何気ないドアから始まります。

まず、私の目に飛び込むのはこれです。
NikonF4。りゅうちゃんの現役の愛機の1つ。あとカメラ、レンズ、三脚、どっちゃり!。


魚類飼育撮影スタジオです。写真ではわかりませんが、機材もたくさんですが、水槽もたくさんあります。水槽内のレイアウトはいかに自然の中での撮影のように見えるかと言うような、りゅうちゃんのセンスの良さを感じました。


私もりゅうちゃんになりきって、フナをパチリ。ありゃ〜ピント合ってない(笑)。

小ブナ〜釣りし〜ふるさと〜ですかね。私はフナを見ると亡くなった親父を思い出します。子供の頃のよき思い出です。ええと、キンブナが居たのには感動でした。


りゅうちゃんと言えばこれです!。シルバーアロワナ。


かれこれ15年ぐらい前でしょうか、熱帯魚雑誌で見たりゅうちゃんの写真です。目に飛び込む魚の美しさに感動したものでした。魚類図鑑等でりゅうちゃんの写真の素晴らしさを知ってた私でしたが、熱帯魚雑誌にも登場するりゅうちゃんにはびっくりで喜んだものです。

りゅうちゃんは今もフィルム撮影。

デジタル主流の最近の熱帯魚雑誌を見ても、なんだか色あせて見えてしまうのは私だけでしょうか…。印刷により変わってしまうのでしょうが、りゅうちゃんもこの写真をここに飾っているのが、当時への思い出や、フィルムへのこだわりを感じる私でした。
この部分の時代の流れは、毅君にもやんちゃ坊にもわからんやろね(笑)。


はい。スタジオ風景の撮影はりゅうちゃんに断りを入れての撮影ですが、スタジオの黒いカーテンの向こうには、もう1部屋あります。


へっへっへ〜やな(笑)。



いくま田んぼの学校へつづく〜(^O^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:57 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ